ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:天狗ヶ城 ( 5 ) タグの人気記事

6/18(土)、貴重な梅雨の晴れ間、百さんと朝駆けで天狗ヶ城へ。
雲があったおかげで、それはそれは美しい幻想的な朝焼けを見ることができました。

ミヤマキリシマは、近くで見ると色が変わっていたり枯れ始めているけど、遠目ではまだまだキレイなピンクの絨毯でした。

それと、空気がやたらと澄んでいて、由布岳や阿蘇五岳がすっごく近くて、日頃は霞んでいるような遠くの山々までくっきりと見えました。
濃くなった山の緑が鮮やかでキレイだったぁ。(〃▽〃)

買ったばかりのミラーレス一眼でたくさん撮影したけど、練習不足で失敗もたくさん。(ノД`。)
まだまだ勉強が必要です。

今回は写真メインで。


04:17、夜明け前の真紅の空と由布岳。
a0220528_2152254.jpg

04:59、もうすぐ日の出。
a0220528_21533623.jpg

05:01、ご来光。
a0220528_2153566.jpg

雲が幻想的。
a0220528_21541591.jpg

御池の岩の上でくつろぐ百さんと天狗ヶ城。
a0220528_21543866.jpg

星生崎を見上げる百さん。
a0220528_2155270.jpg

西千里から見た星生山。ミヤマキリシマのピンクが張り付いていてキレイ。
a0220528_21552560.jpg

振り返ると久住山と星生崎。この景色が好き。
a0220528_21554946.jpg

ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木)の赤紫色がキレイ。
a0220528_21561132.jpg

色が薄いけど、これもベニバナニシキウツギなのかな?
a0220528_21563122.jpg

コケモモ(苔桃)はちっちゃくてカワイイ。ピントがイマイチ…。
a0220528_21565522.jpg

a0220528_21571365.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-19 21:58 | 登山 | Trackback | Comments(0)
<牧の戸登山口~沓掛山~天狗ヶ城(ピストン)>

みーちゃんママから誘われてブルームーンの中の山歩きをしてきました♪
ブルームーンって青みがかった月かと思ってたら、月に2回満月があることを言うんだって。
3年に一度しかないらしい。

仕事が終わってそのまま着替えてそのまま牧の戸登山口に直行。
日中は溶けそうなほどの暑さだったけど、日が沈んだ牧の戸はずいぶん涼しくなっていました。

19:50、牧の戸登山口を出発。
最初のコンクリ道は、涼しくなったとはいえちょっと歩くと汗だくです。

20:13(23分経過)、木々が覆い茂ったコンクリゾーンを抜けて沓掛山の手前に出たら、きれいな満月がぽっかりと浮かんでいました。
a0220528_1242395.jpg

デジカメなのでこのくらいの写真だけど、いきなり目の前に現れた満月にしばし見とれます。

国際宇宙ステーション(ISS)が、20:31に南西の方角を通過するというのも調べて来ていたので、沓掛山で待つことにします。
a0220528_12425279.jpg

岩に寝そべるようにして待っていたら、ひときわ明るい、金星くらいの明るさの点が動いているのを見つけます。
満月の明るい夜空を音もなく横切るそれがISSです。
あんな星みたいな点の中に人がいるんだなぁ。

さて、山歩き再開。
今月は初めての山なのでワクワクが止まりません。
ほどよく汗だくで、ほどよくしんどい、この不快感が心地いい(笑)。
「あー、山歩き楽しいなぁ!」としみじみ噛みしめながら歩きます。

21:45(1時間55分経過)、西千里浜。
久住山と星生崎のシルエット。
a0220528_12431083.jpg

地面を這うように薄いガスが覆っているのが肉眼では見えて、それがなんとも幻想的です。
そしてこのガスが冷蔵庫みたいにひんやりとしていて気持ちいい。

ヘッドライトを消して歩いても大丈夫なくらい明るいです。
月明かりと星空と静寂を満喫しながら歩きます。

22:33(2時間43分経過)、天狗ヶ城に到着。
a0220528_12432479.jpg

朝駆けで夜中から歩くことはよくあっても、こんな時間に山のてっぺんにいるのは初めてで、背徳感にも似た悦びを感じます(笑)。

夜の山は神秘的で、完全に日常から切り離されている感覚で、自分の中がいい意味で空っぽになる気がします。
違うな…、「山」でいっぱいになるのかな。
とにかく、よけいなことが吹っ飛ぶ気がします。

