ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:ベルギーGP ( 4 ) タグの人気記事

2016 F1 ベルギーGP

約1ヶ月の夏休みが明けて後半戦の一発目となるベルギーGPは、見どころいっぱいの白熱したレースでした。

スターティンググリッド、
1.ロズベルグ
2.フェルスタッペン
3.ライコネン
4.ベッテル
5.リカルド
6.ペレス
7.ヒュルケンベルグ
8.ボッタス
9.バトン
10.マッサ
11.グロージャン
12.マグヌッセン
13.パーマー
14.サインツ
15.ウェーレイン
16.ナッセ
17.オコン
18.グティエレス
19.クビアト
20.エリクソン(ピットレーンスタート)
21.ハミルトン
22.アロンソ

ハミルトンがパワーユニット交換によるペナルティで最後尾スタートが決まっているなか、ロズベルグがポールを獲得。
フェルスタッペンが2番グリッドと大健闘。
アロンソは予選でノータイムだったので最後尾。
エリクソンは冷却系のトラブルでピットレーンスタート。

スタート!ベッテルがやらかした!
ライコネン、ベッテルはいいスタートを切ったんだけど、ライコネンをかわそうと前に出かけたベッテルがグイッとインに入りすぎてライコネンに接触、反動でスリップしてしまう。
同じタイミングで、ライコネンをインからかわそうとしていたフェルスタッペンが、ベッテルに押されたライコネンのマシンに押されてフロントウイングを脱落。
ライコネンは2台のマシンに挟まれてマシンを損傷。
この3台が最後尾まで落ちてしまう。

ワヤワヤしている間にロズベルグは難なく独走状態。

1周目終えての順位、
1.ロズベルグ
2.ヒュルケンベルグ
3.リカルド
4.マッサ
5.グロージャン
6.ボッタス
7.サインツ
8.ペレス
9.パーマー
10.マグヌッセン

2周目、
サインツが右リアタイヤをバーストして、ピットに戻ることができずにリタイヤ。
バーチャル・セーフティーカー、導入。

3周目、バトンがウェーレインに後ろから追突されて2台ともリタイヤ。

5周目、マグヌッセンがタイヤバリヤに激突する大クラッシュ。
マシンが大破するほどのクラッシュに一瞬騒然とするが、自力でマシンから降りてきた。
少し足を引きずりながら歩いていたので心配だったけど、のちに大きな怪我はしていないとの情報が。
よかった。

この事故でセーフティーカーが入るが、すぐに赤旗中断となる。

この中断中に、フェルスタッペンがスタート直後の接触のことをホーナーに訴えている様子が放映されてたけど、一生懸命説明するフェルスタッペンを見るホーナーの顔が優しくてキュンとした(笑)。
私、ホーナーのお顔もけっこう好きなのです。( 艸`*)

レース開始早々にアクシデント続出でてんやわんやしたけど、レース再開後は大きな混乱はなく進みました。
ただ問題だったのは、フェルスタッペンがライコネンに対して妨害にも見える走りをしたことでしょうか。
12周目、
フェルスタッペンをかわそうと並んだライコネンを、コース外に押し出すようにブロックしたフェルスタッペン。
無線でライコネンがピー音が入る言葉で文句を言ってました。
さらに、フェルスタッペンの真後ろについてもう一度仕掛けようとするライコネンを、フェルスタッペンが妨害するようにブロック。
この行為でもライコネンは怒ってました。
見ていて、フェルスタッペンの動きはフェアじゃないと感じました。

このサーキットは抜きやすいコースらしく、ベッテルが着実にオーバーテイクして順位をあげていったり、21番グリッドからスタートのハミルトンがグングン順位を上げていったり、見ていてワクワクするレース展開でした。
高速サーキットなので、早回しかと見まごうくらいマシンが速くて迫力満点で、ここのレースは本当に面白いです。

最初のあの接触がなければベッテルはどこまで行ってたのか、残念です。

結果、優勝・ロズベルグ、2位・リカルド、3位・ハミルトン。
ベッテル6位、アロンソ7位、ライコネン9位。

後ろから2番めに位置から表彰台に上がったハミルトンはやっぱりスゴイ。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:タイヤをロックアップさせるベッテル(予選)>
a0220528_15141268.jpg

