人気ブログランキング |

2016 F1 マレーシアGP

※  セパン・インターナショナル・サーキット、56周

ベッテルが早々にリタイヤしてしまったせいで中盤過ぎまで上の空で見ていたので、簡単な感想で。
とはいえ、レース後半はかなりエキサイティングだった。

スターティング・グリッド、
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.フェルスタッペン
4.リカルド
5.ベッテル
6.ライコネン
7.ペレス
8.ヒュルケンベルグ
9.バトン
10.マッサ
11.ボッタス
12.グロージャン
13.グティエレス
14.マグヌッセン
15.クビアト
16.サインツ
17.エリクソン
18.ナッセ
19.パーマー
20.オコン
21.ウェーレイン
22.アロンソ

まず、フォーメーション・ラップでスタートできないマッサ、エンジンのトラブルか?

そして、スタート!
ハミルトン、ロズベルグはスムーズにスタート。
フェルスタッペンは少し出遅れた。
ベッテルは隙間を探して少しでも前に出ようともがき、出遅れたフェルスタッペンの隙をついてイン側から並ぶ。

その勢いのまま、オーバースピードで1コーナーに突っ込んだベッテルはロズベルグに接触、サスペンションを壊して走行不能に。
後ろから追突されたロズベルグはスピンしてしまうが、なんとか体勢を立て直して最後尾からレースを続行。

いきなりやらかしてしまったベッテルだけど、その気持ちもわかる。
マシンは速くないしチームはいつも戦略ミスをするし、スタートは数少ないジャンプアップのチャンスだから無理しちゃったんだよね。

ベッテルのリタイヤで私のモチベーションはだだ下がり。
上の空で見ていたんだけど、中盤過ぎから面白いレース展開になってきた。

35周目あたり、3番手を走行しているフェルスタッペンのラップタイムが2番手のリカルドよりも良くて、タイヤ交換のタイミング次第ではトップに立てそうなマージンでハミルトンに追従してくる。
いけるか!?どうか!?という緊迫感だけど、ここは速いメルセデスのマシン、少しずつフェルスタッペンとの差を開けてくるハミルトン。

ハミルトンとロズベルグのチャンピオンシップ争いも佳境。
現時点では3ポイント差でハミルトンがトップ。
ロズベルグは最後尾から5番手まで順位を上げてきているけど、このままハミルトンがこのレースで優勝すればまた差を開けられる。
ロズベルグとしてはひとつでも前でゴールしてポイントを稼ぎたい。
そのロズベルグ、35周目あたりからライコネンにピッタリくっついて前に行くチャンスを虎視眈々と狙う。
そして、38周目でライコネンに接触しながらも4番手に上がるロズベルグ。

39周目あたり、フェルスタッペンがリカルドの真後ろまで迫る。
普通ならペースのいいフェルスタッペンを前に行かせるものだけど、リカルドはそうはせずにチームメイトバトルが勃発。
川井さんたちいわく、リカルドはもう1回タイヤ交換することが予想されるし戦略も違うのでここで争ってもしょうがない、フェルスタッペンを前にいかせてハミルトンを追わせる方がいいとのこと。
それでもチームからの指示はなく、フェルスタッペンを必死に抑えるリカルド。

すると、なんと、41周目でハミルトンのエンジンが火を吹いた!
「NO!!」と叫びながらコース脇にマシンを止めるハミルトン。
マシンから降りてもショックで立ち上がれない。
このノーポイントは相当なダメージ。
これで、ロズベルグにアクシデントがなければポイントランキングのトップは再びロズベルグになる。

そして、これでリカルドがトップ、2番手・フェルスタッペンのワンツー態勢となる。
フェルスタッペンに前を譲らなかったリカルド(もしくはチーム)の判断が、リカルドにとっては幸運だったことになる。

43周目あたり、ロズベルグに対して、ライコネンとの接触が危険だったとして10秒ペナルティが課せられる。
3番手・ロズベルグ、4番手・ライコネンという順位だけど、その差を10秒以上開けないとロズベルグは表彰台に上がれない。
ライコネンは諦めずにロズベルグに喰らいついていくけど、50周目、10.125秒の差を開けられる。

