ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ライブ ( 4 ) タグの人気記事

a0220528_21472813.jpg

夜行バスを使った弾丸スケジュールでライブに行ってきました♪

今回はファンクラブ限定のライブだったのでセットリストはマニアックだし、メンバーはリラックスしててイチャイチャ・キャッキャしてたし、ゲスい下ネタや愛ある米子disりしたり、と楽しさ満載♪
ちょうど2時間ぐらいとちょっとだけ短めだったけど、お茶目な部分と超絶カッコイイところを同時に見られた濃縮ライブでした。

吉井さん、くるくるパーマネントで素敵だった…。( 艸`*)
座席が10列目だったので、メンバーの表情まではっきり見えて、幸せな時間だったなぁ…。('-'*)

コアなとこでは『不愉快な6番街へ』と『Song For Night Snails』をやってくれた!
「歌いにくいキーをメンバーが変えてくれた」って。
それと、『O.K.』のアコースティックバージョンがめちゃめちゃカッコよかった!
一番レアだったのは、エマとアニーがモンキーの前にいたバンド、キラーメイの『Fuckin' with a Virgin』をやったことでしょう。
これもアコースティックだったけど、すごくよかった♪

カッコよかったぁ、素敵だったぁ、踊ったぁ♪(〃▽〃)


<セットリスト>
01.不愉快な6番街へ
02.SUCK OF LIFE
03.赤裸々GO!GO!GO!
04.LOVERS ON BACKSTREET
05.See-Saw Girl
06.NAI
07.O.K
08.Song For Night Snails
09.Fuckin' with a Virgin
10.Neurotic Celebration
11.イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
12.パール
13.バラ色の日々
14.太陽が燃えている
15.ALRIGHT
--アンコール--
16.Ziggy Stardust
17.DRASTIC HOLIDAY



早朝5:50に米子駅に着いてライブ開場は16:30。
時間はたっぷりあるので夕方まで観光しました。
仕事終わりでそのままバスに乗ったので、とりあえずお風呂に入りたい。
皆生温泉に早朝から入れるところがあったので路線バスで行きました。
海沿いにある温泉なのでほんのりしょっぱいお湯でした。
海を見ながら入れる展望風呂もあり、朝から最高♪
a0220528_2148054.jpg


そのあとは境港の水木しげるロードへ。
寂れた港町だけど、逆にそれがノスタルジー。
a0220528_21485064.jpg

a0220528_214925100.jpg

あちこちに妖怪。
a0220528_21495741.jpg

a0220528_21502064.jpg

a0220528_21504472.jpg

猫娘電車は中も猫娘。
a0220528_21511328.jpg

a0220528_21514081.jpg

a0220528_21515967.jpg

a0220528_21522054.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-10-10 21:58 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(2)
イエローモンキーのホールツアー、大分公演に行ってきました♪

大分県は昔から、「客のノリが悪いからアーティストがライブをしたがらない」という噂というかまことしやかに言われているんですが、今回のライブはそんなこと全然なかった!
すごい大盛り上がりで、オーディエンスの「待ってました!」感で満ち溢れていました。
ホールはアリーナと比べたら格段に狭いキャパなのでステージと客席の距離も程よくて、会場全体の一体感がとても気持ちよかったです。

セットはシンプルだけど、悲しきASIAN BOYのときに“THE YELLOW MONKEY”の電飾が下りてきて、あれを見ると毎回「ホントにモンキーが復活したんだ…!」ってグッと胸に迫るものがあって、客席全体も「うお~!」って盛り上がって熱かった!

セットリストは、アリーナのときよりよりコアになっていて、ファン心を思い切りくすぐられました♪


<セットリスト>

1.Subjective late show
2.ALRIGHT
3. ROCK STAR
4. I Love You Baby
5. VERMILION HANDS
6. 聖なる海とサンシャイン
7. FOUR SEASONS
8. SHOCK HEARTS
9. 審美眼ブギ
10. Foxy Blue Love
11. SLEEPLESS IMAGINATION
12. パンチドランカー
13. SWEET&SWEET
14. 太陽が燃えている
15. SUCK OF LIFE
16. FATHER
17. 砂の塔

--アンコール--

18. JAM
19. バラ色の日々
20. 悲しきASIAN BOY

a0220528_22473621.png

a0220528_22474966.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-12-11 22:50 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(0)
a0220528_22164221.jpg

熊本城二の丸広場で行われたライブイベントに行ってきました。

熊本城の敷地は地震の被害のために立入禁止で、天守閣は遠くから眺めることしかできません。
周りに点在する櫓はいくつか近くで見ることができ、崩壊した石垣などを目の当たりにしました。

