人気ブログランキング |

<野峠~一ノ岳~二ノ岳~犬ヶ岳~二ノ岳~一ノ岳~経読林道~野峠>

6/13、みーちゃんママと犬ヶ岳に行ってきました。
ここも初めての山、ワクワク♪

7:11、野峠登山口から登ります。
a0220528_2375480.jpg

普通車2~3台でいっぱいの駐車場というか路肩のポケットがあって、すぐに九州自然歩道に入る登山道があります。

鬱蒼と茂る木々の間を歩きます。
a0220528_238628.jpg

小さなアップダウンが連続してあって、単調ではないので面白い。

7:33(22分経過)、デコボコした大きな岩に鎖場が出現。
a0220528_2381894.jpg

トラバースするタイプの鎖場は、上向きの鎖場よりも恐怖心が増す。
a0220528_2383093.jpg

下は深い谷。
a0220528_2384297.jpg


ドウダンみたいな花が咲いていました。
a0220528_2385538.jpg

a0220528_2391023.jpg

葉っぱがドウダンじゃないなぁ。

7:52(41分経過)、2つめの鎖場。
a0220528_2392656.jpg

自然歩道のはずなのに険しい。
歩道というよりガッツリ登山道。
変化に富んで楽しい♪
冒険感満載です。

葉っぱがキレイ。
a0220528_2394116.jpg

a0220528_2395390.jpg


道を塞ぐように倒れた大木。
a0220528_2310689.jpg

根っこが半分以上地面から出ているのに、それでも葉っぱを茂らせています。
自然の生命力の逞しさ。

9:42(2時間31分経過)、一ノ岳に到着。
a0220528_23102165.jpg

ここまで何度もアップダウンを繰り返します。
しんどさが頂点になる寸前で下りになり、登りがきついなぁと思い始めた頃にまた下りになる。
かなりツンデレな登山道です。

少しだけ休憩して犬ヶ岳に向かいます。

10:31(3時間20分経過)、二ノ岳を経由。
a0220528_23103530.jpg

三角点も何もなく、木に小さなプレートが下がってました。

エゴノキ(野茉莉)だっけ?
a0220528_23105163.jpg

満開で、小さな花がびっしり咲いていました。

10:43(3時間32分経過)、犬ヶ岳に到着。
a0220528_2311635.jpg

一ノ岳からここまで約1時間、多少のアップダウンはあるもののそれほどきつくはありませんでした。
木が覆い茂って眺望はよくありません。
ここでお昼ごはんにします。

11:24(4時間13分経過)、出発。
帰りは一ノ岳を経由して、その先から林道に下ろうと思います。

岩の陰にひっそりと咲く紫の小さな花。
a0220528_23123111.jpg


12:30(5時間19分経過)、ロープを伝って林道に下ります。
a0220528_23124454.jpg


湿った地面に生えた形のかわいい草。
a0220528_2313151.jpg


私の好きな葉っぱもいーっぱい生えていました。
a0220528_23131630.jpg

丸っこくて柔らかくて緑のグラデーションがきれいなかわいい葉っぱ。

白い花。
a0220528_23133045.jpg

花の名前が全然わからん…。

林道が延々と続きます。
a0220528_23134810.jpg

a0220528_2314154.jpg

ゆるい下りだから息が上がるようなしんどさはないけど、足が痛くなるし飽きます。
普通に登山道を下った方が精神的に楽かも。

岩場のあちこちから水が染み出していて、ある程度水量のある水場がありました。
a0220528_23141751.jpg

深い谷の下の方から沢の音がしていたから、この岩清水が沢となり川となり海まで流れていくんだなぁ。

13:54(6時間43分経過)、林道の終点に着きました。
a0220528_23143293.jpg

1時間20分くらい林道歩きで足の裏が痛い。
さらに国道496号を野峠方面に20分ほど歩きます。
登山道の20分はあっという間なのに、舗装された道の20分は遠いな。

