ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:英彦山 ( 2 ) タグの人気記事

<野営駐車場~北西尾根~英彦山中岳~英彦山南岳~英彦山中岳~表参道~稚児落し先の分岐~紅葉谷~野鳥の森観察路~野営駐車場>

登山ショップのアヤさんのお誘いで英彦山に行ってきました。
今回は「北西尾根」と呼ばれる、いわゆるバリエーションルートで登ります。
バリエーションルートの中でもわりとメジャーな道みたいだけど、「山と高原地図・福岡の山々」には載っていないルートです。
目印テープやケルンは少ないけど、踏み跡は比較的はっきりしています。
ただ、ガスったり雪で道が真っ白になったりしたらわかりにくいかも。

表参道に比べると足元は良くないし結構な急登もあったけど、面白さで言うなら断然こっち。
参道の石段登りは思いのほかしんどいもんね。
写真撮影したり景色を楽しんだり、アヤさんと二人で超のんびり山歩き。
おそらく通常の2倍くらいかけて歩いたのでタイムは参考になりません(笑)。

7時に別所駐車場で待ち合わせ。
登山口の野営駐車場にはトイレがないので、ここで軽く朝ご飯を食べて用を足してから野営駐車場へ移動。

7:25、準備を整えて入山。
町の施設なのか、たくさん立ち並ぶバンガローの中の階段を登って行きます。
a0220528_0522790.jpg

すぐに逃げられたけど2頭の鹿に出会いました。

5分もすると森歩きになります。
a0220528_0524771.jpg

これが結構な急登。
うん、面白い♪
森の空気は爽やかです。
a0220528_053433.jpg


8:00(35分経過)、野鳥観察路と北西尾根の分岐。
a0220528_0532247.jpg

観察路ではなくまっすぐ尾根を行きます。
ここからさらに急登。
落ち葉で滑って歩きにくいのでストックを使うことにします。

葉っぱに日の光が当たってきれい。
a0220528_0534366.jpg

a0220528_054041.jpg

a0220528_054152.jpg


キノコがびっしり生えた木。
a0220528_0543388.jpg

うひょ~、気持ち悪い(笑)。

朝の木漏れ日の中、落ち葉を踏みしめ歩きます。
a0220528_0545126.jpg


白く立ち枯れた木と紅葉。
a0220528_0551444.jpg

a0220528_0553013.jpg


ちっちゃい薄ピンクの花。
a0220528_0555060.jpg


唯一の難所、梯子場。
a0220528_056989.jpg

と言っても4段しかないけど。

梯子を登った先の紅葉。
a0220528_05639100.jpg

赤が鮮やかだった。

千本杉っていう場所かな?
立ち枯れた木がたくさんある殺伐とした風景が広がる。
a0220528_057281.jpg

遠くに中岳の社も見える。
a0220528_057229.jpg


10:00(2時間35分経過)、中岳の下の山頂標がある広場に到着。
a0220528_0574669.jpg

a0220528_058367.jpg

誰もいなくて貸し切り状態。
静かでいい♪

1本だけマユミがありました。
a0220528_0582272.jpg


ちょっと休憩して中岳から南岳に向かいます。
光の加減なのか、南側の方が紅葉鮮やかでした。
a0220528_0585020.jpg

