ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:シンガポールGP ( 4 ) タグの人気記事

2016 F1 シンガポールGP

※ マリーナ・ベイ市街地サーキット、ナイトレース、61周

白熱したバトルが見られた面白いレースだったけど、モヤモヤっとしたものも残る結果だった。

スターティング・グリッド、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ハミルトン
4.フェルスタッペン
5.ライコネン
6.サインツ
7.クビアト
8.ヒュルケンベルグ
9.アロンソ
10.ボッタス
11.マッサ
12.バトン
13.グティエレス
14.エリクソン
15.マグヌッセン
16.ナッセ
17.ペレス
18.パーマー
19.ウェーレイン
20.グロージャン
21.オコン
22.ベッテル

ベッテルはマシンの故障で予選Q1落ち、最後尾からのスタートとなる。

スタート直後、ホームストレートでヒュルケンベルグとサインツが接触。
ヒュルケンベルグのマシンは大きく損傷しリタイヤ。
いきなりセーフティーカーが入る。

フェルスタッペンはスタートが遅れて順位を落とす。
ほかの上位陣はいいスタート。

ヒュルケンベルグのクラッシュでサインツもマシンを少し壊し、ボッタスはパンク。

1周終えての順位、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ハミルトン
4.ライコネン
5.アロンソ
6.クビアト
7.サインツ
8.フェルスタッペン
9.マッサ
10.マグヌッセン
ベッテルは18番手まで上がった。

ホームストレートがクリーンアップ中で使えないので全車ピットレーンに入る。
このタイミングでタイヤ交換するマシンとそのままスルーするマシンとに分かれる。

ピット作業を終えてピットレーンに出ようとするボッタスがピットレーンを走ってきたベッテルと接触しそうになってヒヤッとした。

3周目、
セーフティーカーがはけてリスタート。

ハミルトン、すかさずリカルドを追うがなかなか届かない。

ベッテルは前をグイグイ抜いて順位を上げる。

9周目、
ロズベルグにチームラジオ、ブレーキ温度が高くてシリアスだとのこと。
これがロズベルグの足かせとなるか?
後ろのリカルドとは3.4秒差、その後ろのハミルトンとは約5秒差。

10周目、
ハミルトンにもブレーキ温度に関するチームラジオが入る。

16周目あたりからタイヤ交換が始まる。
ハミルトン、リカルド、ロズベルグ、ライコネンなど。
ベッテルはまだ入らず。

順位の整理、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ハミルトン
4.ライコネン
5.グティエレス
6.ペレス
7.ベッテル
8.アロンソ
9.クビアト
10.フェルスタッペン

最後尾スタートだったベッテルはここまで順位を上げた。

19周目、
クビアトに仕掛けるフェルスタッペン。
因縁のバトル。
接触しそうなほどのサイド・バイ・サイド、危なっかしい。
必死で守るクビアト。

20周目、
クビアトとフェルスタッペンのバトルの後ろにマッサがジワジワと迫ってくる。

23周目、
クビアトが前のアロンソに近づいてきたので、4台が絡む8位争いに。

25周目、
ベッテルがタイヤ交換。
ピットから出るベッテル、後ろから走ってきたナッセが接触しそうな勢いでギリギリ前に行く。
でもここはひとつでも前に行きたいベッテル、すぐにかわしていく。

27周目、
ライコネンがハミルトンに迫ってきた、その差は1秒以内。

28周目、
ベッテル、サインツとグティエレスの間に割り込んで力ずくでオーバーテイク。
前へ前へというベッテルの気迫を感じる。

33周目、
ライコネンがハミルトンを抜いた!
ハミルトンのミスを見逃さないライコネン、さすが!
軽く接触してたけど。

34周目、
ロズベルグ、ライコネン、タイヤ交換。

35周目、
ハミルトンがタイヤ交換。
ピット出口に向かうハミルトン、コース上を来るライコネン、どちらが前に出るか!?
ライコネンが前!

順位の整理、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ライコネン
4.ハミルトン
5.クビアト
6.ベッテル
7.マグヌッセン
8.フェルスタッペン
9.アロンソ
10.ペレス

43周目、
ベッテル、タイヤ交換、6番手でコース復帰。

46周目、
ハミルトン、タイヤ交換、4番手でコース復帰。

ここでライコネンとチームのラジオが入る。
ライコネン「入るのか!?」
チーム「ちょっと待て、すぐに指示する!」
で、次の周回でタイヤ交換に入るライコネン。

川井さんいわく、「チームの決断が遅い!」とのこと。

タイヤ交換をしたライコネン、ハミルトンの後ろ、4番手でコース復帰。
さっき自力で抜いたハミルトンにみすみす前に行かれる。
またもやチームの戦略ミス?