レッドブルの代表・クリスチャン・ホーナー
a0220528_15144965.jpg

ホーナーの写真を探していたら見つけた、
少年のベッテル(かわいい♪)と青年のライコネン(カッコイイ!)
a0220528_15161763.jpg

a0220528_15163676.jpg

a0220528_15172441.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-08-30 15:19 | F1 | Trackback | Comments(0)

2015 F1 ベルギーGP

【予選】
Q2
ライコネンがマシントラブルでノックアウト。

Q3
ハミルトン 1:47.197
ロズベルグ 1:47.655

メルセデス2台だけ47秒台、圧倒的な速さ。
健闘のボッタス 1:48.537
ベッテルは振るわず、1:48.825で9位。


【決勝】
スターティンググリッド
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ボッタス
4.ペレス
5.リカルド
6.マッサ
7.マルドナード
8.ベッテル
9.グロージャン
10.サインツ
11.ヒュルケンベルグ
12.クビアト
13.エリクソン
14.ナッセ
15.スティーブンス
16.ライコネン
17.メリー
18.フェルスタッペン
19.バトン
20.アロンソ

フォーメーションラップの途中、ヒュルケンベルグが無線でマシントラブルを訴える。
ピットに戻るかと思われたがそのままグリッドにつく。
グリッドについてからやっぱり走れないとの合図。
再フォーメーションラップとなる。
ヒュルケンベルグはピットスタート。
サインツもトラブルを訴えてピットスタート。

仕切り直しでスタート!
各車、きれいなスタートだけど、ロズベルグが出遅れた。
2番手に上がったペレスがハミルトンに並ぼうかという勢い。
が、ここはハミルトンが抑える。
ベッテルも順位を上げた。

1周目終えての順位。
1.ハミルトン
2.ペレス
3.リカルド
4.ボッタス
5.ロズベルグ
6.ベッテル
7.マルドナード
8.グロージャン
9.マッサ
10.エリクソン

2周目、マルドナードが出力を失ったようでスローダウン、リタイヤ。

トップを走るハミルトン、連続でファステストを塗り替える。

8周目~10周目くらいの間、中盤勢のタイヤ交換ラッシュ。

10周目の順位。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.ライコネン
5.リカルド
6.ペレス
7.グロージャン
8.ボッタス
9.クビアト
10.マッサ

ここまで、興奮するようなわかりやすいバトルはあまりなく、静かな攻防なので淡々とレースが進んでいる感じ。

11周目、ボッタスがタイヤ交換に入ったが、ミディアムタイヤを装着するはずが右リアだけソフトタイヤを履かせるという、前代未聞のミスが起きる。
ドライブスルーペナルティを課せられる。

12周目、ライコネン、タイヤ交換。

13周目、ロズベルグ、タイヤ交換、3番手でコース復帰。
復帰直後、後ろから来たペレスがロズベルグをかわそうと攻めるけどかわせず。

14周目、ハミルトン、タイヤ交換、2番手復帰。
まだタイヤ交換をしていないベッテルがトップを走ってるけど、ハミルトンがすぐに追い付いてきて余裕を見せるのがなんだかイヤミだわ(笑)。

15周目、ベッテル、タイヤ交換、6番手復帰。

順位の整理。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ペレス
4.リカルド
5.グロージャン
6.ベッテル
7.ボッタス
8.クビアト
9.マッサ
10.ライコネン

20周目、グロージャンの無線にチームから「ストラトセブンでペレスをかわせ」と指示が入る。
これに対して川井さんが、「ストラトセブンは違反だろ~」と憤慨してた。
が、私にはストラトセブンの意味がわからず。
ネットで調べてもわからなかった。
なんなんだ、ストラトセブン…。

グロージャンは指示通りペレスをかわす。

21周目、リカルドがマシントラブルでスローダウン、ホームストレート入口でストップしてしまう。
後続車に追突されかねない場所でヒヤリとする。
バーチャルセーフティーカーが入る。