22:45(2時間55分経過)、岐路につきます。

00:50(5時間経過)、無事に牧の戸登山口まで下山しました。

次は中秋の名月にお団子を持って月見登山します♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2015-08-01 12:54 | 登山 | Trackback | Comments(0)
<牧の戸登山口~天狗ヶ城~中岳~池の小屋上の石のモニュメント~久住別れ避難小屋~星生山~扇ヶ鼻分岐~牧の戸登山口>

久しぶりの朝駆け、みーちゃんママと。
夜中なのに牧の戸の駐車場は車がたくさん。
曇ってはいるけど、薄っすら星が見えることも。

2:00、牧の戸登山口を出発。
真っ暗な中をヘッドライトだけで歩くのは冒険家になったようで楽しい♪
最初のコンクリ道はここの最難所だけど、歩を進めるごとにテンションも高まっていく。

大きな岩のある休憩スポットでちょっと立ち休憩。
ヘッドライトを消して空を見上げたら満天の星。
いつの間にか晴れてたみたい。

西千里に着いた頃にはまたガスが薄っすらと立ち込めてきた。
ここでヘッドライトを消して夜を感じるのが好き。
晴れているときは星生山と久住山の稜線が月明かりに浮かび上がって、空には星が瞬いて、風以外の音は聞こえなくて、大自然の中にポツリと佇んでいる自分に酔いしれるのが好き(笑)。
この日は、明かりを消したら漆黒の闇で、目を開けているのか閉じているのかわからないほどの闇で、その暗さに感動する。

4:00頃(約2時間経過)、御池と天狗ヶ城への分岐に到着。
日の出までまだ少し時間があるので、風を避けられる岩の陰で休憩。

4:28(2時間28分経過)、天狗ヶ城に到着。
a0220528_1481994.jpg

10人弱の人たちがすでにいて日が昇るのを待っていました。

それほど強い風が吹いているわけではないけどやっぱり寒い。
レインウェアを着込んで待機します。

少しずつ空が明るくなり始めます。
a0220528_1483665.jpg

残念ながら、空や雲が真っ赤に焼けるような日の出は見られませんでした。
ただ、澄んだ冷たい空気の中で目覚め始めた鳥の声を聞きながら少しずつ明るくなる空を見るのは格別です。
やっぱり朝駆けは気持ちいい。

5:11(3時間11分経過)、空に劇的な変化は起きそうにないので中岳へ移動することにします。

天狗ヶ城と中岳の鞍部辺りで真っ赤な太陽が顔を出しました。
a0220528_1485312.jpg

a0220528_149228.jpg


5:33(3時間33分経過)、中岳に到着。
a0220528_149159.jpg

ここは通過するだけで東側に下ります。

ところどころにミヤマキリシマがまだ咲いていました。
a0220528_149287.jpg

a0220528_1493722.jpg


鳴子山でオオヤマレンゲを見るはずだったんだけど、道を遮るように覆っている草木が前日の雨で濡れていて、鳴子山に着く頃には全身びしょ濡れになること間違いなしだったので取り止めに。
中岳の麓で朝ご飯にします。