正面から見た未申櫓。
a0220528_22172910.jpg

後ろ側(横側?)は崩壊していました。
a0220528_22175573.jpg

馬具櫓も石垣が崩れて、ほとんど宙に浮いている状態。
a0220528_22182190.jpg

完全に修復できるまで長い年月がかかるようですが、早く元の状態に戻ればいいなと思います。

少しでもお金を使うぞ!と、まずはソフトクリームをいただきます。
a0220528_22184679.jpg
濃厚でうんまい!
あと、くまモンのピンバッチも買いました♪
今、ピンバッチにハマっているのです。(*'-^*)
ショボいお金の使い方で申し訳ない…。


開場1時間前の13:00くらいにイベント広場に到着。
座席エリアの抽選にはハズレたので、入場自由の芝生エリアで観覧します。

晴れた秋空と爽やかな風の中、家族連れやお年寄りのご夫婦や友達同士などたくさんの人たちが芝生にレジャーシートを広げてお弁当を食べたりしていて、なんだかとってものんびりしたいい雰囲気でした。
私もレジャーシートを広げて、コンビニのおにぎりとパンを片手に読書しながら開演を待ちます。
なんだかとっても気持ちいいぞ♪

ライブはたくさんの観客で盛り上がりました♪
芝生エリアからは遠くて吉井さんのお顔はちゃんと見えなかったけど、佇まいと歌声に大満足です。

「今はイエローモンキーで活動してますが、せっかくソロでここに来たのでソロの曲をやります。ほかの出演者のようにヒット曲はありませんが(笑)」
と言って、『シュレッダー』と『LOVE&PEACE』をアコースティックで。
そのあとは浜崎貴司さんと一緒にモンキーの『LOVE LOVE SHOW』を。

今年は3回も吉井さんに会えた♪
12月にまたライブがあるから4回も会える♪(〃▽〃)

イベント直後。
a0220528_22192621.jpg

a0220528_22205585.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-10-30 22:23 | 吉井和哉 | Trackback | Comments(0)
イエローモンキー時代から、12月28日に武道館にて毎年恒例で行われていた特別なライブ。
今年から地方を巡る形で行われることになり、その記念すべき第1回目がマリンメッセ福岡でした。
年末の東京遠征はなかなか厳しくて、まだ1回しか参加したことがなかったこの年末ライブに行ってきました。
a0220528_22345528.jpg

福岡でも雪がちらつく寒い日だったけど、ライブは熱かった!
久しぶりに会った吉井さんは、相変わらず男前で、時々見せる笑顔が優しくて、汗だくで歌う表情は妖艶で、とにもかくにもカッコよかった016.gif

マリンメッセのあとにzepp福岡で行われた『吉井忘年会』には行けなかったけど、本編の方をセットリストとともにレポートします。

◆◆◆

SEでベートーヴェンの第九をアレンジしたものが流れ始めると音量が大きくなり、観客も手拍子が一体化したりしてボルテージが上がり始める。
で、吉井さんはじめ、メンバー登場!
夢の時間の始まり。

1.Romantist Taste
オープニングでこの選曲!
一気に盛り上がる!
「君と僕は過去と未来よりも強く強く結ばれて 未来永劫 出会い続ける」

2.楽園
初っ端からモンキーナンバー2曲連続とか、今までになかったパターン。
いい意味で驚かせてくれるわぁ。

3.点描のしくみ

<MC>
「元気でしたか、福岡、九州!」
「吉井スーパーライブへようこそ!」(はにかみ笑顔)
「毎年武道館でやっていた年末ライブを、今回からデリバリーしてやります」(笑い)
詳しくは覚えてないけど、最初のあいさつと、楽しんでいってくださいってお話。

4.SIDE BY SIDE
この曲はライブで時々やるけど、アルバムだと地味目に聴こえるのにライブだとアガるなぁ。

5.BLACK COCK'S HORSE
大好きな曲。
これもライブ映えする曲。

6.花吹雪

7.HEARTS
曲の頭が流れただけで胸がキュン!ってなる。
そのくらい好きな曲。

<MC>
「なんか忘れてるなぁと思っていたら、ストリングス!」
「師走になるとクラシカルな楽器がキュンとくる」
「ストリングスを連れてきました」
と言って、ステージ後方の、他のメンバーより一段高い所でスタンバッている村田ストリングスのみなさんを紹介。
「クリスマスは終わったけど、吉井和哉の数少ないクリスマスソングを聴いてください」