このタイミングで、グロージャン、マッサ、ライコネン、フェルスタッペンがタイヤ交換に入る。

ちょこちょこと順位の入れ替えはあるけど、ほとんどがタイヤ交換のタイミングなので、あまりエキサイトしないな。
順位の整理。
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.グロージャン
5.クビアト
6.ペレス
7.マッサ
8.ライコネン
9.フェルスタッペン
10.エリクソン

28周目あたり、ベッテルが無線でチームと1ストップか2ストップかで言葉をかわす。
ベッテルは1ストップ(このままタイヤ交換せずに最後まで走りたい)でいきたそう。

31周目、ハミルトン、タイヤ交換。
32周目、ロズベルグ、タイヤ交換。

36周目、おそらく1ストップに決めたベッテルにグロージャンが後ろからじわじわ迫ってくる。

37周目、クビアトがライコネンをかわす。
ペレス、マッサ、クビアトの激しい5番手争いが勃発。
マッサを執拗に攻めるクビアト、逃げるマッサ。

38周目、ベッテルとグロージャンの差が1秒を切った。
タイヤが古いベッテルの方が不利だけど、うまくグロージャンを抑えてるベッテル。
逃げて!このまま逃げ切って!

40周目、残り5周、ベッテルとグロージャンの差が0.5秒まで縮まった。
見ていてハラハラする。

クビアトがようやくマッサをかわして6番手に。

41周目、クビアト、ペレスもかわして5番手まで浮上。

42周目、残り2周、ベッテルはこのまま3位でゴールできるんじゃないかと期待を膨らませたところで、グロージャンに対してチームの無線で「ストラトセブンでベッテルをかわせ」との指示が入る。
またストラトセブン!
川井さんが憤慨するくらいだから、なんか卑怯な手に違いない!(`Д´)
負けるなベッテル!
手に汗握りながら2台の動向を見守っていたその時!
ベッテル、まさかの右リアタイヤがバースト!
嘘でしょ!! Σ( ̄ロ ̄lll)
このままリタイヤでノーポイント。
マジか…。

呆然としているうちにレースが終わってしまった。
結果、優勝・ハミルトン、2位・ロズベルグ、3位・グロージャン。

レース後にベッテルは、タイヤ提供をしているピレリに抗議をしたらしいけど、タイヤのせいなのか1ストップ作戦が無謀だったのか…。
ベッテルも言っているように、バーストしただけでクラッシュにはならなかったから良かったものの、場所が悪ければ大事故につながっただろうから不幸中の幸いではあるけど、それにしてもこのノーポイントは痛い!


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


<写真:ESPN F1:ドライバーズパレードに向かうセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソ>
a0220528_22123444.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2015-08-25 22:22 | F1 | Trackback | Comments(0)

2013 F1 ベルギーGP

F1の夏休みが終わった♪
ベルギーから後半戦がスタート☆

まずは予選。

Q1、雨が降ってる。
なんでも開始直前に降り出したんだって。
路面のコンディションがどう変わるかわからないので、普通なら1回か2回しか走らない上位陣も最初から走り続ける。
残り10分くらいになった頃、雨脚が弱まって濡れている所と乾いている所が混在する状態に。
それでも上位陣はなんなくQ2に進出。

Q2、雨は止んでほぼドライの路面状況。
Q1では2分02秒台といタイムだったけど、ドライになってタイムが縮む。
残り8分、ライコネンが1:49.323というタイムを出したかと思えば、ベッテルが1:48.833、続いてアロンソが1:48.309と、ポイント争い上位陣のタイムの塗り替え合戦が面白い。
最後のアタックでライコネンが1:48.296を出す。

Q3、各車がコースに出たらまた雨が降り出した。
みんなドライタイヤを装着していたので、1周走っただけでピットに戻りインターミディエイトタイヤに交換して仕切り直し。
一番最初にタイムを出したディ・レスタが2:02.332。
少しずつ雨が強くなっているので、その後のマシンは2分4秒台・5秒台のタイムしか出せない。
このままだとディ・レスタがまさかのポールってこともありえる!?
最初の走行での順位は、
1.ディ・レスタ
2.ロズベルグ
3.マッサ
4.ハミルトン
5.バトン
6.ウェバー
7.グロージャン
8.ベッテル
9.ライコネン
10.アロンソ

