ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
NHKで『宇宙白熱教室』という番組があることをたまたま知って録画してみたら、さっぱりわからんがすごく面白い!
第一回の放送は6月20日だったけど、再放送とかあるかも。
気になる方はチェックしてみて。

宇宙物理学者のローレンス・クラウス教授という方が宇宙の話をしてくれる。
その中で、私が「へーっ!マジか!?」と思った話を紹介してみるね。


まず、私たちになじみのある1メートルのスケールから、10メートル、100メートルとスケールを10倍ずつ大きくしながら世界を見る。
すると、地球、太陽系、銀河系、隣の銀河系と宇宙の姿が見え始める。

クラウス教授の講義:
観測可能な一番遠い所は130億光年。
これより外側は光を通さないために観測できない。
遠くを見るということは昔の姿を見るということだ。
時間を遡ると、宇宙はどんどん熱くなっていく。
一番遠い所は熱過ぎる時で、中性の物が存在できなかった時。
初期の宇宙はプラズマ状態で、プラズマは光を通さないから見ることができない。

すごくない!?
宇宙が誕生して134億年。
その頃の宇宙の姿を観測することができるってすごくない!?
でも、130億光年って、光の速度で130億年かかる距離ってことでしょ?
往復260億年。
どうやって観測してるんだろうね?

あと、プラズマ状態だから観測できないってことは、それを克服する技術を開発すれば、それよりもっと遡って観測できるってこと?
宇宙の謎にどんどん迫ってるね!


クラウス教授の講義:
大きなスケールの宇宙を考えるには、小さなスケールも考える必要がある。
小さなスケールの世界は、宇宙の大きなスケールと関係している。
宇宙の大きなスケールの構造を決めているのは、実は、とても小さなスケールのミクロの物理学である。

(1メートルのスケールから10倍ずつ小さくしながら世界を見る)

100億分の1メートル、原子の内部が見え始める。
原子はほとんど空っぽの空間だ。
(手のひらで机を叩きながら)机のような固体でも、実は中は何もない空間なんだ。

原子の重さの大半は原子の中心部に集中していて、そこに行こうとすると10万倍も中に進まなければならない。

10兆分の1メートル、とてつもなく密度の高い中心部・原子核が現れる。
原子のほとんどの空間は空っぽなのに(手のひらで机を叩きながら)手が机をすり抜けないのは、机にたくさん物が詰まっているからではなく、机の原子核の周りを回る電子が、私の手の電子に反発しているからだ。
物どうしがすり抜けないのは、すり抜けないだけの力が働いているからだ。

ビックリしない!?
机のように硬くて物質が詰まっているように見える物でも、実は中はスカスカなんだって。
そして、その机を手で叩いてもすり抜けないのは、電子と電子が反発しあってるからって、目からウロコというか、さまざまな現象を見る目が変わるわ。


クラウス教授の講義:
1000兆分の1メートル、陽子の中のクオークと呼ばれる物質が見える。
クオークが、陽子の中の基本素粒子であることがわかっている。
たとえ空っぽの空間であっても、現れては消える“ゆらぎ”のような物が存在することがわかった。
陽子の内側は測定不可能で、常に粒子が現れたり消えたりしている。
実は、このおかげで私たちは存在しているということがわかっている。
私たちの質量・重さのほとんどは、現れては消えるこの“仮想フィールド”という物からきている。
仮想フィールドのおかげで重さが生まれ、原子核が安定し、私たちは存在できている


さあ、エヴァンゲリオンか甲殻機動隊かって話になってきたよ(笑)。
陽子の中は観測不能なのに、なんで仮想フィールドという物が存在しているかわかるんだろうね?
でも、このユラユラ・フラフラしているものが私たちの重さ・存在をの正体ってなんだか不思議だね。
私は確かにここにいてキーボードを叩いているのに、ミクロの目で見たら現れたり消えたりしてるんだよ?
「私の存在」っていったい何なんだろうね。