東側から見上げた中岳。
a0220528_1494818.jpg

濃い緑の夏の山の色。

コケモモ(苔桃)がいーっぱい咲いていました。
今が見頃。
a0220528_1410122.jpg


池の小屋から石のモニュメントに向かいます。
池の小屋の上から見た天狗ヶ城と御池。
a0220528_14101625.jpg


6:51(4時間51分経過)、石のモニュメントに到着。
a0220528_14103098.jpg

何か書いてあるけど判読不能。
慰霊碑か何かかしら?
ここに来るのは初めて。

ここから見る星生山はまた雰囲気が違う。
荒々しくてカッコイイ。
a0220528_14104324.jpg


マイズルソウ(舞鶴草)の群生地のようです。
a0220528_14105615.jpg

ボケた…。
花はほとんど終わっていました。

久住別れ方面に歩いている途中、すぐ近くでウグイスが鳴いていました。
a0220528_1411976.jpg

ズームしてこれが精一杯。

ウグイスやらカッコウやら、朝はいろんな鳥がさえずっています。

7:38(5時間38分)、久住分かれの小屋でトイレ休憩をして星生山に向かいます。

星生崎から見た星生山の稜線。
a0220528_14112332.jpg

この岩の稜線を歩いて行きます。
ひとりだとちょっと怖い岩歩き。
わざわざ怖そうなルートを選んで歩きます(笑)。

8:15(6時間15分経過)、星生山に到着。
a0220528_14114611.jpg


硫黄山側にある火口跡(?)。
a0220528_14121055.jpg

天狗ヶ城からだと白く光って水が溜まってるように見えたけど白い砂地のようです。

岩と緑とミヤマキリシマのピンク。
a0220528_14122435.jpg


9:49(7時間49分経過)、扇ヶ鼻分岐まで下りてきました。
ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木)が満開でした。
a0220528_14123969.jpg


シロドウダン(白満天星)とベニドウダン(紅満天星)もたくさん咲いていました。
a0220528_14125637.jpg

a0220528_1413834.jpg

a0220528_14132081.jpg

小さな鈴みたいな花がたわわに咲いていて、何度見てもかわいい花だなぁ。

11:03(9時間03分経過)、牧の戸登山口に無事下山。

このあと猟師山にオオヤマレンゲを見に行く予定だったんだけど、私の膝が悲鳴を上げてしまって断念。
鳴子山にも行かなかったし、今年もオオヤマレンゲには会えませんでした。(ノД`。)

右の膝がヤバイです。
最近はサポータを着けて歩くようにしてて、前回・前々回は大丈夫だったんだけど今回はダメだった。
さっそく膝痛の薬を飲み始めました。
1ヶ月飲んで改善しなかったら病院に行ってみるかなぁ。
膝痛、困った!
山登りが楽しめなくなるなんて、本当に困る。
[PR]
by wakabanokimochi | 2015-06-22 14:17 | 登山 | Trackback | Comments(0)
まずはワカバの本棚を更新しました。
・猫を抱いて象と泳ぐ / 小川洋子
・屋根屋 / 村田喜代子
・蔦重の教え / 車浮代


<牧の戸登山口~中岳~天狗ヶ城~沓掛山~牧の戸登山口>

週末は登山日和だという天気予報。
明日の日曜日はみーちゃんママと黒岳に行く予定にしているけど、土曜日の快晴ももったいない。
なので、一人で中岳までちょろっと朝駆けに行くことにしました。
ウォーミングアップと紅葉具合の確認。
山はかなり色づいてました。
そして、登山客も多かった。

早朝3時過ぎに牧の戸登山口に到着。
駐車場にはけっこうな台数の車がすでに停まっている。
紅葉シーズンの週末だもんね。

3:25、準備を整えて出発。
気温はかなり低い。
温度計は見なかったけど5℃は下回ってるだろうな。
満天の星と三日月を見ながら最初のコンクリ道を喘ぐ。

気温は低いけど風がほとんどなくて歩きやすい。

5:13(1時間48分経過)、御池に到着。
a0220528_20572390.jpg

まだ真っ暗。

5:33(2時間08分経過)、中岳山頂に到着。
a0220528_2058065.jpg

向こうの空が赤くなってる。
実際に目で見た色はもっと赤だったんだけどうまく写真に写らない。

山頂にはすでに5・6人がいました。
天狗ヶ城にも三俣山にも大船山にもヘッドランプが見える。

じっと座ってると寒い!
レインウェアの下にフリースとダウンジャケットを着込む。
ネックウォーマーも必須。

a0220528_20581996.jpg

a0220528_20583331.jpg

ご来光。
a0220528_20585734.jpg

a0220528_20591150.jpg

雲の具合もなんかいい。
a0220528_20592848.jpg


雲海から頭を出す由布岳。
a0220528_20594550.jpg


山頂は人が増えてわやわやしていたので天狗ヶ城に向かうことにします。

霜柱みたいなのを見つけた。
a0220528_210521.jpg

寒いはずだ。

6:50(3時間25分経過)、天狗ヶ城山頂。
a0220528_2102419.jpg

こっちから見る中岳の山容もいいね。

草の陰で風を避けながら朝ご飯にします。
a0220528_2104315.jpg

この下の小山のところには下りられるんかな?