a0220528_059717.jpg

a0220528_0592130.jpg


南岳途中から見た中岳の社。
a0220528_0594163.jpg

a0220528_10393.jpg


10:47(3時間22分経過)、南岳山頂。
a0220528_102313.jpg


中岳に引き返してお昼ご飯にします。
風はなくて、直射日光で暑いくらいの陽気でした。

11:56(4時間31分経過)、下山開始。
表参道を下ります。

もみじのグラデーション。
a0220528_1048100.jpg


産霊社の水場。
a0220528_11916.jpg

小さなゴミが浮いていて飲む気にはならないけど、水そのものは澄んでいてきれい。

オブジェみたいな倒木の根っこ。
a0220528_112911.jpg


苔むした倒木。
a0220528_114891.jpg


稚児落しのちょっと先に、野鳥観察路への分岐があるのでそれを行きます。
杉の木立の中を行くガレた道です。
a0220528_12729.jpg


杉の巨木の途中からさらに杉の木が生えていました。
a0220528_124085.jpg

枝ではなく、そこから芽吹いて成長した感じ。
自然の仕業は面白い。

13:16(5時間51分経過)、野鳥観察道入り口。
a0220528_133552.jpg

そちらに入ります。

ここからは、わりと長いことトラバースした道です。
a0220528_135653.jpg

森の中できれいなんだけど左側はけっこうな崖です。
滑落注意。

13:58(6時間33分経過)、登山口の野営駐車場まで無事戻ってきました。
a0220528_141891.jpg

本当にのんびりペースだったけど、その分たっぷり景色を楽しみました。
最初の急登でちょっと息が上がったくらいでほとんど疲れなかったし。
このくらいのペースでの山歩きもいいもんだね。
一人だとついせかせか歩いちゃうんだけど、こんな風に堪能する歩き方もあるんだなぁと新たな発見。
面白かった♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-10-25 01:09 | 登山 | Trackback | Comments(0)
<別所駐車場~泰幣殿~中津宮~中岳~北岳~中岳~南岳~材木岩~鬼杉~大南神社~三呼峠~玉屋神社分岐~泰幣殿~別所駐車場>

みーちゃんママも英彦山には登ったことがないというので、6月1日、二人で行ってみました。
くじゅうは山開きだけど人が多そうなので遠征です。
この1年はくじゅう連山ばかりに登っていたので、山登り2年目からはよその山にも積極的にチャレンジしようと思います。

地図やネットの情報を吟味して、ハード過ぎず楽過ぎずなルートをチョイスしたつもりだったのに、結構ハードな山行になってしまいました。
英彦山はどのルートを行ってもきついみたい。
私としてはいいトレーニングにはなったけど、みーちゃんママには少し無理させちゃったかな。(;゚Д゚)

この日もザックを重くして挑戦。
帰って重さを量ったら8キロありました。
これに水分と食料の重さを足すと10キロ超え。
これからはテント泊や縦走もしたいので、この重さにへばらない体力をつけなくては。

6:00頃に日田を出発して7:00ちょっと過ぎに別所駐車場に到着。
無料で、トイレもあるキレイな駐車場です。
ここで朝ごはんのパンを食べて準備をして、7:30頃、登山開始。