次はこの世界に存在する“力”の話。

クラウス教授の講義:
“重力”というのは、人間のスケールから宇宙にいたる大きなスケールのすべてを支配している。
“電磁気力”というのは、人間のレベルから原子のレベルを支配している。
この2つは、日常生活で経験するあらゆることに関わっている。

自然界にはより小さなスケールで働く力があと2つある。
“弱い力”と“強い力”と呼ばれるものだ。
この“強い力”とは、クオークの間で働く自然界で最も強い力だ。

この4つの中で重力が最も弱い。
朝起きた時に真っ先に気づく力なのに何故か?
ビルから飛び降りるとよくわかる。(会場、笑い)
30メートルのビルから飛び降りると重力の力で地面まで加速されるが、コンクリートの中の電磁気力が一瞬で君を止めてしまう。
地球全体が君たちを引っ張る力、つまり重力が30メートルの距離をもって君を加速させても、コンクリートの物質を作る電磁気力が1センチにも満たない距離で君を止める。
電磁気力は重力より10の40乗倍強い。
だから、重力は地球のようにたくさんの物質がある時にしか力を発揮しない。
(最前列の少年を指して)君も私に対して重力を働かせている。
ただそれはごく小さな力だ。
地球全体(というとてつもなく大きな質量の物)が君たちの体に働いた時に、やっと重力を感じることができる。
個々の原子のスケールでは重力なんて誤差の範囲だ。
だから、ミクロの世界を理解しようとする時や加速器を扱う時は重力は無視する。
それほど重力は小さい


私が知っていると思っていた世界のなりたちは、実は全然違うらしいということを目の当たりにして驚愕した。
世界は私の知らないことで満ち溢れてる。
クラウス教授の話で宇宙への理解なんてとてもできなくて、私としてはますます宇宙の謎・世界の謎が深まったけど、ますます興味津々になった。
続きの講義が楽しみ♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-06-24 14:47 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
鹿児島からワカ(私のパソコンのお師匠さん)が帰ってきたのでお茶した。
2ヶ月ぶりくらいだから久しぶりでもないか。
いっぱい話した。

この人との会話は尽きることがなくて知的好奇心を刺激されまくって、昨日より賢くなったような気になるから好き(笑)。

最初は…、エヴァの話で盛り上がったんだった。
先日テレビでやってた“破”がきっかけで。
私はテレビ版しか観たことがなくて、劇場版もいつか観たいと思いながらまだ観れてない状態で、劇場版を観る心構えとかの話(笑)。
それからガンダムとか攻殻機動隊とかスカイクロラとかアニメの話。
スカイクロラって面白くなかったぁ。

で、映画の話になったのか。
タランティーノとか。
キューブリック作品ってあまり好きになれなくて、シャイニングは好きだけど、時計仕掛けのオレンジとか最悪で、彼は狂ってるよね感性が、みたいな。
同じようにリンチも狂ってる系だよね、みたいな。
好きな作品もあるけどね。

それから漫画の話になったんだっけ。
少女漫画で育ったという彼と少年漫画の方が好きという私。
2つの違いって何だろうということになって、結論としてスケールの違いなんじゃないかって。
少女漫画ってちっちゃい所でちっちゃく物語が進んでいくじゃない。
学校内の恋愛とか社内恋愛とか。
少年漫画は世界だったりするもの。
宇宙とか。
世界中を旅して海賊王になるとか(笑)。
あとロマンチック度の違い。
ロマンチック【romantic】:[形動]現実を離れ、情緒的で甘美なさま。また、そのような事柄を好むさま。
少女漫画ってリアルな日常なの。
でも少年漫画は夢溢れてるじゃない。
世界中を旅して海賊王になるとか(笑)。

宇宙兄弟から宇宙の話になった。
軌道エレベーターの話からだっけ。
宇宙の話大好き。
答えの出ない話が好き。
宇宙は無から生まれて無になっていくってどういうこと?
そもそも、有が無になることはあっても無が有になるってどうことなんだろうね。
有も厳密には無にならない気がするし。
宇宙の誕生とか考え出したら神の存在に頼りたくなるよね。
創造主。
だって、何もないところから世界が生まれたって想像できないもん。
神の方がよっぽどわかりやすいわ(笑)。