14:12(7時間01分経過)、野峠登山口に戻って来ました。

この登山道、けっこう面白いです。
紅葉の時期にまた来たいです。
シャクナゲの名所でもあるようですね。
豊前の方から登ると20メートルもある崖の鎖場があるようなので、次はそちらから行ってみたいと思います。
by wakabanokimochi | 2015-06-15 23:20 | 登山 | Trackback | Comments(0)

<本覚寺上の登山口~水舟~古処山~大将隠し~屏山~ツゲ原生林の巻き道~水舟~本覚寺上の登山口>

6/7、みーちゃんママと古処山に行ってきました。
初めての山なのでワクワクします。

8:18、本覚寺上の駐車場を出発。
駐車場は2つあって、かなり広いです。

1軒ポツンとある民家の横から登山道に入ります。

古処山も霊場だったようで、点々と石仏が安置されています。
a0220528_15125663.jpg

a0220528_151372.jpg


何年か前の大雨のせいか、登山道が荒れているところが多くありました。
a0220528_15132159.jpg


沢沿いの道がしばらく続きます。
水の音が涼しげで気持ち良いです。
カジカガエルがきれいな声で盛んに鳴いていました。
a0220528_15133352.jpg

苔むした石畳の雰囲気がいいです。
私の好きなタイプの登山道です。
ただ、ここの青っぽい石は滑りやすいです。
苔が付いてなくても濡れてなくても滑りやすいので注意が必要です。

9:17(59分経過)、5合目駐車場。
a0220528_15134598.jpg

ここも広い駐車場です。
a0220528_15135843.jpg

さらに進みます。
a0220528_15141192.jpg


9:28(1時間10分経過)、牛巌。
牛のように大きい岩だから牛巌って名前なのかな?
本当に大きな岩。
a0220528_15142582.jpg

牛巌の前。
何かが祀られています。
a0220528_15144285.jpg


10:03(1時間45分経過)、水舟。
a0220528_15145478.jpg

水場として水が汲めるようになっているけど、パイプからはほんのチョロチョロしか出ていませんでした。

ずーっとダラダラと続く上り坂の道で、低山とはいえ侮れません。
「過酷」というほどしんどいわけじゃないけど、ハイキング気分では来れない山です。
程よいしんどさが心地いいです。

歌碑がありました。
a0220528_15151036.jpg

「ひとの世の栄枯盛衰を見放けつつ、古処の峯はやおのれ寂けし」

苔むした岩肌と石仏。
a0220528_15152425.jpg

この雰囲気、たまらなく好き。

10:29(2時間11分経過)、古処山頂。
a0220528_15154017.jpg

あまり広くない山頂だけどベンチがあってゆっくり休めます。

かなり霞んでいるけど筑後平野が見えます。
a0220528_15155391.jpg


これはどっち方面だっけ?
a0220528_1516769.jpg

くじゅう連山も見えるらしんだけど、この日は霞でよくわからんかった。

ママが作ってくれたおにぎりをいただきます♪
a0220528_15162281.jpg

あ、手がむくんでる…。
山登りをすると手がむくむんだなぁ。

11:13(2時間55分経過)、屏山へ向けて出発します。

苔の森、気持ちいい。
a0220528_15163741.jpg


11:35(3時間17分経過)、途中、森の奥にある「大将隠し」に寄り道。
a0220528_15164964.jpg

大きな岩の狭い隙間。
大将の隠れ場所だったのかしら?
基地っぽいです。
この先にある「奥の院」にも行こうとしたけど、鎖場が険しそうだったのでやめました。
やっぱり行っとけばよかった。

登山道に戻りちょっと歩くと、徐々に山の雰囲気が変わってきました。
灌木とフカフカの落ち葉、そして、先の見えない地味にきつい上り坂。
a0220528_1517517.jpg

