ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:モナコGP ( 3 ) タグの人気記事

2016 F1 モナコGP

予選。
Q1、前回のスペインで優勝したフェルスタッペンは、クラッシュしてしまいタイムが出せず。

Q2、アロンソはQ3に進出。

Q3、一度コースに出たハミルトンだったが、マシンのトラブルですぐにピットインする。
今シーズンはマシントラブルに泣かされるハミルトン。
残り6分半でコースに出て、時間ギリギリ1回だけのアタックで3番手タイムを出す。
トップはダントツの速さでリカルド。


決勝は雨。
レース開始直前にセーフティーカー(SC)スタートであると発表される。

スターティング・グリッド
1.リカルド
2.ロズベルグ
3.ハミルトン
4.ベッテル
5.ヒュルケンベルグ
6.サインツ
7.ペレス
8.クビアト
9.アロンソ
10.ボッタス
11.ライコネン
12.グティエレス
13.バトン
14.マッサ
15.グロージャン
16.マグヌッセン
17.エリクソン
18.パーマー
19.ハリアント
20.ウェーレイン

フェルスタッペンとナッセはピットスタート。
ライコネンは予選順位は6位だったけど、ギアボックスの交換で5グリッドダウンのペナルティ。

水煙を上げながらSC先導でレースが始まる。
クビアトがマシントラブルでリタイヤ。

4周、5周走ったところでドライバーたちから無線で「路面は大丈夫だからレースを始めようぜ」という声が聞こえ始める。

7周目終わりでSCがはける。

リスタートしてすぐマグヌッセンがクラッシュ。
VSC(バーチャル・セーフティーカー)発動。

10周目、VSC解除。

ハミルトンがずーっとロズベルグの後ろにくっついてプレッシャーをかける。

インターミディエイトタイヤに交換したバトンとナッセが続けてファステストを出す。
まだ雨はやんでいないし路面は濡れているけどタイヤの換え時なのかも。

12周目、グロージャンとライコネンが接触。
フロントウィングを脱落したライコネンは、それを引きずりながら走ってピットに戻りリタイヤ。

13周目辺りからタイヤ交換ラッシュ。
フェルスタッペン、ベッテル、アロンソがインターミディエイトに交換。
メルセデスはまだピットインしない。

16周目、ハミルトンがロズベルグをかわす。
ハミルトンの方がペースがいいのでオーダー(ロズベルグが前を譲った)じゃないだろうかとのこと。

マッサの後ろを走るベッテル、ピッタリくっついてプレッシャーをかけるも抜けない。

20周目、ピットスタートだったフェルスタッペンはガンガン抜きまくって12番手まで順位を上げてきている。

21周目、ロズベルグ、マッサ、タイヤ交換。

24周目、リカルドがタイヤ交換、2番手でコース復帰。

順位の整理、
1.ハミルトン
2.リカルド
3.ロズベルグ
4.ペレス
5.ベッテル
6.ヒュルケンベルグ
7.サインツ
8.アロンソ
9.グティエレス
10.バトン

リカルドはハミルトンの後ろにジワジワと迫ってきた。

32周目、ハミルトンがようやくタイヤ交換、2番手でコース復帰。
ロズベルグもタイヤ交換、少しミスがあって8番手復帰。
ベッテルも交換、7番手復帰。

33周目、リカルドがタイヤ交換。
が、ここでピットクルーの大きなミス!
交換用のタイヤが用意されていなくて10秒以上もピットに留まってしまった。
コース復帰は鼻の差でハミルトンの後ろになってしまう!
もったいない!
この作業ミスがなければ余裕でトップでコース復帰できていたし、トップを走ってれば優勝の可能性大だったのに!
リカルド、ハミルトンをせっつくように攻めるけど抜けない。

35周目、フェルスタッペンがクラッシュ、リタイヤ!
ここまで順調に順位を上げて10番手を走っていたのに!
VSC発動。

順位の整理、
1.ハミルトン
2.リカルド
3.ペレス
4.ベッテル
5.アロンソ
6.ロズベルグ
7.ヒュルケンベルグ
8.サインツ
9.バトン
10.グティエレス