56周目、
2番手のリカルドがトップのロズベルグにじわじわ迫る。
ロズベルグはやっぱりブレーキが苦しいか?

58周目、
ロズベルグとリカルドの差が5秒にまで迫った。

ファイナルラップ、
ロズベルグとリカルドの差が1秒を切った!
が、リカルドは届かずそのままチェッカー・フラッグ。

優勝・ロズベルグ、2位・リカルド、3位・ハミルトン。
ライコネン4位、ベッテル5位、アロンソ7位。

最後尾から5位まで上がってきたベッテルはさすが。

ただやっぱりモヤッとするのは、ライコネンの最後のタイヤ交換がチームの戦略ミスに思えること。
あのままタイヤ交換せずにコースに留まっていたからといって3位でゴールできたかはわからないけど、マシンの速さでは劣ってしまうライコネンが千載一遇のチャンスを逃さずに奪ったオーバーテイクを、みすみす無にする戦略はダメだと思う。
これじゃ、どんなにドライバーが頑張っても報われなくてかわいそう。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


次回はマレーシアGP、10/1(土)予選、10/2(日)決勝。


<写真:ESPN F1:最後尾スタートながらも順調にペースを上げて前を追うセバスチャン・ベッテル>
a0220528_17305656.jpg

a0220528_17311731.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-09-20 17:35 | F1 | Trackback | Comments(0)
すごく面白いレースだったけど、今回も時間がなかったので感想だけ。

マリーナ・ベイの市街地コースだからサーキットが狭くて、路面に凹凸があるせいで火花が散るし、迫力満天のレースだった♪

そして、ベッテルが今シーズン3回目の優勝!(≧∇≦)
メルセデスの不調のおかげではあったけど、これでポイント差を一気に縮めた。
コース上でいろいろとトラブルがあってセーフティーカーも入ったし、ハラハラする場面はあったけど、トップを勇猛に走る姿に王者の風格を感じた。

まず予選。
ハミルトン・5位、ロズベルグ・6位と、圧倒的な強さを見せてきたメルセデスが不調に終わる。
ハミルトンはフリー走行から調子が悪かったよう。
ベッテルがポールを獲得した。

決勝。
ベッテルがいいスタートを切ってトップを守る。
王者・ベッテルが蘇ったようで感慨ひとしお。
2位のリカルドを引き離しにかかるけど、周回を重ねても思うようにギャップを築けない。
8、9秒差。

13周目、タイヤ交換を終えたマッサがコースに復帰したとき、後ろからきたヒュルケンベルグがマッサに追突。
ヒュルケンベルグ、破片を撒き散らしながらコースアウト。
バーチャルセーフティーカーが入り、15週目でセーフティーカーに切り替わる。
これでさらにベッテルとリカルドとの差が縮まってしまう。

18周目、セーフティーカーがはけてリスタート。
ベッテルの走りは冷静。
ただ、リカルドも虎視眈々と迫ってくる。
素人の私が見ていてベッテルに危うさはないけど、マシントラブルなどの何かが起きればどうなるかわからないのでドキドキする。

31周目、ロズベルグは順位を2つ上げて4番手、ハミルトンはトラブルを抱えてるようで13番手まで後退。
33周目、17番手まで下がっていたハミルトンはここでリタイヤ。

37周目、コース内に人が侵入するというありえないアクシデントでセーフティーカーが再度入る。
レーススピードでマシンが走るコースの端をフラフラと男が歩いている。
すぐにフェンスの隙間からコース外に出たけど、大事故を引き起こしかねない大事件。
F1マシンにはねられたらボロ布のようになって死んじゃうからね。
この男はのちに逮捕されたらしい。

そんなこんなでハラハラ目が離せなかったけど、優勝・ベッテル、2位・リカルド、3位・ライコネンと、フェラーリ2台が入賞でレースを終えました。

今週末は鈴鹿。
ビアンキの冥福を祈りつつ…。

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:レーススタートで先頭をキープしたセバスチャン・ベッテル>
a0220528_2338689.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2015-09-25 23:39 | F1 | Trackback | Comments(0)

