人気ブログランキング |



★★★★<5段階評価>


事前情報をほとんど入れずに観たのだけど、ディズニーはいい意味で毎回予想を裏切ってくる!

今回のヒロイン・モアナは、今までのディズニーヒロインの中で一番活発でアグレシブかもしれない。
そして、何と言ってもキュート!
いわゆるお姫様系の美人ではないけど、むっちりとしたスタイルとボリュームのある黒髪でセクシーささえ滲む。
ディズニーの女の子の中で、ティンカー・ベルの体型が一番好きなんだけど、モアナも同じように肉感的で好き。

『アナと雪の女王』でもそうだったけど、最近のディズニーは女の子の容姿を完璧には描かない。
アナとエルサもそばかすがたくさんあったし、このモアナもぺちゃ鼻だし。
『ポカホンタス』や『ムーラン』とかの低迷してい頃のディズニーの、ヒロインをあえて個性的に描くというのとは違って、キュートなんだけど完璧じゃないというのが人間臭くてとてもいい。

あと、これも毎回思うけど、キャラクターの演技力がいい!
特に目の演技。
それと細かい仕草の演技。
それらの演技で心情を表現するのでキャラクターたちがとても生き生きしている。

それから、海の描写は圧巻!
実写かと見紛うほどの素晴らしさ。
氷とか水とか今回の海とか、自然物の再現度の高さが毎回上がっていくのがすごいし、ディズニー作品の見どころのひとつだと思う。

ここからは少しネタバレ。

予想を裏切られたと思ったポイントは、悪者がいないということと恋愛要素が一切ないということ。
お姫様系ディズニー作品の定番とも言えるこの二つの要素を排除したというのは、作品を作るたびに前回を上回る試みをしようというモットーを掲げたディズニースタッフの挑戦だと思う。
そして、その試みは成功したと思う。

『もののけ姫』を少し感じる作品ではある。
『もののけ姫』は自然と人間の共存の必要性と難しさを描いた作品という印象で、この『モアナと伝説の海』は自然の脅威を恐れたり恵みに感謝したり、自然に対して敬意を払いながら生きることを描いていると感じた。


a0220528_23113493.jpg

a0220528_23114670.png

by wakabanokimochi | 2017-04-05 23:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)

【映画】 ベイマックス



作品データ(映画.COM)

★★★★★<5段階評価>

マーベル・コミックを原作としたアクションアニメ。
『アナと雪の女王』が女の子向けお姫様アニメだったのに対し、こちらは男の子向けのヒーローものだから、作品の印象はガラリと180℃違っている。
もちろん、ディズニー作品の基本である「優しさ」「温かさ」は溢れている。

ストーリーそのものは王道といえば王道。
だけどただのヒーローものではなく、きちんとディズニー作品に仕上がっている。

カメラワーク、疾走感、ディテールの細やかさなど、制作チームのこだわりが随所に見えるのも醍醐味のひとつ。
物語だけでなく、そういうところにも感動させられる。
by wakabanokimochi | 2015-01-06 15:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

a0220528_0131980.jpg


作品データ (映画.com)

★★★★★ <5段階評価>


字幕にしようか吹き替えにしようか悩んだけど、松たか子の歌声が聴きたかったので吹き替えにしてみた。

素晴らしい作品!

まずCGアニメってここまできたかっ!と感動。
氷の質感。
降り積もった雪を掻き分けて歩いたときの雪の感じ。
吹雪の中で洋服に雪がつく様。
ディテールのリアルさに度肝を抜かれた。

登場人物たちの表情も豊か。

そういう技術面だけじゃなく、ストーリーも秀逸。
本編を観るまでは影を持ったエルサの美しさに惹かれていたけど、ちょっとがさつで明るいアナもものすごくチャーミング。

エルサのせいで冬の世界になるんだけど、決してエルサのせいではなくて、アナや国のことを思ってしていることが裏目に出ちゃうせつなさとかやるせなさとか、そういうのが見事に表現されてる。

松たか子がすごく賞賛されてるけど、神田沙也加の吹き替えと歌声もとてもいい。
2世タレントって軽く見てたけど(失礼ね)、見直した。

字幕版も観たいけど、もう1回くらい吹き替え版も観たい。
by wakabanokimochi | 2014-04-03 00:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)