ご飯を食べてちょっとだけ休憩したら下ります。
天狗ヶ城側から見た御池。
a0220528_211361.jpg


西千里から振り返る久住山と星生崎。
a0220528_2112458.jpg

a0220528_2114033.jpg


星生山の北西側の斜面。
a0220528_212158.jpg

赤や黄色がキレイ。

道沿いの紅葉。
a0220528_2122175.jpg

a0220528_2124030.jpg

a0220528_2125883.jpg

a0220528_213192.jpg


何度も通っているのに沓掛山の山頂標まで行くのは実は初めて。
a0220528_2133728.jpg

沓掛山からの紅葉。
a0220528_2135786.jpg


9:25(6時間経過)、無事下山。

それにしても今日は登山客が多い。
すれ違う人数も多かったし、登山口も人でごった返していました。
駐車場は満車で、筋湯へ抜ける林道の路駐もいっぱいでした。
紅葉シーズン到来です。
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-10-18 21:08 | 登山 | Trackback | Comments(0)
台風17号の行方が心配だったけど、いい天気になった!
山登り日和です。
この前、途中で引き返してしまった由布岳に行こうかとも思ったんだけど、由布岳だけじゃこの “登りたい欲求” を解消できる気がしないし、地図を見ていたら久住山周辺のまだ行ったことのない山に行きたくなってきたので、中岳~天狗ヶ城に行くことにしました。
余力があれば稲星山か星生山にも行きたいな。

朝6:20、牧ノ戸登山口を出発。
9月の牧ノ戸の朝はさすがに肌寒い。
うちだって、朝晩はかなり涼しいもんね。

心臓破りの坂をてくてく歩く。
少ししんどい。
でも爽やか。
あー、この感じを味わいたかったんだとワクワク感が止まらない(笑)。

登山関係の色々をネットで調べていたときに、「ストックはなるべく使わない方が歩き方が上達」するっていうのを読んだので、今日は持参はしているけど足が辛くなるまで使わないことにします。
道具に頼ると脚力がつかないし、歩きやすい歩き方を模索しなくなるって。
なるほどね。

6:37、沓掛山手前の展望台に到着。
この沓掛山が実はちょっと苦手。
ちゃちなハシゴがちょっと怖い。
とはいえ、4回目ともなると恐怖心も薄れるね。

7:30、扇ヶ鼻の分岐に到着。
小休憩でタバコを一服。

花がたくさん咲いていて楽しい。
a0220528_23292578.jpg

このピンクの花が一番多くて目立ってました。
名前がわからん…。
早く花の本を買おう。

7:55、久住分かれの避難小屋に到着。
このまま中岳を目指します。

中岳の最後の岩場が、この前、初めて一人できたときはちょっと怖かったけど、今日はそんなでもなかった。
慣れた?
この、“慣れ” がきっと危ないよね。

そして、8:30、中岳のてっぺんに到着。
a0220528_0264674.jpg

2時間10分ならまぁまぁか。

ここで持ってきた地図を広げて次にどこを目指すか確認。
で、私の方向音痴が発揮される(笑)。
たぶんアレが稲星山で、たぶんアレが天狗ヶ城のはずだけど、ホントか??
地図をグルグル回しながら辺りも見回す。
そんなこともあろうかと思って、コンパスも買ったんだなぁ037.gif
コンパスと合わせて確認完了。
稲星山に行っちゃおうかな、どうしようかなぁ。
そう思っていたら、稲星山の向こうから黒い雲がモクモク上がりだした。
雨が降る雲かなぁ。
雷とか鳴ったらいやだなぁ。
思案している間に風も出始めた。
やめた、天狗ヶ城にしよう。

9:00、中岳を出発。
来た道を途中まで下って、天狗ヶ城に向かう。
が、下からだと頂上付近は断崖絶壁に見える。
まさか、あれを登るのか?
とりあえず行けるところまで行って、無理そうだったら引き返してくればいい。
歩き進めると、断崖絶壁を迂回する形で登山道があった。
これなら行けそう。
登りは黙々と必死だから気づかないんだけど、ふと我に返ると結構な急坂の岩場を登っていることを認識する。
下を見ると、あら、かなり怖い感じ。
急に恐怖心に襲われる。
下を見るから怖い、とにかく登れ、と気持ちを鼓舞してひたすら登る。

“怖い” と思う要因っていうのはいくつかあって、まず、単に高いところだから。
次に、この先がどんな道なのかわからない不安感。
私みたいな初心者が来ちゃって大丈夫だったかなっていう心配。
一人で登っていると特に、そういうのがごちゃ混ぜになって “恐怖心” になっちゃう。
冒険に憧れる小心者だからね(笑)。

