ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:オーストリアGP ( 2 ) タグの人気記事

2016 F1 オーストリアGP

予選は見る余裕がなかった。
結果は、1位・ハミルトン、2位・ロズベルグ、3位・ヒュルケンベルグ、4位・ベッテル、5位・バトン。

ロズベルグとベッテルはギアボックスの交換で5グリッド降格。


決勝。

スターティング・グリッド、
1.ハミルトン
2.ヒュルケンベルグ
3.バトン
4.ライコネン
5.リカルド
6.ロズベルグ
7.ボッタス
8.フェルスタッペン
9.ベッテル
10.マッサだけどピットレーンスタート
11.グティエレス
12.ウェーレイン
13.グロージャン
14.アロンソ
15.サインツ
16.ペレス
17.マグヌッセン
18.エリクソン
19.パーマー
20.ハリアント
クビアトもピットレーンスタート

マクラーレン・ホンダのバトンが5番グリッドと、今シーズン最高位からのスタート。

スタート!
ヒュルケンベルグは蹴り出しに失敗!
バトンとライコネンがその隙をついてひとつずつ順位を上げた。

9番手のベッテル、スタート直後の団子状態で接触寸前の接近戦ながらもうまいことかわしてひとつ順位を上げる。

1周終えての順位、
1.ハミルトン
2.バトン
3.ライコネン
4.ヒュルケンベルグ
5.ロズベルグ
6.フェルスタッペン
7.リカルド
8.ベッテル
9.ボッタス
10.サインツ

ロズベルグも順位をひとつ上げた。

クビアトがリタイヤ。

ライコネンがじわじわとバトンを追う。

6周目、
ロズベルグがヒュルケンベルグをかわして4番手に。
ヒュルケンベルグのペースがいまいち上がらない。

7周目、
ベッテルがリカルドとヒュルケンベルグを立て続けにかわして6番手に。
ライコネンはバトンをかわして2番手に上がる。

8周目、
ロズベルグがホームストレートでバトンをかわして3番手に。
ホンダのマシンではメルセデスを抑えるのは厳しい。
フェルスタッペンも1コーナーでバトンに仕掛けるがここはブロック、2コーナーでもう一度仕掛けてオーバーテイク。

10周目、
バトンがタイヤ交換。
この周、ベッテルの真後ろまでリカルドが迫ってきている。

11周目、
ロズベルグ、タイヤ交換、15番手でコース復帰。

順位の整理、
1.ハミルトン
2.ライコネン
3.フェルスタッペン
4.ベッテル
5.リカルド
6.ウェーレイン
7.グロージャン
8.マグヌッセン
9.ペレス
10.エリクソン

13周目、
ウェーレインが無線で「雨が来た」って。

15周目、
リカルド、タイヤ交換。

16周目、
フェルスタッペン、タイヤ交換、6番手復帰。
フェルスタッペンがコースに復帰する直前にロズベルグが前に出ることができた。

ハミルトンのタイヤがスーパースローカメラで映しだされたけど、もうだいぶ傷んでる。

21周目、
ロズベルグのペースがどんどん上がってきている。

22周目、
ハミルトンがタイヤ交換、ミスがあってちょっと遅い。

23周目、
ライコネン、タイヤ交換。

順位の整理、
1.ベッテル
2.ロズベルグ
3.ハミルトン
4.フェルスタッペン
5.リカルド
6.ライコネン
7.グロージャン
8.バトン
9.ボッタス
10.ナッセ

27周目、
ベッテルがクラッシュ!!
マジかぁ!!!Σ(゚Д゚ノ)ノ
右リアがバーストして制御不能になったマシンはウォールにぶつかって、その反動でコースの反対側まで飛ばされる。
ほかのマシンが巻き込まれなかったのは不幸中の幸い。
だけど、ベッテルには痛いリタイヤ!
何が起きたかを無線でチームに説明するベッテル、最後に「Sorry,guys」ってつぶやいたのが切なかった。(ノД`。)

32周目、
ベッテルのクラッシュにより入っていたセーフティーカーがはけてリスタート。

39周目、
バトンがナッセをかわして7番手に。
オンボードカメラに雨がポツポツ落ちているけど、まだレースに影響があるほどではない。

43周目、
ロズベルグのペースがいい。
2番手とのハミルトンとの差は約2秒。
ロズベルグはもう1度タイヤ交換のはずだから実質はハミルトンがトップのはず。

周回を重ねてもタイヤ交換に入らないロズベルグ、もう入らない可能性もあるかも?