リカルドはハミルトンを、ベッテルはペレスを執拗に追いかけるけどなかなか抜くことはできない。

このあと、ザウバー同士の接触やコース上に異物が落ちていたりして2回VSCが発動される。

そして、上位陣に大きな順位の変化はなくチェッカー・フラッグ。
優勝・ハミルトン、2位・リカルド、3位・ペレス

ベッテルは4位。
マッサが10位に入賞。
マクラーレン・ホンダがダブル入賞。

今シーズン初めての優勝に大喜びするハミルトンとは対照的に、ぶすっと不機嫌なリカルド。
そりゃそうだ、可哀想になる。

リカルドのことは今まで好きでも嫌いでもなかったけど、表彰式の彼のインタビューを見て俄然好きになった。

こういうチームのミスで優勝を逃したときって、誰もが当然不機嫌になるし、インタビューの受け答えも素っ気なくて周りが気を遣っちゃうようないたたまれない雰囲気になるのが普通。
リカルドもずっと不機嫌な顔をしていたんだけど、インタビューのときは、「チームのミスについては話したくない(ムカついてるから)。だけど、こんな雨の中で応援してくれたファンのみなさん、ありがとう」って観客に笑顔で手を振っていた。
なんてジェントルなの!
チームのミスはチームの問題だし、ムカついてるのは自分の問題で、レースを楽しんでくれたお客さんには関係のないことだし、イヤな雰囲気にするのは違う、って考えてるんじゃないかな。
あの状況であの笑顔はなかなか出せるもんじゃない。
精神的にすごく大人。
ベッテルの次に好きになりました。(〃▽〃)


次回はカナダ、6月12日・予選、13日・決勝。

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:ソフトタイヤでレース走るセバスチャン・ベッテル>
a0220528_23351166.jpg

<写真:ESPN F1:喜ぶルイス・ハミルトンと浮かない顔のダニエル・リカルド>
a0220528_2335426.jpg

a0220528_23355911.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-05-30 23:41 | F1 | Trackback | Comments(2)

2015 F1 モナコGP

【予選】
Q1
前回のスペインGPで4位だったボッタスがノックアウト。

Q2
ベッテルがトップタイムを出しても、ロズベルグに塗り替えられてしまう。
だけど、ハミルトンはマシンの不調を訴えて3番手順位。
アロンソはマシントラブルでストップ。
バトンは12番手でノックアウト。

Q3
ハミルトン 1:15.304
ロズベルグ +0.136
ベッテル  +0.545

ロズベルグは2回目のアタックでミスって途中でやめる。
ハミルトンは1回目のタイムを塗り替えて、1:15.098
Q2で不調とか言ってたのに好調じゃん。


【決勝】
スターティンググリッド
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.リカルド
5.クビアト
6.ライコネン
9.フェルスタッペン
10.バトン
13.アロンソ

17歳のフェルスタッペンが9番手につけてるのがスゴイって、右京さん。

市街地コースで抜けないモナコ、スタートが大事。
ベッテル、ロズベルグをかわそうとトライするけどそこはロズベルグのガードが堅い。
ハミルトンもいいスタート。
クビアトがリカルドをかわして順位をひとつ上げる。
ヒュルケンベルグがアロンソに接触し、ノーズを壊してしまう。
審議に入って、アロンソに5秒ストップのペナルティ。

2周目、3周目ともハミルトンがファステスト。

狭いコースを疾走するオンボードカメラの映像の迫力がすごい。

6周目、8番手争いでマルドナードを追いかけるフェルスタッペン。
勢い余ってフェルスタッペンのノーズがマルドナードのタイヤに接触してしまう。
そのあと、うまくスペースを見つけてオーバーテイクするフェルスタッペン。
若さで果敢に攻める。

ハミルトンは独走、ロズベルグとの差、2.2秒。
ロズベルグとベッテルの差、1.9秒。

19周目、先頭集団が周回遅れのマシンに追い付き始めた。
周回遅れのマシンは先頭集団に道を譲らなければならないけど、コースが狭いのでゴチャゴチャする。
このゴチャゴチャのドサクサに紛れて前に行けたらいいのに、ベッテル。