2013 F1 シンガポールGP

〈タイトルが間違ってました。(^-^;〉

シンガポールGPは、F1唯一のナイトレース。
有名な高級ホテル「マリーナ・ベイサンズ」の真下にある市街地コースでのレースです。
青色を基調とした夜景がキレイ053.gif

まずは予選。
Q1。
ミディアムタイヤでロズベルグが1:46.288、ハミルトンが1:46.561。

残り8分、ヒュルケンベルグがスーパーソフトタイヤで1:45.388を出す。
これで、他チームもタイヤを替えて再アタックするだろうと思われた中、ベッテルがミディアムタイヤで1:45.755とスーパーソフト並みのタイムを叩き出した。
続いてウェバーもミディアムで1:45.271と、レッドブル2台が脅威の速さを見せる。

その後、スーパーソフトに履き替えたメルセデス勢が、ハミルトン・1:44.196、ロズベルグ・1:45.208。

グロージャンもミディアムで1:45.658と、さりげなく好タイム。

マッサは1回目のアタックではノックアウト圏内だったけど、残り20秒での再アタックでギリギリ13位に滑り込む。


Q2。
全車、スーパーソフトでアタックする模様。
ライコネン、1:44.794。
ロズベルグ、1:43.892。
ハミルトン、1:43.920。
メルセデスが本領発揮してきた。

残り6分半辺りでコースに出たベッテル、1:42.905。
驚きの42秒台。
右京さんも「メルセデスが新品タイヤを履いてもベッテルにはかなわないんじゃないか」って。

ライコネンのタイムが伸びず、2戦連続でQ2ノックアウト。
そのライコネン、来季はフェラーリへの移籍が決まってるって。


Q3。
最初にコースに出たのはベッテル、1:42.841、Q2のタイムを上回る速さ。
続いてロズベルグ、1:43.431、次にウェバー、1:43.460。
ベッテル、ダントツの速さ。
このタイムを超えるマシンは出ないだろうとの予想で、この1回のアタックでベッテルはマシンを降りる。
メルセデスも侮れないマシンだし、チームメイトのウェバーはベッテルと同じマシンに乗っているわけだから、この3台の追随は怖いところだとは思うけどね。
予選の様子を映すモニターを食い入るように見ているベッテル。

2回目のアタック。
ロズベルグは1:42.932と、わずか0.091秒ベッテルに及ばず。
ウェバー1:43.152で、これも0.5秒ほどベッテルより遅い。
爪を噛みながらモニターを見ていたベッテルはここでガッツポーズ、ポールポジションを確信したみたい。
ハミルトンも、1:43.254でベッテルを抑えることはできず。


さて決勝。
市街地コースだから壁に囲まれて狭い。
路面はいくら整備してもでこぼこしているらしく、ナイトレースの人工の明かりは走りにくいらしい。
しかもコーナーが23もあって、ドライバーが口を揃えて「一番疲れるレース」と言うそうな。
このコースでの過去6戦すべてでセーフティーカーが導入されていて、波乱のレースになりそうな予感はプンプンする。

天気は晴れ、気温29℃、路面温度32℃、61周の戦い。
右京さん曰く、タイヤの使い方がカギだそう。
セーフティーカーが入ることを計算しながらタイヤ交換のタイミングを見極めなきゃいけないから、難しいレース、予想不可能なレースになるだろうって。

スターティンググリッドは、
1.ベッテル
2.ロズベルグ
3.グロージャン
4.ウェバー
5.ハミルトン
6.マッサ
7.アロンソ
8.バトン
9.リカルド
10.グティエレス
13.ライコネン

ライコネンは背中を痛めていて、痛み止めを服用しながらの参戦だって。

シグナルが消えてスタート!
1コーナーでロズベルグがベッテルのインを取って一瞬抜く!
ただブレーキが遅れてちょっとだけコースアウト。
その隙をついてベッテルが再びトップに。
ロズベルグ、ちょっと焦ったか。

アロンソはアウトからのごぼう抜きで3番手まで浮上。

コースが狭くて、スタート直後のせめぎ合いは見ていて怖いけど迫力満点。

大きなトラブルもなく1周を終える。
順位の整理。
1.ベッテル
2.ロズベルグ
3.アロンソ
4.ウェバー
5.グロージャン
6.ハミルトン
7.マッサ
8.バトン
9.ヒュルケンベルグ
10.ペレス
13.ライコネン