55周目、
ハミルトンがタイヤ交換、またちょっとミスがあって3番手復帰。
解説の川井さん・森脇さんはハミルトンが入るとは思っていなかったので困惑気味。

56周目、
ロズベルグがタイヤ交換、2番手復帰。

ハミルトンがタイヤ交換直後の2コーナーでミスをしてタイムロス、タイヤ交換のタイムロスもあってロズベルグの前に出ることができなかった。

順位の整理、
1.フェルスタッペン
2.ロズベルグ
3.ハミルトン
4.リカルド
5.ライコネン

フェルスタッペンがタイヤ交換せずに走ればもしかするともしかする?
とはいえ、もう40周位走っているタイヤだから苦しいか。

フェルスタッペンとロズベルグの差は3.3秒前後、ロズベルグとハミルトンの差は1秒ちょい。

58周目、
ライコネンがリカルドをかわして4番手。
リカルドも粘ったけど粘り切れず。

61周目、
1コーナーでフェルスタッペンに仕掛けるロズベルグ、うまく抑えたフェルスタッペン。
もう一度攻めるロズベルグ、フェルスタッペンも粘ったけどここは抑えきれず。
真後ろにはハミルトンも来てる。

63周目、
フェルスタッペンをかわすハミルトン。
フェルスタッペンはもうタイヤが苦しい。

66周目、
3番手のフェルスタッペンと4番手のライコネンの差は約3秒。
ライコネンの方が少しペースがいい。

68周目、
ロズベルグとハミルトンの差は0.4秒、ハミルトン、捉えたか。

70周目、
トラフィックを抜いたロズベルグとハミルトン、差は0.6秒まで広がった。

ファイナルラップ、
1コーナーでミスるロズベルグ、2コーナーで並ぶハミルトン。
ブロックしたロズベルグとハミルトンが接触、コース外に押し出されるハミルトン。
最小のロスでコースに戻ったハミルトンだけど、スペースがなくてもう一度ロズベルグと接触。
ロズベルグのフロントウィングが脱落して火花が飛び散る。
このダメージでロズベルグのペースはガタッと落ちてハミルトンがトップに!

ペースの落ちたロズベルグをフェルスタッペンとライコネンも追い越して、そのままフィニッシュ。

優勝・ハミルトン、2位・フェルスタッペン、3位・ライコネン。

ベッテルがリタイヤした時点でで少し見る気が失せていたけど、最後の最後で波乱のレースになった。
川井さんと森脇さんも言っていたけど、ハミルトンとロズベルグは接触が多い。
チームメイトが一番のライバルだから熱くなるのは仕方ないにしても、これじゃ遺恨が残りそう。

表彰式のハミルトンのインタビューのときにブーイングが起きたのは、ハミルトンがかわいそうだった。
彼だけが悪いんじゃないのに。
大人の対応をしてたけど。
そういえば、前はベッテルもよくブーイングされてたな。


次回はイギリスGP、7/9(土)予選、7/10(日)決勝。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


<写真:TN TOPNEWS:仲の良い友人同士であることが知られているフェラーリのキミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテル>
a0220528_2230983.jpg

<写真:ESPN F1:リタイアをしてマシンを降りるセバスチャン・ベッテル>
a0220528_22303658.jpg

a0220528_22305328.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-07-04 22:37 | F1 | Trackback | Comments(0)

2015 F1 オーストリアGP

【予選】
午前中に雨が降ったらしく路面が少し濡れている。
濡れているところと乾いているところがあるのでタイヤ選びが難しい。

Q1
各チーム、インターミディアムタイヤで走り出すも、どのタイミングでドライタイヤに替えるか思案しながらの走行。
各マシン、難しい路面でマシンコントロールに苦戦、コースアウトする車が続出。