フェルスタッペンはリカルドをかわせないまま、ライコネンもロズベルグとの差を縮められないまま、チェッカー・フラッグ。
優勝・リカルド、2位・フェルスタッペン、3位・ロズベルグ。

ベッテルは残念だったけど、なんだかんだで面白いレースだった。

リカルドのバックヤードの様子とかインタビューを見てたら、この人は本当に人柄がいいんだろうなって思う。
まず、バックヤードでフェルスタッペンとロズベルグとレッドブルのクリスチャン・ホーナーがベッテルの悪口(川井さんいわく)を言っているのには加わらずに、それどころか彼らの悪口(川井さんいわく)が国際映像の音声に乗らないように(というように私には見えた)カメラに向かって「ラッキーとアンラッキーは波がある(交互にやってくる)」みたいなことを笑顔で言って、その場をなごませていた。
それから、表彰式でのインタビューでも、「レースではラッキーもあればアンラッキーもある。今回は僕の側にラッキーがあった。ハミルトンに対して他意はないけど、今回はこのラッキーを僕がもらっておくよ(川井さんの意訳)」みたいなコメントで、すごく謙虚だし、同時にハミルトンをさりげなく慰めているようにも聞こえる。
トップアスリートらしい、粋なコメントだと感じた。
全身から優勝の喜びがほとばしっていて満面の笑みで、ますますリカルドが好きになった。
ベッテルの次に好き。ヽ(*´∀`)ノ


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


次回は日本GP、10/8(土)予選、10/9(日)決勝。


<写真:ESPN F1:サスペンションにダメージを負ったセバスチャン・ベッテル>
a0220528_027347.jpg

a0220528_0274982.png

by wakabanokimochi | 2016-10-08 00:31 | F1 | Trackback | Comments(2)

2015 F1 マレーシアGP

予選から面白かった。
Q2の途中から豪雨になったりしたけど、ベッテルはメルセデスの2台と互角の戦いをして2番グリッドを獲得。
ライコネンは雨の影響でQ2で敗退。
マクラーレンはまだまだ苦戦中。

決勝は久しぶりに手に汗握った!
なんか感動した。

グリッドは

1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ロズベルグ

解説の川井さんが、ベッテルがタイヤをもたせることができれば勝てるかもって。

スタート直後、3番手ロズベルグが前のベッテルをかわそうと攻めるけど、ここはベッテルがうまくしのぐ。

ライコネンはスタート時に接触があったらしくタイヤがパンク。

4周目、エリクソンがコースアウト、セーフティカー導入。
この期にタイヤ交換ラッシュ、メルセデス2台もピットイン。
ベッテルは交換せず。

8周目、ベッテルがファステスト、1:46台。
タイヤ交換したハミルトンは5番手、ロズベルグは8番手を走行中。
2番手にいるヒュルケンベルグが1:48台で走っているから、これを抜かないことにはベッテルとの差が開き続けることになる。

10周目、ハミルトンがヒュルケンベルグの後ろ、3番手まで上がってきた。
11周目、ハミルトンがヒュルケンベルグを抜いて2番手に。
ベッテルとハミルトンの差は約10秒。

順位の整理。
1.ベッテル
2.ハミルトン
3.ロズベルグ
4.ヒュルケンベルグ
5.グロージャン

18周目、ベッテル、タイヤ交換、3番手でコース復帰。

22周目、ロズベルグをかわして2番手に浮上。
ベッテルの隙のつき方がうまい!
ロズベルグ、まだまだ若いなって感じちゃった。

この周、アロンソがマシントラブルでリタイヤ。

24周目、ハミルトン、タイヤ交換、3番手でコース復帰。

27周目、ロズベルグ、タイヤ交換、4番手でコース復帰。

順位は、
1.ベッテル
2.ハミルトン
3.ライコネン
4.ロズベルグ

無線で、メルセデスは2ストップ作戦(もうタイヤ交換しない)のようなことを言ってた。
解説の川井さんは、このままタイヤ交換なしで走るのは厳しいと懸念中。
もし本当に2ストップなら、交換タイミングが遅かったベッテルが有利じゃない?
行けるかも!?