2周目に入ってすぐ、ハミルトンにチームから無線が入り、ペナルティ対象になりそうなオーバーテイクだったからマッサに順位を譲れとのこと。
これで、まっさ6番手、ハミルトン7番手に。
一旦隊列が落ち着く。

11周目、ライコネンがタイヤ交換。
右京さんの解説によると、ペレスの後ろで詰まっていたライコネンはみんなより早めにピットインして、わざと後方のがら空きのところを走ることでショートカットしようという作戦なのではないかと。
もう少ししたら他のマシンもタイヤ交換しなければならないので、おのずとライコネンの順位は上がっていく。
早めの交換でタイヤの磨耗も早くなるけど、タイヤマネージメントに定評のあるライコネンだから大丈夫というチームの判断らしい。
やっぱカッコイイぞ、ライコネン!

13周目、マッサがタイヤ交換、13番手復帰。

ウェバーがラジオでなにかのトラブルを訴えている。
そのウェバー、14周目でピットイン。
タイヤ交換以外の作業はしていない模様。
同周回、バトン・ヒュルケンベルグもタイヤ交換。

15・16周目でアロンソ・ロズベルグ・ハミルトンもタイヤ交換。

ここで順位の整理。
1.ベッテル
2.ロズベルグ
3.ディレスタ(タイヤ交換まだ)
4.アロンソ
5.ウェバー
6.グロージャン
7.ハミルトン
8.マッサ
9.バトン
10.ライコネン

17周目、ベッテルがタイヤ交換、トップでコース復帰。

アロンソが、まだタイヤ交換していないディレスタに引っかかってしまっている。
アロンソがワールドチャンピオンシップで優勝するには、残り7戦すべて、ベッテルの前でゴールしなきゃいけないんだけど、それだけじゃちょっと足りない。
現在の獲得ポイントは、ベッテル222、アロンソ169。
計算すると、今後のレースで全部アロンソが1位でベッテルが2位だった場合でも、4ポイント足りずにアロンソのワールドチャンピオンはない。
今のベッテルの走りを見ると、残りのレースでベッテルが1戦も優勝しないなんてことはありえないから、アロンソには厳しい状況。
ただ、レッドブルのマシンはギアボックスに問題を抱えているようなので、1戦でもベッテルがリタイヤするなんてことがあれば大どんでん返しもありうる。
とにかく、アロンソは4番手辺りを走っているわけにはいかないのです。

21周目、ディレスタがタイヤ交換。
前が空いたアロンソ、早くロズベルグも抜いてベッテルに追いつけ!

25周目、18コーナーでリカルドが壁に激突。
セーフティーカー導入。
これで、ベッテルが築いた10秒のギャップがおじゃん。
アロンソに女神が微笑んだか!?

ここですかさず、ライコネンがタイヤ交換。グッドタイミング!
ほかのマシンもぞくぞくとタイヤ交換に入る。
ただ、トップの4台、ベッテル・ロズベルグ・ウェバー・ハミルトンはピットインせず。
残り32周、おそらくもう1回タイヤ交換しなきゃいけないだろうから、このセーフティーカーのタイミングでピットインしなかったのが吉と出るか凶と出るか。
アロンソは交換したので、今一番有利なのはアロンソ。

ここで順位の整理。
1.ベッテル
2.ロズベルグ
3.ウェバー
4.ハミルトン
5.アロンソ
6.グロージャン
7.ディレスタ
8.マッサ
9.バトン
10.ライコネン

31周目、セーフティーカーが出てレース再開。
32周目・33周目・34周目と、ベッテルが連続でファステストを出す。
失ったギャップを取り戻す走り。
ロズベルグとの差は早くも+13.178。

41周目、ウェバーがタイヤ交換、13番手復帰。

42周目、ロズベルグがタイヤ交換。
終えてコースに出ようとするロズベルグ、そのコースにはウェバーの姿が。
ウェバーの前に出れるか!?
わずかに間に合わずウェバーの後ろ、11番手でコース復帰。

44周目、ハミルトンがタイヤ交換。
ウェバーとロズベルグの後ろ、10番手で復帰。

これで2番手まで上がってきたアロンソ、懸命にベッテルを追う。
が、その差なんと30秒。
脅威の走りでタイヤ交換に必要なギャップを作っちゃってる。
ここで、そのベッテルにピットインの指示が。

45周目、ベッテルがタイヤ交換、余裕でトップ復帰。

これで見た目の順位が実際の順位になった。
1.ベッテル
2.アロンソ
3.バトン
4.ライコネン
5.ペレス
6.ヒュルケンベルグ
7.ウェバー
8.ロズベルグ
9.ハミルトン

