人気ブログランキング |

a0220528_23183288.jpg

急に思い立って、長崎県の壱岐に行ってきました。
思いつきでどうにでもなる気ままなひとり旅♪
10月に百大登山部で対馬に行く予定にしているので壱岐・対馬のサイトや観光パンフレットなどを見ていたら壱岐にも行きたくなってしまい。
そしたらたまたまの休みがめっちゃ快晴の天気予報だったので、前日に諸々の予約の電話をして急だったけど一泊で行ってみました。

とにかく海がきれい!
雲ひとつない快晴だったので、浅瀬の海はターコイズブルー、深さのある海はもっと濃いめのウルトラマリン。
それはそれは美しい海でした。

遺跡の島でもある壱岐は、邪馬台国に支配された一つの大きな国だったと魏志倭人伝に書かれているそうで、弥生時代の遺跡やたくさんの古墳があります。
私もまず『一支国(いきこく)博物館』で壱岐の歴史を確認してから島巡りをしました。
とても立派な博物館です。
シアタールームで上映されるムービーと、弥生時代の暮らしを伝えるジオラマは必見です。

信仰の島、神々の島でもあります。
島の上から下まで車で30分くらいの小さな島ですが、大小合わせて1000以上も神社があるそうです。
弥生時代から大きな国として繁栄していた場所だから、古くからの信仰が続いているのでしょうね。

写真をいっぱい撮ったので見てください♪


◆まずは海!
この海の美しさ!
a0220528_23185143.jpg

この砂浜を遠くから見たらこんな感じ。
a0220528_23191167.jpg

左京鼻という岩。砂浜じゃない海は深い青。
a0220528_23204910.jpg

海の透明感と断崖絶壁に感嘆。
a0220528_23211082.jpg


◆遺跡で物思ふ
原の辻遺跡には弥生時代の建物が復元されています。
a0220528_23212965.jpg

掛木古墳、鬼の窟古墳、双六古墳。
「オラが王さまのために立派な墓を作るべ!」と、1300年も前の名もなき人たちがもしそう思いながら作ったのだったらその思いがきちんとこの未来にまで伝わってることに、なんだかものすごく感動してしまうのです。
a0220528_23222426.jpg

a0220528_23223818.jpg

a0220528_23225388.jpg



◆信仰の島
小島神社。
干潮のときだけ渡ることができます。
午前中は満潮だったのでこんな感じ。
a0220528_23231565.jpg

夕方、潮が引いたので島を一周してみました。
a0220528_23233668.jpg

a0220528_23235370.jpg


はらほげ地蔵。
これも海の中にあるので満潮時には海に沈むそう。
a0220528_23241248.jpg


月讀神社。
小さな神社だけど、木々の中の急な石段と月讀(つきよみ)という名前が神秘的。
a0220528_23243011.jpg


男嶽神社。
「猿田彦命(サルタヒコノミコト)」がお祀りされているようで、たくさんの石猿があります。
いろいろな表情の猿がいて愛くるしい。
a0220528_23245069.jpg

a0220528_23251192.jpg


勝本城跡のあるお稲荷さん。
a0220528_23253170.jpg


住吉神社。
壱岐の神社の総帥だそうで大きな神社でした。
ご神木の2本のクスノキが見事。
a0220528_23255386.jpg

a0220528_23261159.jpg

a0220528_23263120.jpg



◆無人島・辰の島
2日目、朝一番の定期船で辰の島という無人島に渡りました。
この便で島に渡ったのは私だけ。
今、この島に私一人だけって思うと興奮してしまいます。

島の海の色!
a0220528_2327646.jpg

浜辺はこの透明度。
a0220528_23272255.jpg


崖の上に登っていくと足のすくむような断崖絶壁と、鬼の足跡と呼ばれる波に侵食された海蝕崖が絶景。
a0220528_2327474.jpg

a0220528_2328483.jpg


1時間半後に定期船が迎えにくるまで、崖の上で海を見ながら朝ごはんのおにぎりを食べたり、砂浜でぼーっとしてみたり、お洒落風な写真を撮ってみたり。
a0220528_2328257.jpg



◆夜はテント泊♪
若者バイカーとおじさんバイカーがいるキャンプ場でテント泊。
テントを張ったあとの写真は撮るのを忘れた…、痛恨のミス…。
テントに疲れた体を横たえると、さすらいの旅人気分でまたテンション上がる♪
a0220528_23284882.jpg

地形の関係で絶妙に見えない夕日。
きれいだろうなという気配だけを感じながらコーヒーを飲む至福の時間。
a0220528_2329842.jpg

a0220528_23293385.png

by wakabanokimochi | 2018-04-21 23:39 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)

a0220528_2151262.png
どハマりしていたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』が終わってしまった!
最終回も泣いた!
ただひとつ!ラストの数秒が好みではなかったけど…。
私の好みはさておき、ほんっっとに素晴らしいドラマでした。

ドラマの感想はまた総集編を観てから改めて書きます。

直虎にハマりすぎて、浜松一人旅してきました♪
直虎ゆかりの地を巡る旅です。
旅行の行程がニッチ過ぎて一人旅になってしまいましたが、おかげで気の済むまで堪能できました。

浜松はものすごくいい所!
井伊谷は田んぼと山に囲まれた田舎で、戦国の世に直虎が守りたかったのはこの素朴な風景だったんだろうなぁとか考えるとまた涙が…。


まずはドラマ館。
a0220528_21513842.jpg
登場人物の衣装、ドラマで使われた小道具、井戸端のセットなど、ドラマに関係する物の展示がされています。
政次が詠んだ辞世の句を見た時にはまた泣きそうになったり…(笑)。
a0220528_2152084.jpg
井戸端のにゃんけいのパネル。