36周目、ペナルティで10秒ストップをしたペレスをバトンが抜いて10番手、ポイント圏内に。

37周目、ベッテル、ロズベルグとの差を開けてタイヤ交換、計算通り、ロズベルグのギリギリ前・2番手でコース復帰。
ほんのちょっともミスが許されないピット作業に、見ているこっちもハラハラした。

38周目、ハミルトン、やっぱりタイヤ交換、3番手でコース復帰。

40周目、ベッテルがファステスト、1:43.732。
41周目、ハミルトンがファステスト、1:43.161。

ここでバトンの無線、「パワーロスト」。

42周目、ロズベルグ、タイヤ交換、3番手でコース復帰。
ここから、ベッテル、ハミルトン、ロズベルグの最後の戦いが始まる。

44周目、パワーロストと言っていたバトンがリタイヤ。

53周目、1番手のベッテルと2番手のハミルトンとの差は9.909。
久しぶりに見るベッテルの独走。
9番手・10番手を走るレッドブルの2台を抜いて周回遅れにするベッテル。
それぞれのドライバーに思うところがあるんだろうなと感じた場面。

メルセデスの2台は結局追いつけず、ベッテルが危なげなくトップでチェッカーを受ける。

大きく車体を振って喜びを表すベッテル。
ウイニングランの最中に歓喜の叫びを上げる彼の姿にちょっと泣いちゃった。
昨年はすごくすごく苦しんだもんね。
その分、喜びはひとしおだよね。

川井さんは冷静で、「この優勝で“ベッテル完全復帰!”ってわけではないと思う。メルセデスはやっぱり速いから。サーキットによってはベッテルも勝てるというだけ。だけど、ベッテルがこういう走りを見せてくれると、“今年のF1は面白いぞ!”って気になる」って。
確かに、どこかのチームだけが圧倒的に強すぎるっていうんじゃ面白くないもんね。
次回が楽しみです♪


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1より>
a0220528_22295186.jpg

by wakabanokimochi | 2015-04-02 22:34 | F1 | Trackback | Comments(0)

F1 2014 マレーシアGP

【予選】

Q1開始予定時刻の30分くらい前から雨が降り出したって。
土砂降り。
開始を見合わせて、50分遅れでQ1スタート。
って言ってもまだまだ降っているけどね。

続々と各マシンがコースに出る中、ケータハムのエリクソンが停まってる。
トラブルか?

ロズベルグ・ハミルトンのメルセデス2台が好調。
ベッテル、ヒュルケンベルグ、リカルドが続いている。
可夢偉は20番手。

残り40秒というところでエリクソンがクラッシュ。
赤旗が振られて、35秒を残しながらQ1は強制終了。


Q2。
ほぼ全車がウェットタイヤを装着する中、アロンソ・ライコネンのフェラーリ2台はインタミディエイトタイヤで勝負に出る。
が、やっぱり雨脚が強かったみたいで、すぐにウェットタイヤに替える。

残り12分ちょっとのところでクビアトとアロンソが接触。
赤旗で一時中断するも、すぐに再開。
マシンが壊れていたアロンソもコースに復帰する。

Q3。
大きなトラブルもなく、上位陣が順当にタイムを出す。
ポール獲得はハミルトン。


【決勝】

気温32℃、路面温度51℃、天気はくもり、56周の戦い。

スターティンググリッド。
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ロズベルグ
4.アロンソ
5.リカルド
6.ライコネン
7.ヒュルケンベルグ
8.マグヌッセン
9.ベルニュ
10.バトン
11.クビアト
12.グティエレス
13.マッサ
14.ペレス(何かのトラブルでピットスタート)
15.グロージャン
16.マルドナード
17.スーティル
18.ボッタス
19.ビアンキ
20.可夢偉
21.チルトン
22.エリクソン

シグナルが消えて、スタート!