スタート時、13番グリッドだったライコネンが4番手にいるのがスゴイ。
しかも背中が痛いのに。

3番手以下のバトルが激しい、激しい。

54周目、ライコネンがバトンを狙う。
DRSを使って攻めるけど、マシンの限界かなかなか抜けない。

ウェバーはヒュルケンベルグをかわして6番手に。

14コーナー、ライコネンがアウトからバトンを抜いていった!
接触ぎりぎりの鮮やかなオーバーテイク!
鳥肌が立った!
これで3番手に。
右京さんも「あの攻めでクラッシュしないライコネンとバトンのテクニックは素晴らしい」って興奮気味。

55周目、7コーナーでディレスタが壁に激突。
セーフティーカーが入ればこのままチェッカーフラッグというあっけない終わりになるとこだったけど、幸いセーフティーカーは入らず。
よかった。

56周目、ウェバーがバトンをかわして4番手に。

57周目、ロズベルグがペレスをかわして6番手に。
ハミルトンもペレスを追う。
その後ろにはマッサがぴったりと張り付いている。

ここで、ウェバーにチームから無線が入る。
ギアボックスのトラブルらしい。

58周目、ロズベルグがバトンをかわして5番手に。
ロズベルグも表彰台を全然諦めていない走り。

59周目、ウェバーにチームからまた無線が入る。
「とにかく、ゴールまで車を持って行ってくれ」って。
トラブルが相当深刻そう。
4番手の位置にいるのにね。
その後ろから、ロズベルグが虎視眈々と狙っている。

60周目、ロズベルグがついにウェバーをかわした。
表彰台まであとひとつ。
ハミルトンもウェバーを抜いていく。

ずるずると順位を落とし始めたウェバーにピットインの指示も出たようだけど、残り1周、ピットには向かわずにファイナルラップに突入する。
少し煙も出てるけど、あと2分くらいでしょ、頑張れ、ウェバー!
3分の1くらい走った辺りかな、ウェバーのマシンからついに火が上がった。
無念のリタイヤ。
もうちょっとだったのに。
ポイント獲得目前だったのに。
すごく残念。
すごくかわいそう。

で、ウェバーがマシンを止めたのと同時くらいにベッテルが独走状態でフィニッシュ。
レッドブルチームの面々は複雑な表情。

結果、優勝・ベッテル、2位・アロンソ、3位・ライコネン。

いや~、面白いレースだった043.gif
ベッテルの圧倒的な走りは神がかってるね。
これで、ベッテルとアロンソのポイント差は60。
アロンソ、また厳しくなった。
ベッテルはすごいし、天才なのはわかってるけど、このままワールドチャンピオンっていうのもちょっと面白くない。
もうひと波乱くらい起きて、シーズン最後までワクワク・ハラハラしながら楽しみたいんだけどな037.gif


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング
[PR]
by wakabanokimochi | 2013-09-25 17:38 | F1 | Trackback | Comments(2)

シンガポールGT

シンガポールGPをやっと録画で観ました。

市街地コース、フェンスで囲まれていてコースが狭く見えて怖い。
実際クラッシュ続出、セーフティカー導入。
よくあんな所を時速300キロとかで走るわ。

ここのところシューマッハの調子がよくて、シューマッハ全盛期を知らない私でもすごいなぁって思ってたけど、クラッシュしちゃってもったいない。
しかもけっこう激しいぶつかり方で心配した。

可夢偉くんも調子がよくなかった。
ペナルティも受けたしね。
ただ、前半部分で可夢偉のオンボードカメラの映像が流れたのに驚いた。
たぶん初めてだと思う。
それだけF1界が注目してるってことだよね。

相変わらずベッテルは独走状態で、ポイントランキングもダントツで、大きなアクシデントがなければ次の鈴鹿でベッテルの優勝が決まる。
でも、その後4戦も残してるのに優勝が決まっちゃうのって興奮度下がるわぁ。
そう考えたら、昨年はギリギリまで優勝が決まらなかったから楽しかったなぁ。

とはいえ、次の鈴鹿楽しみ♪


今日、古着屋さんでパンツを買おうと思ったけどサイズが合わなくて1本しか買えなかった。
絶対ダイエットしよう002.gif
[PR]
by wakabanokimochi | 2011-10-07 00:54 | F1 | Trackback | Comments(0)