人気ブログランキング |

THE YELLOW MONKEYの誕生日12月28日に、武道館で行われるのが恒例となっているライブ、メカラウロコ。
私は現地には行けませんでしたが、生配信で堪能しました。

今年は“ファイナル”とついているので「もしや?」と少し寂しい気持ちでいたけど、メカラウロコと銘打ってやってきたこういう形のライブはこれが最後とのこと。
うーん、やっぱり少し寂しい。
だけど、「今年は4人でL.A.で同じ釜の飯を食べながらアルバムを作ってそれを来年発表するし、ライブツアーもやるし、これからの俺たちを見てくれ」という、未来に向かっていこうとするエネルギーを感じて「ああ! やっぱりかっこいい!」と思いました。
再集結して3年。
いくつか新曲は出しているけどアルバムはまだで、ライブも昔のライブを彷彿とさせる演出で、まるで「ただいま」「おかえり」と再集結を噛みしめる儀式のようでした。
吉井さんもメンバーも、それでは再集結しただけで前に進んではいないと感じていたのかもしれません。
MCでも「新しいアルバムを出さないと再結成とは言えない」と言っていたし。
ライブでは初めてやる『天道虫』のあとに「みんなの反応が良くて安心した」とも言っていて、新生THE YELLOW MONKEYとしての来年のアルバムやライブに対するファンの反応に不安も感じているんだろうと思います。
吉井さんは心配性の考えしぃだからね(私の勝手な感想)。
でもね、吉井さん、今回のメカラウロコを見て「THE YELLOW MONKEYはやっぱり超絶かっけーな」と思いましたよ。
『天道虫』も『I don’t know』もかっけーしかないです。
来年からのまた前に走り出すTHE YELLOW MONKEYが楽しみでしょうがないです。
こんなふうに大きな期待とちょっとの寂しさを抱えてライブを見終わったら、最後に『30 2018.12.28』って出て、思わず泣き笑いしそうになりました。
メカラウロコではないけど何かはやるってことですよね?
「いままでたくさん寂しい思いをさせてきたから、もうそんな思いはさせないよ」っていう愛を感じるのは私だけですか? 妄想が過ぎますか? そうですか、私だけですね(笑)。

スパンコールがキラッキラッした吉井さんのかっこいいこと!
吉井さんはどのくらいの髪の長さでもウエーブ具合に見惚れます。
吉井さんにあの髪質をと天然パーマをくれた神様、ありがとう♪
あとね、吉井さんの背の高さとか腕の長さとかの体のバランスとギターのサイズのバランスがすごく好きなんですけど、わかってくれる人いるかな?
エマちゃんのギターを掻き鳴らしながら浮かべる官能的なお顔も好き。
ヒーセの優しいオーラとアニーの末っ子感もかわいい。
なにより、ステージの上でみんな楽しそうだ♪

来年のツアー告知ページの会場名のところにトランプの4つのマークがそれぞれついているのには何か意味がありそうでしたよね?
ってことは、4種類全部行ったほうがいいってことですよね?
時間とお金が許す限り、遠征しようと思います♪



--セットリスト--

01ジュディ
02サイキックNo.9
03.A.HENな飴玉
04.Oh! golden boys
05.STONE BUTTERFLY
06.DEAR FEELING
07.GIRLIE
08.This is for you
09.DONNA
10.仮面劇
11.遥かな世界
12.月の歌
13.薬局へ行こうよ
14.I CAN BE SHIT, MAMA
15.天道虫
16.甘い経験
17.SUCK OF LIFE
18.離れるな

--アンコール--

19.毛皮のコートのブルース
20.街の灯
21.真珠色の革命時代
22.おそそブギウギ
23.アバンギャルドで行こうよ
24.悲しきASIAN BOY
25.I don’t know(新曲)


a0220528_23302434.jpg
a0220528_20414701.png


by wakabanokimochi | 2018-12-30 22:45 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(0)

武道館ライブのチケットは抽選に外れたけど、映画館でのライブビューイングに行ってきました♪

ライブビューイングっていうのが初めての経験でお作法が全然わからなかったのですが、立ち上がることもなく、大人しく座って控えめに手拍子したり控えめに歓声を上げたりと、ちょっとだけ拍子抜けしてしまいました。
都会の方だともっと踊ったりしたんでしょうかね?

それでも、イエローモンキーが再集結した記念すべき年の12月28日の武道館ライブを、生中継でファンのみなさんと一緒に観られたのはとてもとても感慨深かったです。

最後の写真撮影のときの肩を組んだ4人の笑顔には感涙でした。


セットリストがコアなファン向けだったのも憎い♪
オープニングの『MORALITY SLAVE』は1993年のライブを再現して、手首をポールに縛り付けられた全身ラバースーツの女性を吉井さんが鳥の羽みたいなので愛撫するという演出で、ファンとしてはヨダレものでした。(ノ∀`*)

初期の頃の曲が多かったのも嬉しかったし、アンコールではストリングスも加わって、全てが懐かしく全てがイエローモンキーっぽいライブでした。

今年はアリーナツアーもホールツアーもやったけど、一貫して、過去のイエローモンキーを再現するライブ、15年の空白はあったけどあの頃のままのイエローモンキーが帰ってきたことを見せつけるライブだったように思います。
そのおかげで、私は、この空白の15年が嘘のようにすっかり埋まりました。
とても理想的な復活劇だったように思います。

この再集結をプロデュースした人がいると思うんだけど、その人の敏腕さに脱帽です。
今年1月8日に向けて謎のウェブサイトを開設し、当日はでっかい垂れ幕で再集結を発表という演出がまず劇的。
有名どころの音楽番組にほとんど出演していて、情熱大陸やドラマのタイアップと、ファンではない一般の人にもイエローモンキーの再集結を印象づけただろうし、いきなりメーターを振り切るような怒涛の活動がファンとしてはドラマティックでした。
このドラマティックな演出のために水面下で動いてくれたスタッフの方たちも感謝です。

今回のライブが終わったあとに来年の告知がありました。
東京ドーム公演とドキュメンタリー映画の公開が決定しているそうです♪(≧∇≦)

新曲もアルバムもきっと出るだろうし、来年はどんなTHE YELLOW MONKEYが見られるのか楽しみで仕方ありません♪


<セットリスト>

1.MORALITY SLAVE
2.DRASTIC HOLIDAY
3.FAIRY LAND~電気じかけのナルシス
4.SECOND CRY
5.FINE FINE FINE
6.VERMILION HANDS
7.聖なる海とサンシャイン
8.Four Seasons
9.SHOCK HEARTS
10.RED LIGHT
11.セルリアの丘
12.パンチドランカー
13.Sweet & Sweet
14.太陽が燃えている
15.SUCK OF LIFE
16.Father
17.フリージアの少年

--アンコール--
18.This is For You
19.真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)
20.Subjective Late Show
21.砂の塔
22.東京ブギウギ(おそそブギウギ)
23.アバンギャルドで行こうよ
24.悲しきASIAN BOY

a0220528_2344723.png

a0220528_235288.png

by wakabanokimochi | 2016-12-29 23:07 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(0)