8.バッカ
ストリングスが加わったバッカはゴージャス。

9.BEAUTIFUL
私はあまり好きじゃない曲だけど、ストリングスの伴奏でめっちゃカッコよかった。
この曲のPVのように、まるで教会で聴いているような荘厳さ。

<MC>
「ここでもうひとり、ゲストを紹介します」
と言って、フラメンコギタリストの沖さんが登場。
それから、1998年にスペインで見た宗教画に感銘を受けたという話。
そのイメージで書いたと言ったのか、そのイメージに近い曲と言ったのかよく覚えてないんだけど、「『球根』を聴いてください」

10.球根
沖さんのフラメンコギターとストリングスの共演で、すごく分厚くてかっこいいアレンジになってた。

11.シュレッダー
これもストリングス始まり。

12.マンチー
曲調がガラッと変わってアゲアゲナンバー。

13.WEEKENDER
ライブ定番曲。
大盛り上がり。

14.LOVE LOVE SHOW
ああ、なんか、『PUNCH DRUNKARDツアー』のことを思い出してしまった。

15.WINNER
この曲をライブでするのは珍しくない?

誰にだって未来は希望と不安が基準
泥がついた手を洗う 優しい匂いの石鹸


あからさまな応援歌は吉井さんには似合わないと思っていたけど、あからさまな応援歌が胸に沁みる。

<MC>
「イエローモンキー解散のときは東京ドームでやったけど、福岡ドームでもやりたかった。
結局できなかったから、今日はその借りを返そうと思う」
「来年は製作に入る予定」(会場からは歓声)
「来年はまた “ 野良犬 ” 吉井和哉になるぜ!」(正しい文言は覚えてないけど、野良犬ってキーワードは確か。そして、歓声)

16.WELCOME TO MY DOGHOUSE
これが生で聴けるとは!
客のテンションは最高潮に!

17.SUCK OF LIFE
マジか!?
この曲が生で聴けるとは!!
さっきが最高潮と思っていた会場のボルテージは、MAXを突き抜けてトランス状態。
しかも、いつもエマとやっていたあのエロい絡みをバーニーと!
たぶん、唇と唇がくっついてた!

18.ビルマニア
曲の途中で花火がドカン!
ツアーライブにはないド派手な演出。

<MC>
ここで沖さんが再登場。

19.血潮

<一旦、退場>

3分くらいで再登場。

20.HIKARETA
うわ、マニアックな選曲。
しばらく聴いてなかったんでうろ覚え(笑)。

21.星のブルース
またもやマニアック。
私はカラオケでよく歌うけど。
悲しくてなんか好き。

22.SO YOUNG
ああ、さっきMCで言ってた「借りは返す」ってこういうことかって、ちょっと思った。

23.FINAL COUNTDOWN
これもすっかりライブ定番曲。
これが始まると、ああ、ライブが終わっちゃうって少し寂しくなる。
曲の途中で紙テープがドカン!

<MC>
「30代の中頃は冬の時代だなって思ってて、冬なんてない方がいいなって思ってたけど、今になるとその冬の頃の歌が歌いたくなって。冬があるのもいいもんだなって思えるようになった」
もっとなんか言ってたと思うけど覚えてない。
「これからも吉井和哉をよろしく!」みたいなことは言ってたと思う。

24.FLOWER
あからさまじゃない方の応援歌。
“ 短いが美しい時を繋ごう ” と心から思った。

<終了>
最後、恒例の写真撮影をしたけど、アリーナ席しか写ってないな、たぶん。

特別なセットは組まれてなかったけど、シルバーのドラムやスピーカーを積み重ねてる棚(?)に間接照明のように光が当てられて、それが幻想的だった。
レーザービームで天井をキラキラさせたり、そういう、演出だった。
吉井さんの衣装は、黒のスーツに、中は豹柄っぽいシャツ。

◆◆◆

『LOVE LOVE SHOW』と『SO YOUNG』はイエローモンキー時代のPUNCH DRUNKARDツアーでやった曲で、PUNCH DRUNKARDツアーはマリンメッセだったから、これは偶然じゃなく狙ってるんだろうなって思った。
特に『SO YOUNG』は禊の曲のような気がしてて(私が勝手に思ってるだけだけど)、それを敢えてやることが「借りを返す」ことになるのかなって。
いろんなことを勝手に考えてしまいました。
「やりたい曲だけをやる」と言ってた吉井さん。
ファン心をくすぐる選曲にしびれました。

年末、日々の慌しさに追われてイラッとしちゃうこともあったけど、吉井さんのおかげでエナジーチャージができた。

限定販売の “ 吉井うまい棒 めんたいこ味 ”
a0220528_2243028.jpg

味は普通のうまい棒。

と、『FINAL COUNTDOWN』のときの飛んできた紙テープ。(紙じゃないけど)
a0220528_22441253.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2013-12-29 22:57 | 吉井和哉 | Trackback | Comments(0)