ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ロシアGP ( 3 ) タグの人気記事

4/30に行われたロシアGPの録画をやっと見ることができたので、簡単に感想だけ。

ベッテルは悔しい2位という結果に。
途中から、ボッタスに優勝させてあげてもいいなぁという気にもなりながら見たんだけど、最後のデッドヒートの結果はやっぱり悔しかった。

今回はフリー走行も予選もフェラーリの調子が良くて、ベッテルとライコネンがフロントローを独占。
ワクワクしながら見ていたら、スタート直後に3グリッド目のボッタスが、ライコネンとベッテルの横をすり抜けてトップに躍り出る。Σ(゚Д゚ノ)ノ
その後、ベッテルはずっとボッタスを追いかけていたんだけどなかなか差は縮まらず、周回数残り2周目くらいでやっとタイム差1秒以内に入る。
バックマーカーに捕まるボッタスをDRSで追い詰めようとするベッテル。
最終周回、周回遅れのマッサ、ボッタス、ベッテルの順番で走っているなか、最後のDRSゾーンでボッタスがマッサを抜き、続いてベッテルもDRSで仕掛けようとしたんだけど、思いがけずマッサが邪魔な位置にいて仕掛けられず、結局そのままチェッカー・フラッグ。

優勝・ボッタス、2位・ベッテル、3位・ライコネン。

マッサがあそこにいなかったらベッテルが前に出てたかもしれないと思うと、なんだか釈然としないけど仕方ない。

初優勝のボッタス。
今まで大きな実績は残せずにきたドライバーだけど、メルセデスという速いマシンを手に入れてこれから本領発揮していくのかも。
初優勝でもはしゃぐわけではなく、闘志を内に秘めた感じがクールで、それでいて嬉しそうな控えめな笑顔がカワイイ♪
ライコネンもそうだけど、フィンランドの男たちはクールなのかしらね。
表彰台のライコネンを久しぶりに見たけど、超クール♪
ベッテルは悔しいだろうけど穏やかな顔をしてた。(〃▽〃)

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

次回はスペインGP 予選:5/13(土)、決勝:5/14(日)


<写真:ESPN F1:表彰台で笑顔を見せるバルテリ・ボッタスとセバスチャン・ベッテル>
a0220528_1639722.jpg

a0220528_16392239.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-05-09 16:42 | F1 | Trackback | Comments(0)

2016 F1 ロシアGP

前回の中国GPは地震のせいでちゃんと見ることができなかった。(ノД`。)

今回の予選。
メルセデスが相変わらず好調だったけど、Q3でハミルトンがトラブルのために走ることができず。
フェラーリはメルセデスには及ばないもののいい走り。
そんな中、ボッタスが3番グリッド獲得。
2位タイムをを出したベッテルは、ギアボックスを交換したためにペナルティで5グリッド降格。

決勝。
スターティング・グリッド、
1.ロズベルグ
2.ボッタス
3.ライコネン
4.マッサ
5.リカルド
6.ペレス
7.ベッテル
8.クビアト
9.フェルスタッペン
10.ハミルトン
11.サインツ
12.バトン
13.ヒュルケンベルグ
14.アロンソ
15.グロージャン
16.グティエレス
17.マグヌッセン
18.パーマー
19.ナッセ
20.ウェーレイン
21.ハリアント
22.エリクソン

スタート直後、ロズベルグはいいスタートでトップを守った。
ライコネンもボッタスをかわして2番手に。
ベッテルも良くてインにグッと入る。
そのまま第2コーナーで各車団子状態になり、クビアトが後ろからベッテルに軽く追突する。
後方ではヒュルケンベルグと数台が絡む接触があり、カオス状態。

追突されながらも態勢を立て直したベッテルに、またもやクビアトが後ろから追突。
2回目はちょっと激しくて、バランスを崩したベッテルはそのままウォールに衝突、リタイヤ。

開始早々でベッテルがいなくなってかなりショック!( ̄ロ ̄lll)
ベッテルもかなり怒っていて、無線でピー音が入るくらいの悪態をついていました。

10番グリッドからのスタートだったハミルトンは、スタート直後の前方でのアクシデントに巻き込まれることなく4番手まで上がってくる。
その後も少しずつ順位を上げて最終的には2番手まで浮上する。

ライコネンはいい走りをしていたんだけど、グイグイ上がってくるハミルトンを抑えることができず。

ボッタスもいい走りだったけど、チームの作戦ミスがあり、表彰台には上がれず。

結果、優勝・ロズベルグ、2位・ハミルトン、3位・ライコネン

これでロズベルグの獲得ポイントは100になり、2位のハミルトンとは43ポイント差。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:ラップをまとめようと懸命なセバスチャン・ベッテル(予選)>
a0220528_20425376.jpg

a0220528_2038096.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-05-03 20:43 | F1 | Trackback | Comments(0)

2015 F1 ロシアGP

予選当日、午前中のフリー走行でサインツが大クラッシュし病院に搬送されたとのこと。
大きな怪我はなく、本人自らTwitterを更新するなど元気なよう。

予選、アロンソはQ1敗退、バトン、マッサはQ2で敗退。
Q3でタイムの更新合戦が繰り広げられて、ロズベルグ、ハミルトンが1位・2位、ボッタス健闘で3位に食い込む。
4位ベッテル、5位ライコネン。

