ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

【読書】 パレード / 吉田修一

a0220528_20145963.png


★★★★<個人的好き嫌いを5段階で表示>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
都内の2LDKに暮らす男女四人の若者達。
本音を明かさず、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。
そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め……。
-----------------------------------------------

林遣都くん目当てで映画を先に鑑賞。
この作品の遣都くん、私、好きです。

遣都くんはさておき本の方の感想ですが、面白いです。
ルームシェアをする4人の男女のところに、謎の少年・サトルが転がり込んでくることでこの4人はふと気づきます。
一緒に住んでいながら、それぞれが本当はどんな人間でどんな本性を持っているのか、よく知らないということに。
でも、それはそれほど特別なことでなはくて、友達でも恋人でも家族でさえも、本音や本性の部分を全部さらけ出しているわけではありません。
この当たり前に使い分けている本音と建前の間に人間の闇が潜んでいたら?
お気軽で怠惰な若者たちの日常が淡々と描かれているようでいて、随所から立ち上る不穏さ。
その不穏さが、物語が進むににつれて濃くなっていくのが、ゾクゾクと怖いです。

吉田さんの描く、人が誰しも本質的に持っている闇の部分の激しさは、目を背けたくなるけど惹きつけられます。


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_00461056.png


[PR]
トラックバックURL : https://asakure.exblog.jp/tb/238658980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wakabanokimochi | 2018-07-16 20:31 | 読書 | Trackback | Comments(0)