残り10分を切ったころ、下位チームがドライタイヤに替えてきた。
その走りを見て、上位チームもタイヤを交換。
ここからはタイムの更新合戦が始まる。

ライコネン、まさかのノックアウト。

Q2
ベッテルはタイヤを温存するために残り4分過ぎにやっとコースに出る。
1:09.392とトップタイム。
すぐにロズベルグに塗り替えられたけど、予選通過には十分なタイム。

アロンソ、ノックアウト。

Q3
1回目
ロズベルグ 1:08.850 1番手
ハミルトン 1:09.225 2番手
ベッテル 1:09.188 3番手
マッサ  1:09.288 4番手

2回目
ハミルトンが1:08.455とトップタイムを叩きだした。

3回目
ハミルトンとロズベルグの熾烈なポールポジション争い、と思いきや、第1コーナーでハミルトンがミスをしてスピン。
その直後、最終コーナーでロズベルグもミスをしてコースアウト。
ベッテルはメルセデス2台のタイムを超えられず3番手確定。


【決勝】

解説の森脇さんから、ライコネンの予選Q1でのノックアウトは、チームの連絡ミスが原因だったらしいとの説明が。

スターティンググリッド
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.マッサ
5.ヒュルケンベルグ
14.ライコネン
19.アロンソ
20.バトン

ロズベルグがいいスタート!
第1コーナーでハミルトンの前に出た。
ベッテルは後ろのマッサをブロックしつつ前を攻めようとするけど、マシンの違いが一目瞭然で追いつくことさえ出来ない。
第2コーナー、第3コーナーと、ハミルトンは首位を取り戻そうと果敢に攻めるけど、ロズベルグがうまくブロック。

メルセデス2台の攻防に固唾を飲んでいると、突然、アロンソとライコネンのクラッシュ映像が映し出された。
ライコネンのマシンにアロンソのマシンが乗り上げている凄まじいクラッシュ。
ドライバーの安否が心配になるほどの激しさ。
アロンソはすぐに自力でマシンを降りて、ほどなくライコネンも自力で脱出。
どうやら怪我はなさそう。
よかった。

セーフティーカーが入る。

リプレイを見ると、ライコネンのマシンに後ろからアロンソが追突し、勢い余って乗り上げてそのまま壁に激突。
一歩間違えば大惨事になりかねない激しいクラッシュ。

6周目、セーフティーカーがはけてリスタート。
ロズベルグ、トップは譲らず。
1.ロズベルグ
2.ハミルトン
3.ベッテル
4.マッサ

10周目、バトン、リタイヤ。

ロズベルグ、連続してファステストを出す快調な走り。

中盤勢、後方勢の攻防、オーバーテイクショーはあるものの、トップ勢に大きな動きはなし。

33周目、ロズベルグ、タイヤ交換、2番手でコース復帰。
ハミルトン、ここからペースアップして、自身のタイヤ交換のタイミングでアンダーカットを狙いたいところ。

35周目、ハミルトン、タイヤ交換。
アンダーカットに必要なギャップは築けず、ロズベルグの後ろ、2番手でコース復帰。

36周目、ベッテル、タイヤ交換。
右リアタイヤの交換に手間取るという痛恨のミス!
13秒もかかってしまって4番手、マッサの後ろでコース復帰。
痛いミス!

ハミルトン、ピットレーンで白線を踏んだとかで5秒ストップのペナルティ。

64周目、ベッテル、マッサとの差が1秒切った。
真後ろまで迫るけど抜けない。
DRSは使ってるはずなのにかわせない。
マッサはベテランドライバーだし、マシンのパワーユニットはメルセデスだし、後ろから追いかけるには不利な相手なのかもしれない。
ファイナルラップまで激しく攻め立てていたベッテルだけど、結局かわせず。

結果
優勝・ロズベルグ、2位・ハミルトン、3位・マッサ

これで、ハミルトンとロズベルグのポイント差は10ポイントまで縮まった。
ハミルトンとベッテルの差は49ポイント。
メルセデスにミスでもない限り勝てない感じなのが悔しいね。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:マシンのパフォーマンスを引き出すベッテル>
a0220528_13472591.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2015-06-25 13:51 | F1 | Trackback | Comments(0)