人気ブログランキング |

a0220528_22562836.png

【★★(個人的好みを5段階で表示)】

読み始めてみたら、湯川先生が出てくるガリレオシリーズでした。
湯川先生が謎解きをするのが作品のメインだからか、人間ドラマの描かれ方が薄いように思いました。
登場人物の個性が弱くて、湯川先生以外はトリックのためのモブキャラのように見えてしまって、私には少し物足りなかったです。


作品紹介(Amazonより)--------------------------
突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。
秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。
殺害方法は?
アリバイトリックは?
超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。
------------------------------------------------


【これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_22591640.png

by wakabanokimochi | 2019-01-29 22:58 | 読書 | Trackback | Comments(0)

a0220528_23054011.png

【★★★(個人的好みを5段階で表示)】


広告などに森見さん自身の写真を使うほどご本人が激推ししているようなので、とても気になっていました。
森見さんの作品は今まで3冊しか読んだことがありません。
その中で『夜は短し歩けよ乙女』は好きなんですが、それ以外は、私には少し合わないかなと思って敬遠していました。

この作品の感想を結論から言うと、嫌いではないけど読むのに少し苦労しました。

森見さんの作品って、はっきりと具現化されていない森見さんの頭の中の観念をそのまま文章にして物語を紡いでいるという感じがします。
寝ているときに見る夢のような突飛さとあやふやさで物語が進んでいく感じ。
夢って、場所とか時間とか人間関係とかがあやふやじゃないですか。
小学校の教室にいるのに周りにいるのは高校の同級生で、廊下に出ててみたら今勤めている会社のビルだった、みたいな。
奇抜でサイケデリック。
そういう夢と現の狭間のような雰囲気が森見ワールドで、それが醍醐味なんだと思います。

だけど私は、そのあやふやさがどうにも落ち着かないのと、自由で荒唐無稽で奇想天外なストーリーを自分の頭の中で展開させていくのにものすごくエネルギーを消耗してしまうのです。
それは、私が理屈っぽくて自由な発想が柔軟にできないせいなのです。
エキセントリックに憧れるのにエキセントリックになれない、つまんない奴なのです。

ただ、入れ子構造で展開していくのにはわくわくしました。
面白かった。
場面が島になったあたりから、脳内の映像化が追いつかなくなってしまったんだな……。


作品紹介(Amazonより)--------------------------
汝にかかわりなきことを語るなかれ――。
そんな謎めいた警句から始まる一冊の本『熱帯』。
この本に惹かれ、探し求める作家の森見登美彦氏はある日、奇妙な催し「沈黙読書会」でこの本の秘密を知る女性と出会う。
そこで彼女が口にしたセリフ「この本を最後まで読んだ人間はいないんです」、この言葉の真意とは?
秘密を解き明かすべく集結した「学団」メンバーに神出鬼没の古本屋台「暴夜書房」、鍵を握る飴色のカードボックスと「部屋の中の部屋」……。
幻の本をめぐる冒険はいつしか妄想の大海原を駆けめぐり、謎の源流へ!

我ながら呆れるような怪作である――森見登美彦
-------------------------------------------------------


【これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_22591640.png

by wakabanokimochi | 2019-01-24 23:09 | 読書 | Trackback | Comments(0)

【映画】 来る


【★★★(個人的好みを5段階で)】


私はこういうホラーものにはあまり興味がないのでめったに観ないのですが、原作の『ぼぎわんが、来る』と著者の澤村伊智さんが好きなので観に行きました。
こういう作品に岡田准一くんが出るのも珍しいので、それも観たくて。

原作と映画ではけっこう違う部分がありましたが、小説の映像化というのはそういうものなので気にはなりませんでした。
以前の私は、小説が映像化されるときの改変がすごく気になっていたのですが、最近は、原作と映画は別物と割り切って楽しめるようになりました。

“あれ”についての解釈が違っていたりラストが違っていたりしたのですが、それはは映像として見せるための改変だったように思います。
文章で表現して読者に自由に想像させる小説をそのまま映像化するのは、必ずしも正解ではないと思います。
特にこういう作品ではむしろ無粋です。