【決勝】
スターティンググリッド、
1.ロズベルグ
2.ハミルトン
3.ボッタス
4.ベッテル
5.ライコネン
6.ヒュルケンベルグ
7.ペレス
8.グロージャン
9・フェルスタッペン
10.リカルド
11.クビアト
12.ナッセ
13.バトン
14.マルドナード
15.マッサ
16.エリクソン
17.スティーブンス
18.メリー
19.アロンソ
20.サインツ

前日に大クラッシュしたサインツは何事も無く決勝に出場。

このサーキットは路面が特殊でタイヤがあまり減らないとのこと。
タイヤ交換時のオーバーカットも望めないので、スタートが大事だそう。

そして、スタート!
ロズベルグ、ハミルトンともいいスタート。
ターン1でハミルトンが一瞬ロズベルグの前に出るが、ターン2でロズベルグがもう一度トップに戻る。
ターン2でライコネンがボッタスをかわし2番手に。
その直後、後方でヒュルケンベルグとエリクソンがクラッシュ、セーフティーカーが入る。
単独スピンしたヒュルケンベルグをエリクソンがよけきれずに突っ込んでしまった。
フェルスタッペンも絡んでいたようで、リアタイヤがパンク。

この時点での順位、
1.ロズベルグ
2.ハミルトン
3.ライコネン
4.ボッタス
5.ベッテル
6.ペレス
7.クビアト
8.リカルド
9.バトン
10.ナッセ
13.アロンソ

3周目、セーフティーカーがはけてリスタート。
ボッタスがあっさりとライコネンを抜いて再び3番手に浮上。

5周目、ロズベルグからチームに、トラブルを訴える無線が。
スロットペダルのトラブルのよう。

6周目、5番手のベッテルが前のライコネンを激しく攻める。

7周目、ハミルトンがトップに出る。
マシンを思うように制御できなくなったロズベルグはここでリタイヤ。
このリタイヤの影響力はデカイ。
ロズベルグは現在チャンピオンシップ2位だけど、このレースでのベッテルの順位しだいで3位に落ちる可能性がある。
チームランキングにも影響する。
ロズベルグの茫然自失ぶりが痛々しい。

12周目、グロージャンが単独クラッシュ。
緩衝材の壁に激しく衝突してマシンは大破。
ここで2回目のセーフティーカー。
それにしても、あれだけのクラッシュでドライバーにダメージがないって、F1マシンはスゴイ。

中盤勢はこのタイミングでぞくぞくタイヤ交換。
トップ集団は交換せず。

順位の整理。
1.ハミルトン
2.ボッタス
3.ライコネン
4.ベッテル
5.クビアト
6.ナッセ
7.マッサ
8.マルドナード
9.ペレス
10.アロンソ

16周目、セーフティーカーがはけてリスタート。
ベッテル、激しくライコネンを攻める。
接触寸前のバトル。
ライコネンがコース外に押しやられた形でベッテルが前に出る。

24周目、ボッタスを追いかけるベッテル、その差は1.5秒。
26周目、ボッタスとベッテルの差が1秒を切った。
27周目、タイヤ交換に入るボッタス、11番手でコース復帰。
これでベッテルが2番手に。

31周目、ベッテル、タイヤ交換、ボッタスの前、6番手でコース復帰。
32周目、ライコネンもタイヤ交換に入るが、ボッタスの後ろ、8番手でコース復帰。
33周目でハミルトンがタイヤ交換、35周目でナッセがタイヤ交換に入って、見た目の順位が本当の順位になった。

ここで整理、
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ペレス
4.リカルド
5.ボッタス
6.ライコネン
7.サインツ
8.クビアト
9.バトン
10.マッサ
11.アロンソ

バトン、アロンソも健闘中。

36周目、ライコネンは接触寸前の激しい攻めでボッタスを追う。

45周目、リカルドをかわしたボッタス、4番手に。
48周目、ライコネンもリカルドをかわす。
49周目、そのリカルド、マシントラブルのようでコース脇にマシンを止めてリタイヤ。

52周目、ボッタス、ライコネンがペレスを追う3位争い。
1回目のセーフティーカーのタイミングでタイヤ交換をしたペレスは、そろそろタイヤがきつい。
どうにか頑張ろうとするペレスだけど、ボッタス、ライコネンに立て続けに抜かれてしまう。

ボッタスを執拗に追うライコネン。
53周目、ファイナルラップ、後ろから攻めたライコネンがボッタスに接触。
火花を散らしてコースアウトするボッタス。
なんとか走り続けるライコネンも火花を散らしてスローダウン。
このアクシデントで、さっき2台に抜かれてしまったペレスが再び3番手に浮上。

ハミルトンは独走状態で1位フィニッシュ、ベッテル・2位、ペレスが3位でチェッカー。

ライコネンは5位でフィニッシュしたけど、ボッタスとの接触でペナルティーを課せられ8位に降格。
これにより、メルセデスのチーム優勝が確定した。

ベッテルはポイントランキングで2位に浮上。
3位のロズベルグとの差は7ポイントだからすぐにひっくり返る可能性はあるけど、なんとかこのまま頑張ってもらいたい。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


<写真:ESPN F1:キミ・ライコネンのインを突くセバスチャン・ベッテル>
a0220528_174125.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2015-10-15 17:44 | F1 | Trackback | Comments(0)