あ、それから、今回のお喋りで一番びっくりして一番目からウロコだったのが、星の数の話。
今、空を見上げたらたくさんの星が輝いていて、星っていっぱいあるぅ、って思ってたんだけど、今見えてる星って太陽系で言うところの太陽クラスの星だけだって。
恒星ってやつ。
水金地火木土天海(私的には冥王星も入れてあげたいとこなんだけど)という惑星クラスの星はほとんど見えてないんだって。
ということは、今見えてる恒星たちに約8~10個くらいの惑星があるとして、その惑星たちに月みたいな衛星が1~2個あるとしたら、私が見ている10倍以上の星たちがこの空の上にひしめきあってるってことなの。
スゴクないっ!?
すごくない?
そりゃ、宇宙人は確実にいるわ(笑)。
だけど、超高等生命はもう実体がないって説があるんだって。
知能ってただの電気信号でしょ。
人間は宇宙に行くためにシャトル飛ばしたり物体を移動させてるけど、それってとてもエネルギーがいる非効率なやり方で、生命が電気信号になってしまえば電波の移動だけで済むの。
まさに攻殻機動隊の世界観なんだけど、それってとても合理的。
でも肉体がなくなるなんてなんだかつまんないわねぇ。
“生きる”って無駄も必要じゃない?

原子力の話にもなったんだった。
ウランとセシウムとヨウ素の違いとか。
半減期の意味とか。
よくわかんなかったことを教えてもらった。
福島原発のこともいろんなことが言われてて、私としては正直よくわからないことだらけなんだけど、原子力で思い出すのはやっぱり広島・長崎で、66年前に原子爆弾が爆発して、その26年後に私が生まれて、小学生の頃とかに平和授業が盛んな年代なんだけど、その頃にはもう原爆は過去の出来事のようになってて(過去の過ちを忘れないために平和授業が盛んだったんだと思う)、セシウムの影響とか全然聞いたことなかったし、小5の修学旅行(原爆投下から37年後)は長崎だったし、中学の修学旅行(原爆投下から40年後)は広島に行ったし。
でもセシウムとか放射線の影響とか心配しなかったし。
原爆と福島原発を比べる意味があるのかわかんないし、放射線が放出されてる状態は悪影響だと思うし、早くどうにかしなきゃいけないとは思う。
原発の近くに住んでいる人たちが不安なのはわかる気がする。
ただ、日本全体で漠然と不安を抱えた放射能パニックみたいな状態が続いていることがなんか気持ち悪い。
腐った米ぬかが放射能に効く、みたいなデマを信じて、それを子供に飲ませてる親がいるらしくって、そういう、恐怖で思考停止した状態がね、やっぱり気持ち悪い。
食べ物の放射能汚染とか言って海外産の物が売れるようになってるらしいけど、1945年から世界中で核実験が行われてるからね。
2379回(その内大気圏内は502回)。
地球なんか大気が充満した丸い箱で、どこかで爆発した放射性物質が偏西風やら貿易風やらに乗って世界中に拡散されてるからね。
一番新しいのは2009年の北朝鮮で、九州からしたら福島より近いからね。
原発がどうとか東電がどうとか政府がどうとか、ちゃんと追及しなきゃいけないこともたくさんあるんだけど、その前に一旦深呼吸してちょっと開き直ってみるっていうのはいかがでしょう。
放射能にやられるまえにストレスでやられちゃうよ。

第二次世界大戦の時、日本はなんで戦うことに突き進んでいったんだろうって考えてみた。
第二次世界大戦の勃発を1939年としたら明治維新から約70年後の出来事なんだよね。
武士であった人たちに育てられた世代。
明治維新という時代のうねりに巻き込まれて価値観を大きく覆された人たちに育てられた世代。
軍部も国民も戦うことに突き進んでいったのは、戦うことが生きることだった人たちに育てられた世代だったからかしらとか思ってみた。
でも、江戸時代は町民や農民の方が多かったんだっけ?