ハミルトン、いいスタート。
ロズベルグもベッテルに並ぶ!
ベッテルは幅寄せしてロズベルグを抑えようとするけど、ロズベルグが気合で前に出る。

後方では可夢偉もいいスタートを切った!
何台かかわしたみたい。

4コーナーあたりで接触。
マルドナードとビアンキ。
その脇をギリギリ抜けていく可夢偉。

1周終えての順位。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.リカルド
4.ベッテル
5.アロンソ
6.ヒュルケンベルグ
7.ライコネン
8.マグヌッセン
9.バトン
10.マッサ
16.可夢偉

ベッテルはロズベルグだけじゃなくリカルドにも抜かれたんだね。
可夢偉は16番手まで順位を上げた。

ライコネンが失速。
ラジオによるとパンクしたとのこと。
のちのリプレイ映像で、マグヌッセンとの接触が判明。

3周目、マグヌッセン、マッサ、ボッタス、グティエレス、クビアトが、前との差0.5秒前後で8番手争いをしている。
マシンにダメージのあるマグヌッセンが蓋をしている形に。

4周目、ベッテルがうまいことインからリカルドをかわす。

10周目、マグヌッセンがピットイン、フロントウイングを交換。

可夢偉が14番手まで順位を上げている。

ハミルトンは独走状態。
後ろのロズベルグと6秒以上差を開けている。

12周目、6番手のアロンソ、タイヤ交換、10番手復帰。
コースを走ってきたグロージャンのほんのすぐ後ろに復帰したアロンソ、すぐにかわして9番手に。

13周目、5番手のリカルド、タイヤ交換。
コース復帰と、アロンソがコースを走ってきたのがほぼ同時で、接触寸前のバトル勃発。
アロンソがわずかに前に出るんだけど、コーナーでリカルドにかわされる。

この周、クビアトがファステストを出す。

14周目、3番手のベッテル、タイヤ交換、5番手復帰。
5番手のバトンもタイヤ交換、9番手復帰。

ベッテルもコース復帰のタイミングでボッタスやリカルドとのバトル勃発。
危なげなくかわして4番手まで上がる。

ここで順位の整理。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ヒュルケンベルグ
4.ベッテル
5.リカルド
6.ボッタス
7.アロンソ
8.可夢偉
9.バトン
10.マッサ

と、アロンソがボッタスをかわして順位が入れ替わった。
ボッタスはそろそろタイヤがきつそう。

15周目、2番手のロズベルグ、タイヤ交換、3番手復帰。

ハミルトンにはチームラジオで「燃費も問題ないからプッシュしていいよ」って。
まだタイヤ交換してないのにね。

まだタイヤを替えていないのは、トップのハミルトン、2番手のヒュルケンベルグ、8番手の可夢偉だけ。

16周目、ハミルトン、タイヤ交換、2番手復帰。
この周、ベッテルがファステスト。
可夢偉もタイヤ交換、15番手復帰。

ハミルトン、執拗にヒュルケンベルグを追う。
ヒュルケンベルグはまだタイヤ交換してないんだから、そんなにプッシュしなくてもよさそうなのに。

20周目、クビアトとボッタスの9番手争い。
ボッタスが0.6秒差にまで迫っているんだけど、なかなか抜けない。
21周目、ボッタス、抜いた!

2番手ロズベルグと3番手ベッテルとの差が2.5秒くらいを維持している。
追いつきもしないけど離されもしないベッテル。
右京さん曰く「ロズベルグのミラーにはずっとベッテルのマシンが映ってて、プレッシャーを感じてるだろう」とのこと。

26周目、バトンが2回目のタイヤ交換。

27周目、10番手の可夢偉にクビアトが迫る。
DRSゾーンでなんなくかわされる。
弱小ケータハムのマシンでポイント争いをする可夢偉、頑張れ!

28周目、アロンソが2回目のタイヤ交換。
マッサもタイヤ交換。

29周目、リカルドが2回目のタイヤ交換。

この周、11番手の可夢偉にマグヌッセンも迫ってきた。
ホームストレートであっさり抜かれる。
マクラーレンのマシンにはかなわんなぁ。
後ろにはグロージャンも来ている。
可夢偉、厳しいなぁ。

30周目の最終コーナー、グロージャンにほぼ並ばれる可夢偉。
でも、うまいことブロックする。
ホームストレートでDRSを使って逃げる可夢偉。
うまい!
国際映像はこの2台をずっと追う。
ワクワクするバトル。
可夢偉はマシンの挙動を抑えるのに必死。
わずかなミスも許されない緊迫した状況。
最後のストレートでもどうにかグロージャンを抑えるけど、ホームストレートでついに抜かれた。
マシンの性能の差があるから仕方ない。
よくここまで粘った!

