ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

雑記

最近、趣味がまた内向きになってきたせいで、積極的に出掛けることが少なくなってしまいました。
山にも行ってないなぁ。(山登りも内向的な行為ではあるんだけど)
もうすぐ紅葉の季節だから大船山の御池に行きたい気持ちはめちゃくちゃあるのですが、心と身体を山に向けて動かすのにエネルギーがいるなぁ、という感じです。
まぁ、所詮自分の趣味なんだから、行きたきゃ行けばいいし、気が乗らなきゃ行かなければいいというだけの話なのですが、ここが私の面倒臭いところで、この「気が乗らない」ということに若干の罪悪感を感じて心がザワザワするのです。
山から心が離れつつあることに罪悪感を感じる、なんか、こう、浮気をしているような気分になるのです。
自分で自分が面倒臭いです(笑)。

では、引きこもって何をしてるのかというと、せっせと二次創作の小説めいたものを書いたり、おっさんずラブのDVDを観たり、読書したり映画を観たり今期のドラマの録画を観たり、という日々です。
一日24時間では足りないくらいやりたいことが山積しています。
友達にオススメされているアニメと漫画もチェックしたいし。
あれっ、完全にオタクっぽい(笑)?
元来、オタク気質なのです。

私は「物語」が大好きです。
「物語」というのは、小説・映画・ドラマ・漫画・ゲーム・落語・昔話……、媒体は何でもよくて、「面白い」お話が好きなのです。
この「面白い」というのは、笑いでも悲しみでも怒りでも恐怖でも何でもいいのですが、心がわずかでも動かされるということです。
子供の頃から、「心が何かを感じる物語」に没頭している時間が至福のときでした。
大人になった今、それは明らかに現実逃避の時間になってしまったのですが、おかげであまり現実を直視せずに生きていられるのでずいぶん楽です。
よく「いろんなものにすぐに没頭できて羨ましい」と言われるし、自分でもすぐに没頭できる特技があってよかったと思うのですが、没頭しすぎてこっちの世界になかなか戻ってこれなくてしんどくなったりもするので、良し悪しの部分もあります。
勝手に没頭してしんどくなって自分の存在意義を問いただしたくなったりするので(笑)。

おっさんずラブのおかげで人生変わったと、何回かここにも書いた気がするのですが、ちょっと本気で小説みたいなものを書いてみようかと思ってまして、二次創作ではなくてオリジナルのものを試行錯誤で書いている途中です。
二次創作は、キャラクターがいて基礎になる本編の物語があって、そこから妄想を広げていくのだから私の場合9割がた楽しいしかないわけです。
だけどオリジナルはゼロからスタートだから、出来上がったものは100%私自身のセンスと才能の産物になるわけで、書きながら物語が面白い方向に進まないときの焦りったらないです。
自分のセンスの無さと才能の無さを薄々感じながら、でも、「いやいや、けっこう上手く書けてるよ~、なかなかいいよ~」と自分自身を褒めちぎりながらごまかしごまかし書いています(笑)。
これが、苦しいけど楽しいので、楽しいと思えているうちに書きまくろうと思います。
我ながら、なかなかドMの所業だなとは思います(笑)。

子供の頃から読書が大好きで文章を書くのが大好きで、夏休みとかの宿題で作文や詩を書いたりするのも大好きで、漠然と小説家になりたいと思っていましたが、ちょっともう一回夢見ちゃおうかなとか思い始めています。
占いでよく大器晩成型って書かれているので、夢で終わらないかもしれないですよ(笑)。



私の人生を変えたおっさんずラブのDVD-BOXと、ドラマの中で牧くんが着ていたトレーナー、買っちゃった♪
a0220528_14583768.jpg
a0220528_23285435.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2018-10-15 15:13 | 雑記 | Trackback | Comments(1)

雑記

またテレビドラマの話なんですけどね。
で、また『おっさんずラブ』の話なんですけどね。

牧くんとはるたん、尊すぎます…。
あまりにも私好みでどストライクの切なさ満載で、先週の6話を観てからずっと、胸の中がザワザワ・モヤモヤ・キュンキュンして苦しいです。
身の置きどころというか気持ちの置きどころがなくて、布団の上でゴロンゴロンと身悶えするような落ち着かなさを持て余しています。
周りに観ている人があまりいなくて共感しあえないので、こんなとこででも吐き出さないと、もう苦しくて(笑)。

来週が最終回とか悲しすぎる。
ああ、ツライ…。
しつこいけど、最終回を観たらたぶんもう一回書いちゃうなぁ。


◆◆◆◆◆◆



もういっこドラマの話なんですけどね。
池松壮亮く主演の『宮本から君へ』もいいんですよ。

恋愛とか仕事とかがなんとなーくうまくいかないなと感じて悶々としている青年の青臭さが、可愛らしさと男らしさの両方の雰囲気をまとった池松くんと相まって、なんだか胸にググっとくるのです。
ショートフィルムのような趣を感じます。

オープニングの、エレカシの男臭い歌をバックに泣くのを我慢して悪あがきしている池松くんがまたいいです。



◆◆◆◆◆◆

牧くん、尊い…。
a0220528_22255972.jpg


池松くん、いい表情。
a0220528_22285994.jpg

a0220528_22291812.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2018-05-31 22:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

雑記

a0220528_20371252.jpg

昨日、ニトリでハリネズミの抱きまくらを見つけてしまった。
一目惚れ♪
さわり心地がフワッフワで気持ちいい…。
抱いて寝たら癒される…。


◆◆◆◆◆


a0220528_20373634.jpg

先月、浜松へ直虎巡礼の旅に行ったときに訪れた大河ドラマ館でお年玉キャンペーンに応募していたのですが、先日、「当選しました」と封筒が届いていました。
井伊家の家紋が入った封筒を見たときに、

「井伊谷から!井伊から手紙が届いた!」

と大興奮したんですが、この感じ、伝わりますかねぇ。(・ω・`;)
時空を超えて井伊から手紙が届いた錯覚に陥ったんですが、変ですよねぇ(笑)。

封筒の中には直虎をイメージした赤い手ぬぐいが入っていました♪

秋にまた浜松に行こうっと♪
a0220528_20375191.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2018-01-22 20:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

雑記<信長協奏曲>

映画版『信長協奏曲』が地上波で放送されました。

a0220528_23325736.jpg
ドラマシリーズから観ていないと、映画版だけでは面白さ半減だったろうけど。

映画館には2回ほど観に行ったけど、やっぱり旬くんはかっこいいね~♪(*´∀`)

旬くんの、今風にアレンジされた着物姿や甲冑姿が好き♪
馬の乗り方もかっこいいんだよなぁ。
あと、傷だらけの姿(体も心も)に身悶える…。(≧∇≦)

何度観ても、志半ばのサブローがかわいそうだし、エンディングのサブローの笑顔が寂しそうでせつなくて不憫になるんだけど、いい作品だったな。

『銀魂』の銀さんも、ファッション的にもキャラクター的にも旬くんはお似合いだと思う。
絶対かっこいいはず。
楽しみだな♪


a0220528_2333135.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-01-18 23:35 | 雑記 | Trackback | Comments(0)