きついけど、日に透ける緑はきれいです。
a0220528_15172099.jpg


面白い形の岩が乱立。
a0220528_15173570.jpg


12:25(4時間07分経過)、屏山に到着。
a0220528_15175047.jpg

着いたときにはガスっていたけど、すぐに晴れました。

眼下に見えるのは嘉麻市。
a0220528_1518491.jpg

ここでちょっと休憩。

帰りは、古処山経由ではなくツゲ原生林の中の巻き道を通ります。
原生林を歩く私♪
a0220528_15182165.jpg

山スカートを買っちゃいました。( 艸`*)

この巻き道、左側はけっこうな傾斜の斜面で、滑落するとヤバイ道です。

13:41(5時間23分経過)、水舟に到着。
ここから滑りやすい石の道で、下りは特に細心の注意が必要です。

15:00(6時間42分経過)、登山口の駐車場まで戻ってきました。

この1ヶ月で2.5kg痩せたのであまりきつくなかった!ヽ(*´∀`)ノ
程よいしんどさ、程よい山行時間、登山口までの距離も程よくて、登山道も面白い、いい山です。
夏にはキツネノカミソリが群生するらしいし、秋には紅葉も良さそうです。
また登りたくなる山です。
次は必ず「奥の院」に行こうっと♪
by wakabanokimochi | 2015-06-08 15:23 | 登山 | Trackback | Comments(0)

<竈門神社~愛獄道~鳥越峠~行者道~女道~宝満山~仏頂山~河原谷のコル~正面登山道~竈門神社>

みーちゃんママと宝満山に行ってきました。
私は初めての山。
未知の世界にワクワクします♪

7:34、竈門神社の駐車場を出発。
愛獄道を登るけど、一旦、竈門神社の境内に上がってお参りしてから行きます。
それから舗装された地元の道路に出て少し歩くと、鳥居がある登山口。
a0220528_23171716.jpg

鬱蒼と茂った森で気持ちいい。

ムラサキサギゴケ。
a0220528_23182946.jpg


シャガがいーっぱい、咲いていました。
a0220528_23184973.jpg


愛獄道は階段状になったところが多い、わりと急な坂道。
きついことはきついけど、おとといの赤川急登に比べたらまだ楽。

7:59(25分経過)、行者道に入ります。
このルートは木の根の段差や大きな岩があって、英彦山の材木岩があるルートや黒岳のソババッケから先のルートを思い起こさせる道。
a0220528_23191427.jpg


落ちた椿の赤が鮮やかできれい。
a0220528_23192714.jpg


九電の反射板の横を通ります。
a0220528_23193941.jpg

あちこちで見かける、山の上のこの四角い物体がなんなのか、いつも気になっていました。
こんなに間近で見られるとは。
これの役割をネットで調べてみたら、

電力会社は、電力供給という日常生活の基本を支える事業を行っているため、災害で通常の通信網(電話やネット)などが使えなくなっても困らないように、独自の通信網を持っています。
この反射板は、通信の為のマイクロ波を届けるためのものです
(yahoo!知恵袋)