29周目、クビアト、タイヤ交換、9番手でコース復帰、バトンの前に出る。

30周目、フェルスタッペン、タイヤ交換。
手間がかかって、7番手から13番手まで順位を落とす。

4番手争いで、5番手のライコネンが執拗にリカルドを追う。

33周目、アロンソ、タイヤ交換、5秒ストップのペナルティも消化して9番手でコース復帰。

37周目、ベッテル、タイヤ交換、4番手でコース復帰。
リカルドもタイヤ交換、6番手復帰でクビアトの後ろに出る。

前のリカルドがいなくなったライコネン、ここぞとばかりにスピードアップ。

38周目、ロズベルグ、タイヤ交換、ベッテルのギリギリ前でコース復帰。
タイヤの温まってないロズベルグを追い立てるベッテル。

この周、ライコネンもタイヤ交換、リカルドの前でコース復帰。
ハミルトンもタイヤ交換、余裕でトップでコース復帰。

ここで順位の整理。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.クビアト
5.ライコネン
6.リカルド
7.ペレス
8.バトン
9.アロンソ

43周目、アロンソ、マシントラブルでまたストップ。
9番手を走っていたのにもったいない!残念!

48周目、フェルスタッペンが2回目のタイヤ交換、スーパーソフトを装着。

61周目、10番手争いのグロージャンとフェルスタッペン。
ポイントが取れるか取れないかの瀬戸際争いだから2台とも必死。
ここに、先頭集団のベッテルが迫ってくる。
周回遅れのグロージャンとフェルスタッペンはベッテルを前に行かさなければいけない。
グロージャンがベッテルに道を譲るタイミングに乗じて、フェルスタッペンも前に行きたい。
だけど、そうは問屋が卸さない。
グロージャン、うまくベッテルだけを前に行かせてフェルスタッペンはブロックする。
ここから一騎打ち。
グロージャンを突っつくんじゃないかというほどの激しい攻めの17歳、逃げるグロージャン。
面白いバトル。
フェルスタッペンが抜く!と思った瞬間、フェルスタッペンの左フロントタイヤがグロージャンのマシンに接触して激しいクラッシュ。
スピードが落ちないまま、壁の緩衝材に激突するフェルスタッペン。
思わず声が出た。
心配になるほどの激しいクラッシュだったけど、無線で「I'm OK」とのこと。
大事に至らずによかった。
若さゆえの危なっかしさはあるけど、勇猛果敢な17歳に心奪われた。

ここでバーチャルセーフティカーが入る。
メルセデスのピットが準備を始める。
このタイミングで何台かのマシンがタイヤ交換に入って、ハミルトンも2回目のタイヤ交換。
これが運命を狂わせる。
おそらくチームの計算ミスで、トップを余裕で走っていたハミルトンは3番手でコース復帰という、ありえない事態に。
ここは抜けないモナコ、前の2台をかわしてトップに返り咲くのはかなり難しい。

セーフティーカーを先頭に走るマシンの隊列を見て、どうしてハミルトンが3番手にいるのか、何が起きたのか、困惑する解説席。
ベッテルも、当のハミルトンも、「何が起きたんだ!?」と無線で言うほどの当惑ぶり。

セーフティーカーが入ってゆっくり走らなければならない時って、タイヤの温度が下がり過ぎないようにマシンを左右に揺らして走るんだけど、激しくマシンを揺らすベッテルが、思いがけず2番手に上がれて「ひゃっほー!」って喜んでるようにしか見えない(笑)。