とかなんとか言いながら、9:14、頂上に到着。
a0220528_0274510.jpg

羽アリみたいな虫がワンワン飛んでいたので、休憩することなくそのまま下山。
久住分かれ方面に下る。

この下りの道が歩きにくい。
久住山のガレ場をさらに急坂にして、さらに石をゴロゴロさせた感じ。
かなり慎重に下る。
9:32、久住分かれに到着。

さて、星生山にはここから行くはずなんだけど、道しるべらしきものがない。
地図を確認すると確かにここからになってるんだけど、ペンキのマークも見当たらない。
んー、どうしよう。
誰かに聞こうかと思ったけど、ちょうど周りに人がいない。
んー、どうしよう。
西千里浜まで戻って、そこから登ろうか。
とりあえず、西千里浜まで行くことにしよう。

西千里浜までの道中を星生山を見ながらグルグル考えて、星生山には今度行くことに決めました。
扇ヶ鼻分岐→星生山→久住分かれってルートで歩けば、久住分かれからの道の確認にもなるし。
うん、そうしよう。

でも、このまま帰る気にはならない。
溜まっていた “登りたい欲求” はまだ満たされてない。
なので、扇ヶ鼻に行くことにしました。

10:10、扇ヶ鼻分岐に到着。
そしたらちょうど、5・6人のおばちゃん集団が扇ヶ鼻の方に上がって行った。
これは面倒臭い感じだなぁ。
ということで、小休憩することに。

10:38、扇が鼻に到着。
a0220528_0281921.jpg

ここでやっとお昼ご飯。
今日は、ランチパック。
a0220528_23424412.jpg

標高が高いせいで袋がパンパン。

赤川方面からガスが上がってきて、動かずに座っていると、まぁ、寒い。
これからどんどん寒い季節になっていくんだなぁ。
早く雪山にも登ってみたい012.gif

11:10、扇ヶ鼻を出発。
帰りは花の写真なんかを取りながらのんびり帰ろう。

これもよく見たピンクの花。
a0220528_23313982.jpg


これはリンドウかな?
a0220528_2332868.jpg


何かの赤い実。
a0220528_23324041.jpg


ワレモコウもたくさん咲いてました。
a0220528_23332294.jpg

この花、なんか好きやわ~。

これはネットで調べてわかった、アキノキリンソウ、たぶん…。
a0220528_23335543.jpg


これはフクオウソウかな?
a0220528_23343139.jpg

雌しべだか雄しべだかがシュッシュって出てて面白い。

花がたくさんでかわいいのに名前がわからんなぁ。

登っているおじさんに「こんにちは~」と挨拶したら、「朝駆けですか?」って聞かれた。
朝駆け??
って、なんじゃ??
頭の中が高回転を始めて、たぶん、朝日を見るために暗い内から登ることをいうんだと、瞬時に勝手に判断。
「いいえ~、朝駆けではないんですよ~」と知ったかぶりでにこやかに答えてみた(笑)。
帰ってネットで調べたらやっぱりそうだった。
よかった。

朝駆けもしてみたいな。
そのために、ヘッドランプも買ったしね。

最後の膝壊しの坂がツライ。
つらいけどストックは使わずに済んだ。
そして、12:25、無事に牧ノ戸登山口に帰ってきました。

ご褒美のブルーベリーソフト。
a0220528_23364342.jpg

全行程約6時間。
初山は天狗ヶ城だけだったのが残念だけど、なんかまたちょっとだけ成長した気がする。
ストックを使わずに歩き方を意識したし、沓掛山もあまり怖くなくなったし。
もっともっとたくさんの山に、もっともっと登りたい。



晴れのち曇り
牧ノ戸登山口(6:20)→沓掛山(6:37*気温:16℃)→扇ヶ花分岐(7:30)→久住分かれ避難小屋(7:55*気温21℃)→中岳頂上(8:30)→中岳頂上(9:00)→天狗ヶ城(9:14)→久住分かれ(9:32)→扇ヶ鼻(10:38)→扇ヶ鼻(11:10)→牧ノ戸登山口(12:25)

[PR]
by wakabanokimochi | 2013-09-06 23:50 | 登山 | Trackback | Comments(0)