ロト6を当てるためにはどうしたらいいかって話になって、それにはやっぱタイムスリップするしかなくて。
パラドックスがあるから過去には行けないから、ちょっと未来に行って過去が追いつくのを待つって作戦がいいと思うんだけど。
でも未来に行くためには光速で移動しなきゃダメで、今の人類の最高速ってマッハ4くらい?
マッハ4じゃタイムスリップはできないなぁ。
光速って1秒間に地球を7周半する速さでしょ。
音速ってどのくらいの速さ?と思って調べたら1秒間に320メートルだって。
ということは、マッハ4は1秒間に1280メートルしか進めないってことか。
光速には程遠いなぁ。
そんな話から、音速の壁を超えたら音ってどんな風に聞こえるのかしらって話になって。
音の速さを超えちゃってるパイロットに音は追いつけないってことだから、パイロットの後ろの音はパイロットには聞こえないってことよね?
後部座席があったとして、マイクを介さなきゃ後ろの席の人とは話せないってことにならない?(どうせ爆音でマイクを使うのが普通って言うのはナシね)
振動なんかが伝わって飛行機の音は聞こえてるだろうけど、音速を超える前と後じゃ確実に聞こえ方に変化があるよね?
すごいね~、音速。
一回超えてみたいね~、って話してたらワカが気がついた。
コックピットの中には空気があってその空気は飛行機と同じ速度で動いてるんだから、飛行機の音やコックピット内の音の聞こえ方に変化はないだろうって。
なんだ、つまんない。
話の流れで、ヘリコプターで5時間くらいホバリングしてたら地球の自転で勝手に移動できちゃうかしらって言ったら、それは無理だって。
これも慣性の法則で大気が動いてるからヘリコプターも動いちゃうって。
そりゃそうだ。
電車でジャンプしても移動できないのといっしょか。
なんだ、つまんない。
洗濯中の洗濯機の洗濯槽の水の動きとか、勢いよく渦を巻いて流れる排水口の水とかを見ていると、地球の自転を感じてワクワクするの。
地球の自転を日常の中で目で確認できるのって、あの排水口の水の動きくらいじゃない。
地球の自転をちゃんと目で見るにはISSとかに乗らなきゃダメか。

地球は自転と公転を繰り返しながら(地球だけじゃなく宇宙中のあらゆる天体もだけど)宇宙の中をすごいスピードで移動していて、元の場所に戻ってくることはなくて、だからタイムスリップするために光速移動しちゃったら元の場所に戻ってくることは不可能で(だからタイムスリップは実現できないらしいんだけど)、その地球の動きを見るためには自分がどこか一点に留まっていなくちゃいけなくて、だけどそれも不可能で、これが相対性理論なんだそうだけど、目に見えない相対性理論を思いついちゃったアインシュタインは天才だわって、凡人の私に褒められても嬉しくないだろうけどそう思った。
だって物事は相対じゃなきゃ見えないじゃない。
あの人は私より美人だわとか、このラーメンはあの店よりおいしいわとか。
人間は相対的な幸福を追い求めるけど、絶対的な幸福って実感しにくいものね。
だから、相対性理論に気づいたアインシュタイン、天才☆

