人気ブログランキング |

【映画】 ドリーム



★★★★★<5段階評価>

あらすじ(映画.comより)-----------------
ソ連とアメリカの宇宙開発競争が繰り広げられていた61年、米バージニア州ハンプトンにあるNASAのラングレー研究所に、ロケットの打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループがいた。
なかでも天才的な数学の才能をもつキャサリンは、宇宙特別研究本部の計算係に抜てきされるが、白人男性ばかりのオフィス環境は、キャサリンにとって決して心地よいものではなかった。
一方、ドロシーとメアリーもそれぞれ、黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるが、それでも3人はひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなる。
-----------------------------------------

私の大好きなタイプの作品です♪

実話であるこの物語の主人公たちはふたつの壁と戦います。
ひとつは人種差別、もうひとつは女性蔑視。

1961年頃のアメリカはまだまだ黒人差別が色濃く、バスの座席、図書館、トイレ、オフィスなど、様々なものが白人専用と非白人専用に分けられていました。
人種差別が描かれた作品は今までにいくつも観たけど、また改めて理不尽な差別に憤りを感じました。
当時も今も、NASAといえば時代の最先端をいく組織だと思うのですが、そのNASAの中でさえ白人と非白人が区別されているのが衝撃でした。

黒人のうえに女性であることで、重要な会議に出席させてもらえなかったり機密情報を教えてもらえなかったりします。
そのせいで仕事がはかどらず、ロケットの打ち上げに支障が生じます。
組織のくだらないルールや慣習のせいで優秀な人材の能力を生かしきれないという、その理不尽さとか効率の悪さにもまたむかつきます。

だけど爽快なのは、そんなくだらない差別や悪しき慣習にずぶずぶの白人の同僚たちを、黒人の彼女たちが“才能”という武器で見返すところ。
その才能をみんなに見せつけるまでにも、白人だったらしなくていい努力を重ねなくてはならないのだけど、持ち前の明るさとポジティブさで乗り越えていくところが、とてもカッコよくて清々しい。

本当にクレバーな人はくだらない差別や区別にとらわれずに優秀な人を見いだせるんだなと、そういう人が少数でもいてくれるから、この世はまだ捨てたもんじゃないなと思えます。
この映画の中では、キャサリンの上司になるハリソン、宇宙飛行士のグレン、判事が公平な人だったからこそ、彼女たちがその実力を発揮できたのでした。

◆作品データ → 映画.COM

a0220528_22483823.jpg

a0220528_2248491.png

トラックバックURL : https://asakure.exblog.jp/tb/237892025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wakabanokimochi | 2017-10-17 22:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)