だそうです。

マムシグサ
a0220528_23201616.jpg

面白い形。

9:56(2時間22分経過)、宝満山に到着。
a0220528_23202823.jpg


くじゅう連山が見えます。
a0220528_23205088.jpg


福岡市内を一望。
a0220528_232128.jpg


日差しが強くて風があまりなくて、夏みたいな気候です。
日陰を見つけてお昼ごはんにします。

10:26(2時間52分経過)、仏頂山方面に向かいます。
今日は三郡山まで行く時間はないけど、仏頂山の先の河原谷のコル辺りまでは行ってみようと思います。

ツルシキミ
a0220528_23211655.jpg


何かの実
a0220528_23212887.jpg


10:56(3時間22分経過)、仏頂山に到着。
a0220528_23214234.jpg

山頂というよりは、登山道の途中にある丘という感じ。
もう少し先まで行きます。

森の木漏れ日。
a0220528_23215738.jpg

難所ヶ滝への分岐を過ぎた辺りで引き返します。

わざわざ鎖場を登って宝満山を経由します。
a0220528_23221442.jpg

直角に近い岩場だけど、足場がしっかりしているのでスリルは少なめ。

正面登山道は石段続き。
下りはまだいいけど、これを登るのはうんざりしそう。
a0220528_23225090.jpg


一の鳥居のところだけシャクナゲが咲いていました。
a0220528_2323760.jpg

a0220528_23231847.jpg


林道に突き当たる直前の道を振り返って見たところ。
a0220528_23233253.jpg

この狭くてくねっている感じが迷路みたいで、なんか好き。

13:40(6時間06分経過)、登山口まで戻ってきました。

くじゅうみたいに開けた大自然の中を歩くのも大好きだけど、ここみたいに、大昔に人の手が加えられて、信仰のためにたくさんの人が歩いたことを感じることのできる道も感慨深くて好きです。
どこからともなく修験者さんの法螺貝の音が聞こえたときには、浮世離れした気分になりました。

この山はたくさんルートがあるので、また違う道も歩いてみたいです。
by wakabanokimochi | 2015-05-01 23:26 | 登山 | Trackback | Comments(0)

糸島の秋

糸島のお気に入りカフェ、sunflower。
a0220528_15533053.jpg

ランチは手が込んでて美味しい!(〃▽〃)
15日の土曜日は海日和のいいお天気で、糸島ドライブは気持ちよかった♪
a0220528_15534898.jpg

山生まれのミヤちゃん、初めての海です。
a0220528_1554413.jpg


雷山の千如寺大悲王院にも立ち寄りました。
樹齢400年の楓が紅葉の見頃を迎えていました。
a0220528_1554218.jpg

a0220528_15543584.jpg

おかげで見物客が多くて、駐車場までの道は大渋滞で1キロくらい進むのに1時間ほどかかりました。
だけど紅葉は綺麗だしお寺も立派だし、一見の価値ありです。

見学料は100円コースと400円コースがあります。
入山料100円ではお寺の周りを見学できます。
樹齢400年の楓ももちろん観られるし、広い敷地のあちらこちらが紅葉していて見応えは十分です。
いくつか点在する社のお参りもできます。

拝観料400円ではお寺の中も見学できます。
仏画や時代の権力者からの文書などが展示されていたり、たくさんの仏像もありました。
このお寺のご本尊である4メートル以上の如来像も観られるし、その如来像の前で僧侶がお経もあげてくれます。

全体を見学すると1時間くらいかかるほどの立派なお寺でした。

a0220528_1555378.jpg

a0220528_15551645.jpg

a0220528_15553243.jpg

by wakabanokimochi | 2014-11-17 15:58 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)

<野営駐車場~北西尾根~英彦山中岳~英彦山南岳~英彦山中岳~表参道~稚児落し先の分岐~紅葉谷~野鳥の森観察路~野営駐車場>

登山ショップのアヤさんのお誘いで英彦山に行ってきました。
今回は「北西尾根」と呼ばれる、いわゆるバリエーションルートで登ります。
バリエーションルートの中でもわりとメジャーな道みたいだけど、「山と高原地図・福岡の山々」には載っていないルートです。
目印テープやケルンは少ないけど、踏み跡は比較的はっきりしています。
ただ、ガスったり雪で道が真っ白になったりしたらわかりにくいかも。

表参道に比べると足元は良くないし結構な急登もあったけど、面白さで言うなら断然こっち。
参道の石段登りは思いのほかしんどいもんね。
写真撮影したり景色を楽しんだり、アヤさんと二人で超のんびり山歩き。
おそらく通常の2倍くらいかけて歩いたのでタイムは参考になりません(笑)。