よくわからい不気味さと禍々しさ。
無邪気な子供が内容する邪悪さ。
大人たちが日々の生活の中で鬱積させていく澱のような感情。
そういうおどろおどろしさに満ちた、エンタメホラーでした。


【◆作品データ → 映画.COM】


a0220528_23520642.jpg
a0220528_22591640.png

by wakabanokimochi | 2019-01-18 23:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)


【★★★★★(個人的好みを5段階で)】


QUEENのことは特別に好きでも嫌いでもなくて、昔、洋楽にハマっていたときにベスト盤のCDを持っていて聴いていたな、フレディの奇抜さは嫌いじゃないな、くらいの認識でした。
なので、映画を観るかどうかちょっと考えたのですが、評判の良さがネットを通して聞こえてくるし、しかも、QUEENにそれほど興味のない人も良いと言っているようなので観てみることにしました。

大正解でした。
ものすごくいい映画でした。

フレディの歌声と生き様が私の心にグサグサと突き刺さって、胸が震えました。
サクセスストーリーとしては王道中の王道なのですが、そんなことは気にならないくらい、というか、そんな理屈みたいなものは吹っ飛ばして心に直接響いてくるような作品でした。

QUEENのボーカルになってからのフレディの、全力で楽しんでいて全力で喜んでいて全力で生きているその姿に圧倒的な生命力と才能がほとばしっていて、それが目がくらむほど眩しいから、だからこれほど胸が震えるのだと思います。

ライブエイドのシーンの、会場のボルテージが一気に上る高揚感と臨場感には鳥肌が立ちました。
圧巻です。


【◆作品データ → 映画.COM


a0220528_23003131.jpg
a0220528_22591640.png

by wakabanokimochi | 2019-01-15 23:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)

a0220528_23575502.png

【★★★★(個人的好みを5段階で)】


『告白』や『Nのために』のような血生臭くて不穏な作風というイメージが強めの作家さんだけど、こういうハートウォーミング系も絶品だと思います。
湊さんの作品はまだそんなにたくさんは読んでないけど、どれも面白いという印象です。
この物語の主人公の高校生の男子が部活にどんどんのめり込んでいく様子(何かにハマっていく様子)にとても共感しました。
青春物語、キラキラ眩しいです。
爽やかな読後感でした。


作品紹介(Amazonより)--------------------------
湊かなえが初めて挑む、学園青春小説!

陸上の夢が潰えた僕は、まさかの放送部へ。

そこに居場所はあるか。

夢と友情、嫉妬と後悔。大人への反発。
湊かなえだからこそ書けた、心ふるわす新青春小説。
-----------------------------------------------------


【過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚



a0220528_22591640.png


by wakabanokimochi | 2019-01-11 00:01 | 読書 | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうございます♪
本年もよろしくお願いいたします。
今年も楽しいことをメインにやっていけたらいいなと思っております。


年末年始は友達のおうちでお世話になりました♪
大晦日はキョンちゃんち。
ここ数年、キョンちゃんちで年を越すのが恒例になっています。
キョンちゃんちの家族とおせち料理やお寿司や年越しそばを食べて、紅白とガキ使をザッピングしながら見て、パズルゲームやトランプをして、「これぞ、年越し!」という穏やかで平和な大晦日を満喫しました。
キョンちゃん、いつもありがとう。


お正月は、別の友だちのうちで麻雀をしました。
お正月に麻雀、これも「THE お正月!」という感じ♪
しばらくやっていなかったので、「どっち回りだっけ?」とか「何枚取るんだっけ?」とかドギマギしながら始めましたが、久しぶりにやると楽しい♪
またやりたいです。

いい感じでできあがりつつあるけど、ほかの人が先に上がって終わり。(しゅん……)

a0220528_23000273.jpg

リーチしてて、このあとイーソーをロンして勝ち♪

a0220528_23002245.jpg

リーチ一発ツモ、その上ドラが7つも乗って、倍満♪
こんなことはめったにないから楽しい……!

a0220528_23003755.jpg
a0220528_22591640.png


by wakabanokimochi | 2019-01-06 23:03 | 雑記 | Trackback | Comments(0)