ドラマ館の隣にある気賀関所。
a0220528_21521657.jpg
正しくは気賀関所の隣に期間限定のドラマ館があるんだけどね。
関所の様子が再現されています。
a0220528_21523672.jpg


龍潭寺。
井伊家の菩提寺で、ドラマでも要の場所。
ドラマのファンにとっては聖地中の聖地。
井伊家の墓はもちろん、小野家、中野家、奥山家、新野家、井伊谷三人衆、それから南渓和尚、井伊谷の皆さまのお墓すべてに手を合わせました。
方々は、急に見知らぬ人たちがたくさんお参りにくるので驚いているかもしれませんね。
a0220528_21525989.jpg

a0220528_21531881.jpg

a0220528_21533754.jpg


共保公出生の井戸。
こちらもドラマファンには聖地。
a0220528_21541943.jpg

a0220528_21543772.jpg
最終回、実り豊かな井伊の里を見つめる直虎が竜宮小僧になる描写がありましたが、田んぼの真ん中にあるこの井戸の周りも秋には実り豊かになるんでしょうね。

天白磐座遺跡。
ドラマの中で、幼馴染3人が鬼ごっこをして遊んでいたあの場所です。
元々パワースポットとして有名だったそう。
森の中に巨石が鎮座するさまは、確かに霊験あらたか。
静かで、空気が澄んでいる気がします。
a0220528_21553120.jpg

a0220528_21555367.jpg


そのすぐ下にある渭伊神社。
a0220528_2156179.jpg


井伊谷城跡。
城の痕跡のようなものはありませんが、田んぼが広がる井伊谷を一望できます。
ここからの風景を直虎たちも眺めていたんだなぁ。
a0220528_21564352.jpg

a0220528_2157562.jpg


政次が実際に処刑された蟹淵(がにぶち)。
a0220528_21573043.jpg

蟹淵の近くに立てられている政次の慰霊碑。
a0220528_2158869.jpg

政次が祀られている二宮神社。
a0220528_226546.jpg
高橋一生さんが演じた政次と本当の政次は、もちろんは別人だと頭ではわかっているのですが、ついつい混同してしまい、また悲しい気持ちになってしまいます。

遺跡センターという町の資料館に展示されている、青葉の笛(直親の笛)のレプリカ。
a0220528_2272698.jpg


少し離れたところにある直親の墓。
お墓そのものを写真に撮るのははばかられたので、看板と灯籠だけ。
龍潭寺にももちろん直親の墓はあるのですが、この近くで火葬されたようです。
a0220528_2275263.jpg


蜂前神社。
a0220528_2281499.jpg

a0220528_2283650.jpg
最終的に井伊家が潰れる原因となる徳政令に関する古文書が残っていて、それには唯一、直虎の花押が書かれているそうです。
ドラマでは蜂前神社の禰宜(ねぎ)はちょっと悪者でした。

浜名湖の近くにある宿蘆寺。
a0220528_229592.jpg

a0220528_2292736.jpg
ドラマで龍潭寺の山門のシーンが撮影された場所。
出家したおとわが傑山さんに何度も投げ飛ばされる場所です。
林に囲まれた静かな参道は苔むしていて、ものすごく落ち着く場所でした。

最後は浜松城。
a0220528_2295814.jpg

a0220528_2210228.jpg
徳川家康の居城で、虎松が最初に士官したのもこのお城。
当時は今のような天守閣のあるお城ではなかったみたいですが。

戦国の時代に思いを馳せる旅であり、直虎をより深く感じる旅でした。
久留米木の棚田や高根城など巡りたい場所はまだあったのですが、楽しみは次回に取っておきます(笑)。


直虎関連の場所だけでなく、かわいらしいところにも行ってきましたよ♪

都田駅とその近くにある北欧タウン『ドロフィーズインテリア』。
http://dlofre.jp/?_ga=2.184656617.1587986063.1513857615-2025311890.1512309051
a0220528_22105160.jpg

a0220528_22111637.jpg

a0220528_22113878.jpg
北欧好きだけではなく、女子はもれなくトキメクと思います。
カフェ、レストラン、雑貨屋さん、マリメッコのショップなどあり、宿泊施設もあるそう♪

ぬくもりの森。
http://www.nukumori.jp/
a0220528_22123197.jpg

a0220528_22125624.jpg

a0220528_22132094.jpg
ここもトキメク♪
まるでおとぎの国のような可愛らしい建物の、レストラン、お菓子屋さん、雑貨屋さんなどが集まった場所。
小人さんとかムーミンが住んでいそうなくらいメルヘンです。

浜松基地・エアーパーク。
a0220528_2214310.jpg

a0220528_22143176.jpg
空自好きには楽しい場所♪
フライトシミュレーターを体験したり、展示されているブルーインパルスのコックピットに座ったり!
外の滑走路では、E-767が飛び立ったり、T-4がタッチアンドゴーの練習をしていたり!
基地のある町では当たり前なのかもしれないけど、戦闘機や練習機が飛んでいるのを普通に見られるのです。
時間が許すならT-4の練習をずーっと見ていたかったです。
松島だったらブルーの練習を日常的に見られるんでしょうね。
なんて羨ましい…。

そして、うなぎ。
a0220528_2215180.jpg
もちろん、旨い…♪
a0220528_22151949.png

by wakabanokimochi | 2017-12-21 22:27 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(2)