7:41、参道に向かう車道を10分ほど歩くと石段の参道に到着。
a0220528_16334741.jpg

おー、過酷そう(笑)。

石段を上がると、
a0220528_1634638.jpg

また石段。

その先には、
a0220528_16343841.jpg

さらに石段、マジか(笑)。
うわぁ、しんどい…。(/Д`)
すでに汗だく。
さすが修行の山。

7:55(25分経過)、泰幣殿に到着。
a0220528_1634559.jpg

ここまではスロープカーでも来ることができます。
この時間はまだ動いてないけどね。
登山の無事をお祈りして上を目指します。

この先も中岳までひたすら石段です。
石段じゃない所の方が少ない。
4分の3とか5分の4は石段。

途中、2ヶ所くらい鎖場がありました。
a0220528_1635147.jpg

といっても、鎖を使わなくても登れるくらいなので全然怖くないです。

道に咲く花や鳥のさえずりで気分を紛らわせながら、この過酷な道を登ります。

9:39(2時間9分経過)、中岳に到着。
a0220528_16353322.jpg

a0220528_16354830.jpg

社みたいなのはあるけど扉はしまってて倉庫みたい。
ちょっとだけ休憩をして北岳に向かいます。

中岳のすぐ下には山頂標と立派な休憩場所がありました。
a0220528_1636599.jpg


北岳への道は、いわゆる普通の登山道。
石段じゃないのがいい。

10:22(2時間52分経過)、北岳に到着。
a0220528_16363349.jpg

ここでお昼ご飯にします。

小さな祠があって、その後ろはロープが張られた禁足地になっています。
a0220528_16365431.jpg

豪華絢爛ではないけど霊験あらたかな雰囲気。

エナジー補給と休憩で元気が戻ってきたので中岳へ戻ります。
ちょっと下ったところで修験者さんと出会いました。
a0220528_16371379.jpg

本物の修験者さんを拝見するのは初めて!
ほら貝を吹いてくださいました!
写真撮影も快く承諾していただいて、貴重な体験をすることができました。
修験者さんは下駄履きで、必要最小限の荷物だけだったのに驚きです。
本当にここは修行の山なんだなぁ。

11:39(4時間9分経過)、南岳に到着。
a0220528_16373792.jpg

ここにも小さな祠がありました。
a0220528_16375897.jpg


ここから木材岩までの間、連続して鎖場が登場します。
a0220528_16381631.jpg

a0220528_16383477.jpg

1ヶ所だけ「うひょ~!」ってなる高度感のある鎖場があったけど、楽しい♪
下るんじゃなくて登りたかったなぁ!
鎖場を登るアクションが大好きなのです(笑)。

12:31(5時間1分経過)、木材岩に到着。
a0220528_16385626.jpg

噴出したマグマが急激に冷えたことでできた岩だそう。
ここは、この木材岩が不規則な階段状になった道でしかも急勾配。
登るのもきつそうだけど、下るのも気を遣う。
それにしても、自然のパワーってすごいな。

13:11(5時間43分経過)、鬼杉に到着。
a0220528_16391894.jpg

めちゃめちゃ太くて高く伸びた杉の木。

ここから大南神社方面に戻ります。
ちょっと登り返したらすぐにありました。
a0220528_16394024.jpg

神社という感じの建物ではないけど、岩にへばりつくように建てられているのがすごい。

ここから泰幣殿に向けて歩くんだけど、下ってはちょっと上り、下ってはちょっと上りで、体と心をじわじわと疲弊させる登山道(笑)。
帰り道なのに上り坂って、けっこうツライんだよなぁ(笑)。
ちょいちょい階段状になってて膝にくるし。

道に生えてたかわいい草。
a0220528_1640230.jpg

なんか形がキュート♪
こういうので気を紛らわさないとね(笑)。

14:06(6時間36分経過)、梵字岩への分岐に到着。
a0220528_16402311.jpg

ここから200メートル登ったところにあるそう。
看板によると、「高さ60メートルもそびえ立つ岩壁に、阿弥陀と大日と釈迦の三仏の梵字を直径3メートルの円内に彫刻したもので、弘法大師の仕業だといわれています」とのこと。

見たい!
すごく見たい!
でも200メートルも登らなきゃいけない…。
それも結構な急登。
山道の200メートルは平地のそれとはわけがちがうからねぇ…。
すごく見たいけど次回にとっとこう。
これで、また次も来る目標ができた(笑)。

また下ってはちょっと上りを繰り返し、
14:40(7時間10分経過)、泰幣殿まで戻ってきました。
あ~、着いたぁ~!
って言ってもまだなんだけどね。
もう石段を下るのはツライのでスロープカーで戻ることにします(笑)。
エアコンの効いたスロープカーは超快適♪
こうして、修行のような山行を無事終えました。

英彦山をちょっと侮ってた。
みーちゃんママはもう来なくていいって(笑)。
祖母山よりきつかったなぁ。
逆のルートの方がまだ良かったのかなぁ。
今度は逆で行ってみようかな。
梵字岩は絶対見たいので、もっとルートを吟味してまた来ようと思います。

疲れたけど、結局、楽しかったんだよな(笑)。
ツライのが楽しい。( 艸`*)
もっと体力をつけて立派な山女になるぞ~♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-06-02 16:49 | 登山 | Trackback | Comments(0)