32周目、ベッテルが2回目のタイヤ交換。

この周、ボッタスがファステスト。

33周目、ロズベルグが2回目のタイヤ交換。
可夢偉もタイヤ交換。

ここでハミルトンにピットインの指示。
どのマシンも3ストップだと思われる中、ハミルトンだけ2ストップの可能性あり?
だったらなおさらダントツだ。
と思ったけど、ミディアムタイヤを装着。
3ストップ確定。

ちょっと順位を整理。
1.ハミルトン
2.ヒュルケンベルグ
3.ロズベルグ
4.ベッテル
5.リカルド
6.アロンソ
7.バトン
8.マッサ
9.ボッタス
10.マグヌッセン
16.可夢偉

34周目、ベッテルがファステスト。
なのにロズベルグをかわせないね。

35周目、ホームストレートの入口でスーティルがトラブルなのか停車。
ぶつかられそうでちょっと怖いな。

この周、ヒュルケンベルグがタイヤ交換。

ベッテルのラジオ、冷却系か何かにトラブル発生のよう。

38周目、4番手のリカルドにアロンソが迫ってきた。

9コーナーと10コーナーの間で雨が少し降ってきたとのこと。

リカルドとアロンソとの差1.4秒ほど。
アロンソ、懸命に追うんだけどなぁ。

40周目、バトン、マグヌッセン、最後のタイヤ交換。

41周目、リカルドも最後のタイヤ交換。
作業を終えてピットレーンに出たリカルドだけど途中で止まった!?
慌てて駆け寄るピットクルーたち。
自分たちのピットまでマシンを押す。
リプレイ映像によると、左フロントタイヤのボルトを締める前に発車してしまったみたい。
これはロリポップのミス。
かなりのタイムロス!
もったいない!!
私だったら走る気なくすわぁ。
14番手でコース復帰。
この作業ミスが審議対象となる。

43周目、アロンソが最後のタイヤ交換。

この周、リカルドのウイングが落ちて(外れかけて)右フロントタイヤに接触、煙が出てる。
こりゃ、またピットに戻らなきゃ。
リカルド、ついてないね。

50周目、ベッテルが最後のタイヤ交換、順位はそのままヒュルケンベルグの前でコース復帰。
ヒュルケンベルグは、ベッテルのこのタイヤ交換のタイミングで順位を上げるためにハードタイヤでここまで引っ張ってきたけど、作戦失敗だったみたい。

51周目、ロズベルグがタイヤ交換。

52周目、ハミルトン、タイヤ交換。

この時点での順位は、
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.ヒュルケンベルグ
5.アロンソ
6.バトン
7.マッサ
8.ボッタス
9.マグヌッセン
10.クビアト
12.ライコネン
13.可夢偉

リカルドのさっきの作業ミスのペナルティでピットストップ10秒を消化する。
が、どうあがいてもノーポイントなのでマシンを降りてしまった。
開幕戦の失格といい、なんだかかわいそうなリカルド。

5番手のアロンソ、タイヤが厳しいヒュルケンベルグに襲い掛かる。
最後のストレートで並びかけるんだけど、もう一歩届かない。
でも、53周目ホームストレートでDRSを使ってアロンソ、ヒュルケンベルグをかわす。
が!2コーナーで抜き返すヒュルケンベルグ、うまい!
で!3コーナーでアロンソが再び抜き返す!
おー!手に汗握るバトル!
面白い!
ヒュルケンベルグもまだ諦めてないけどね~、難しいかな~。

55周目、12番手のライコネンが前のグロージャンをかわそうと必死。
残り2周でも諦めないところがカッコイイ。

そして、1位・独走のハミルトン、2位・ロズベルグ、3位・ベッテルでフィニッシュ。
4位・アロンソ、12位・ライコネン、13位・可夢偉。

初戦がリタイヤだったハミルトンとベッテルにとっては大きな進歩。
可夢偉も20番グリッドからここまで上がってきたのはスゴイ。
まだまだシーズンは始まったばかりだから、これからどうなるか楽しみだわぁ。( 艸`*)

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング
by wakabanokimochi | 2014-04-01 00:14 | F1 | Trackback | Comments(2)