71周目、セーフティーカーがはけてリスタート。
ベッテル、ロズベルグをかわそうと頑張ったけど無理だった。

スーパーソフトを履いたハミルトンは激しくベッテルを追い立てる。
マシン的にはハミルトンの方が有利だけど、そう安々と前に行かせるわけがないベッテル。

73周目、DRSが使えるようになって、さらに執拗にベッテルに襲いかかるハミルトン。
普通のコースだったら抜けるんだろうけどね。

74周目、「抜けないよ」と無線で弱音を漏らすハミルトン。
心が折れかけたハミルトンに後ろのリカルドが迫る。

小さなミスが命取りとなるギリギリのバトルにハラハラする。

そして、ロズベルグが余裕のチェッカー・フラッグ。
逃げ切ったベッテルが2位、失意のハミルトンが3位。
バトンは8位。

波乱のモナコ、面白かった♪
あと、今後のフェルスタッペンも目が離せなくなりました。

表彰式でのハミルトンの落ち込みようがかわいそうなほど。
棚ぼたで優勝したロズベルグは、ハミルトンを気遣って控えめに喜んでいるのに、嬉しさとニヤけを抑えきれないベッテルがかわいい(笑)。
いや、たぶん、彼なりに抑えてるつもりなんだよ。
だけど抑えきれずに溢れだしてる(笑)。

ハミルトンに「どのくらいガッカリしてるか?」と訊くインタビュアー、「来年頑張る」と答えて立ち去るハミルトン。
ロズベルグも「運が良かっただけ」と謙遜のコメントをして、表彰式全体が微妙な空気になる中、「I'm happy!」と笑顔で無神経な発言をするベッテルに萌えたわ(笑)。
叩かれることの多いベッテルだけど、誰がなんと言おうと関係ない、速いマシンで速く走りたいだけ、という永遠の少年のような彼にさらに惚れ直しました。(〃▽〃)


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:フェラーリメンバーにシャンパンをおすそ分けするベッテル>
a0220528_224539.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2015-05-26 22:17 | F1 | Trackback | Comments(2)

F1 2014 モナコGP

【予選】

Q1
クビアトがクラッシュして黄旗が振られ、そのあともエリクソンとマッサが接触。
マッサはタイムを出していたのでQ2に進出する。
いつものようにハミルトン・ロズベルグのメルセデス2台が好タイムを出す中、ベルニュがトップタイムでQ2に進む。

Q2
ここでもメルセデス2台が好調。
ベッテルがじわじわとタイムを出して3位で通過。

Q3
終盤に事件は起きる。
暫定1位のタイムで走るロズベルグ。
そのロズベルグを追うハミルトンは、時間的に最後のアタックに挑戦していた。
そのとき、前を走るロズベルグがブレーキミスでエスケープゾーンにコースアウトしてしまい黄旗が振られる事態に。
黄旗が振られた区間では減速が義務付けられているので、必然的に後続のマシンはアタックを中止しなければならず、これによりロズベルグはポールポジションを獲得する。

その後、ロズベルグが故意にミスをしたのではないかという疑惑の声が上がったために競技委員会が審議を行うが、故意である証拠がないという結論が出る。
が、ハミルトンをはじめ数人のドライバーはロズベルグを避難するコメントを発表している。

ただでさえ確執が起こりやすいチームメイト同士なのに、このことによりロズベルグとハミルトンの溝は深まったよう。


【決勝】

他のコースに比べてかなり特殊なモナコだから、何か大番狂わせみたいなことが起きるんじゃないかと期待大。
が、いざレースが始まってみるとやっぱりメルセデスの独走。

4番グリッドからスタートしたベッテルは、4周目でいきなり失速。
ピットで調整してレースに復帰するが、続けてギアのトラブルが起きてリタイヤしてしまう。

若いドライバーが果敢にオーバーテイクするシーンもあり見ごたえはあったけど、なんだかなぁ、あんまりワクワクしないレースだったなぁ。
上位チームの手に汗握る攻防戦みたいなのが見たいのに、メルセデスがぶっちぎり過ぎてねぇ。

可夢偉は20番グリッドからのスタートだったけど、粘りの走りと、リタイヤするマシンが続出したこともあって13番手まで順位を上げる。
が、シケインでビアンキに追突されたことによりマシンにダメージを受け、完走はしたものの13位に終わる。

残り10周あたり、リカルドが前のハミルトンに迫る走りを見せるが及ばず。

結果、1位・ロズベルグ、2位・ハミルトン、3位・リカルド

なんだか色々と遺恨を残すレースだった。

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-05-27 15:33 | F1 | Trackback | Comments(2)