7時に別所駐車場で待ち合わせ。
登山口の野営駐車場にはトイレがないので、ここで軽く朝ご飯を食べて用を足してから野営駐車場へ移動。

7:25、準備を整えて入山。
町の施設なのか、たくさん立ち並ぶバンガローの中の階段を登って行きます。
a0220528_0522790.jpg

すぐに逃げられたけど2頭の鹿に出会いました。

5分もすると森歩きになります。
a0220528_0524771.jpg

これが結構な急登。
うん、面白い♪
森の空気は爽やかです。
a0220528_053433.jpg


8:00(35分経過)、野鳥観察路と北西尾根の分岐。
a0220528_0532247.jpg

観察路ではなくまっすぐ尾根を行きます。
ここからさらに急登。
落ち葉で滑って歩きにくいのでストックを使うことにします。

葉っぱに日の光が当たってきれい。
a0220528_0534366.jpg

a0220528_054041.jpg

a0220528_054152.jpg


キノコがびっしり生えた木。
a0220528_0543388.jpg

うひょ~、気持ち悪い(笑)。

朝の木漏れ日の中、落ち葉を踏みしめ歩きます。
a0220528_0545126.jpg


白く立ち枯れた木と紅葉。
a0220528_0551444.jpg

a0220528_0553013.jpg


ちっちゃい薄ピンクの花。
a0220528_0555060.jpg


唯一の難所、梯子場。
a0220528_056989.jpg

と言っても4段しかないけど。

梯子を登った先の紅葉。
a0220528_05639100.jpg

赤が鮮やかだった。

千本杉っていう場所かな?
立ち枯れた木がたくさんある殺伐とした風景が広がる。
a0220528_057281.jpg

遠くに中岳の社も見える。
a0220528_057229.jpg


10:00(2時間35分経過)、中岳の下の山頂標がある広場に到着。
a0220528_0574669.jpg

a0220528_058367.jpg

誰もいなくて貸し切り状態。
静かでいい♪

1本だけマユミがありました。
a0220528_0582272.jpg


ちょっと休憩して中岳から南岳に向かいます。
光の加減なのか、南側の方が紅葉鮮やかでした。
a0220528_0585020.jpg

a0220528_059717.jpg

a0220528_0592130.jpg


南岳途中から見た中岳の社。
a0220528_0594163.jpg

a0220528_10393.jpg


10:47(3時間22分経過)、南岳山頂。
a0220528_102313.jpg


中岳に引き返してお昼ご飯にします。
風はなくて、直射日光で暑いくらいの陽気でした。

11:56(4時間31分経過)、下山開始。
表参道を下ります。

もみじのグラデーション。
a0220528_1048100.jpg


産霊社の水場。
a0220528_11916.jpg

小さなゴミが浮いていて飲む気にはならないけど、水そのものは澄んでいてきれい。

オブジェみたいな倒木の根っこ。
a0220528_112911.jpg


苔むした倒木。
a0220528_114891.jpg


稚児落しのちょっと先に、野鳥観察路への分岐があるのでそれを行きます。
杉の木立の中を行くガレた道です。
a0220528_12729.jpg


杉の巨木の途中からさらに杉の木が生えていました。
a0220528_124085.jpg

枝ではなく、そこから芽吹いて成長した感じ。
自然の仕業は面白い。

13:16(5時間51分経過)、野鳥観察道入り口。
a0220528_133552.jpg

そちらに入ります。

ここからは、わりと長いことトラバースした道です。
a0220528_135653.jpg

森の中できれいなんだけど左側はけっこうな崖です。
滑落注意。

13:58(6時間33分経過)、登山口の野営駐車場まで無事戻ってきました。
a0220528_141891.jpg

本当にのんびりペースだったけど、その分たっぷり景色を楽しみました。
最初の急登でちょっと息が上がったくらいでほとんど疲れなかったし。
このくらいのペースでの山歩きもいいもんだね。
一人だとついせかせか歩いちゃうんだけど、こんな風に堪能する歩き方もあるんだなぁと新たな発見。
面白かった♪
by wakabanokimochi | 2014-10-25 01:09 | 登山 | Trackback | Comments(0)