ワカが、あと10年後とか20年後とかに生まれてくれば(1960年・70年代生まれじゃなく2020年・30年代生まれってことね)宇宙はもっと身近で一般人の私たちも気軽に行ける時代で生活できたかもね。
生まれてくるのがちょっと早かったねって言った。
でもね、行けそうで行けない場所だから憧れるんじゃない?
今の私たちがアメリカ旅行にそれほど魅力も情熱も注げないのって、簡単に行けちゃうからじゃない。
2030年生まれで宇宙にいつでも行けちゃう時代に生まれちゃったら、こんなに宇宙の話でワクワクできないと思うの。
そう考えたら、この絶妙な時代に生まれたことを感謝するわ。
行けそで行けないじれったい時代。
でも、せめて軌道エレベーターくらいはできてほしいなぁ。
あと2・30年でできそうって話じゃない。
ギリ乗れると楽しいんだけど。
宇宙と深海、似たような世界だけど、どっちに行きたいかって言われたら絶対宇宙。
深海で死ぬのは怖いけど、宇宙で死ぬのは諦めがつくと思う。

そういえば、宇宙は真空で物質が膨張してパンッッって弾けちゃうイメージだけど、宇宙船の素材になっている鉄はどうして何ともないの?って聞いたら、鉄の原子の結合は強いから1Gくらいの変化じゃなんともないんだって。
なるほど、よく考えたら地球と宇宙空間って1Gしか変わんないんだもんね。

それから重力の話になって、質量を持つものはすべて重力があるって知ってた?
私、知らんかった。
いや、理科の時間に習ったような気がしないでもないけど(笑)。
ワカが自分の携帯電話を指して、これも質量があるから重力がある、でも小さすぎて観測できるレベルではないけどねって。
質量が多ければ重力も大きいのか。
だったら、私より伊集院光の方が大きな重力があるんだ。
じゃあ、この世のすべての物は重力があるってこと?って聞いたらそうとは言えないって。
なんで?だってこの世に存在するってことは質量を持ってるってことでしょうよ?
だけど、たとえば電波とかは確かに存在するけど質量は持ってないよねって。
ああ、そうか。
宇宙中にあるダークマターとかもね。
でも、ダークマターとかもうわけわかんないじゃんね(笑)。
なんかダースベーダーっぽいじゃんね、響きが。

巡り巡ってアニメの話になって、テレビ放送を録画した「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」をもらった。
(今日観た。確かに泣ける。絵もかわいい。面白いことは面白いけど少女過ぎる(笑)。「放浪息子」ももらってるから明日から観ます。)
「電脳コイル」を教えてくれたのもワカだし、次もオススメアニメをお願いします。

「黒執事」って好きなコミックのひとつなんだけど、私、執事に憧れるの。
ずっと前にイギリスの名家に仕える執事を特集した番組を見たことがあって、それを見て執事かっけ~って思ったの。
アンソニー・ホプキンスばりの気品漂うおじ様執事だったんだけど、執事は誇りを持って執事をしてるの。
その家の、ご主人様の気品と風格、名前を汚さないように、パーティーなんかがあるときにはお客様に最高のおもてなしを提供する。
そのために、食材から食器から家に飾る絵や花にまで細心の注意を払う。
全召使いたちの長であり、その家の主人よりもその家を知る存在。
高いプライドを持ってご主人様にかしずく姿がかっこいい。
そういえば、「ホテル」ってドラマ(高嶋政伸が主人公のやつ)を見て、ホテルマンかっこいい~って憧れたことがあったけど、ホテルマンが執事っぽいからなんだと気づいた。
で、今、旅館のフロント係をしてて、お客様をお迎えする時とか気持ちいいのって、執事っぽいからなんだと思う。
その昔、ちょっとだけ憧れた仕事をしてるわ、今の私。
長くはできそうにないけど(笑)。

あと、元阿久根市長の話とか、うちの職場の不思議ちゃんの話とか、うちの旅館にまつわる昼メロ・韓流ドラマ並みにドロドロした人間模様とか、なんかいっぱい話したな。
でも、改めて文字に起こすとくだらないことばっかだな(笑)。
約7時間くらい喋ってたけど、誰の役にも何の得にもならないことばかり。
いいの、いいの、“生きる”って無駄なことが必要なの(笑)。
すごく有意義だったし、昨日よりちょっとだけ賢くなったし。
[PR]
by wakabanokimochi | 2011-08-31 00:43 | 雑記 | Trackback | Comments(2)