みんなそのまま2回目を走って、
1.ロズベルグ(2:02.251)
2.ディ・レスタ
3.バトン
4.グロージャン
5.ライコネン
6.アロンソ
7.マッサ
8.ハミルトン
9.ウェバー
10.ベッテル

この順位だと大波乱だぞと思っていたら、ベッテル・ウェバー・ハミルトンだけ時間的に間に合って最後のアタックに出た。

で、ウェバーが2:01.325でトップと思ったら、ベッテルが2:01.200で塗り替えて、ハミルトンが2:01.012とさらに塗り替えてきた。
最後の最後で面白いわぁ。
予選のハミルトンは速いね。


さて、決勝。
天気は曇り、気温19℃、路面温度25℃、44周のレース。
右京さんの解説では、1ストップでもいけるけどデータ的には2ストップの方が速いって。
ピットストップが少ないってことはコース上のバトルが見ものになるってことだから面白そう。

スターティンググリッドは、
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ウェバー
4.ロズベルグ
5.ディ・レスタ
6.バトン
7.グロージャン
8.ライコネン
9.アロンソ
10.マッサ

シグナルが消えて各車スタート!
ハミルトンはいい出だし。
ウェバーが少し遅れて6番手まで後退。
バトンが4番手まで浮上。
ケメル・ストレートでベッテルがハミルトンをかわしてトップに!
ハミルトンも抜き返そうとするが届かず。
ベッテルは先頭に出さえすれば速いからなぁ。

1周終わって一旦隊列が出来上がる。
1.ベッテル
2.ハミルトン
3.ロズベルグ
4.バトン
5.アロンソ
6.ウェバー
10.ライコネン
12.マッサ

9番手スタートだったアロンソがいつの間にか5番手にいる。
そして、果敢に前のバトンに襲い掛かる。
ポイントランキングで現在2位だもんね。
もっともっと前に行かなきゃね。

4周目、マッサのラジオで「KARSが壊れている」とのこと。
マッサはマシントラブルに泣かされるね。
そう言ってる間に、アロンソがバトンをかわした。

6周目、ウェバーもバトンを抜いていく。
今季のバトンはあんまり速くないね。
もう歳なのかねぇ。
好きなドライバーなんだけどな。

アロンソがロズベルグもかわして3番手につけた。
気迫の走りで前の2台を追う。

8周目、右京さんがライコネンのブレーキの様子がおかしいって。
確かに、ブレーキングのたびに黒いススみたいなのが出ている。
いつもなら、序盤で10番手くらいの位置にいてもじわじわと上位に上がっていくライコネンだけど、マシンにトラブルを抱えているな心配だな。

ペレスの無理な追い越しのせいでコースアウトしてしまうグロージャン。
またペレスかよ…。

9周目、冷静な走りでヒュルケンベルグをかわすライコネン。

10周目、マッサがタイヤ交換。

11周目、ウェバーが前のロズベルグをずっと追ってるけど、1秒の差がなかなか縮められない。

12周目、さっき無理な追い越しをしたペレスにドライブスルーペナルティが課せられた。
いい気味(笑)。

ハミルトンがミディアムにタイヤ交換、2ストップ確定。9番手でコース復帰。
ぐんぐんスピードを上げて8番手のグロージャンをかわす。

13周目、ロズベルグもミディアムにタイヤ交換、8番手で復帰。

ハミルトンを抜き返すグロージャン。
こんなところでまごついてる場合じゃないよ、ハミルトン。

14周目、アロンソがタイヤ交換、ミディアム。6番手で復帰。
ウェバーもタイヤ交換、ハードタイヤ。8番手復帰。

ハミルトン、DRSを使ってようやくグロージャンをかわす。
そのあと、アロンソもグロージャンを抜いていく。
アロンソ、アグレッシブだなぁ。

15周目、ベッテルがタイヤ交換、ミディアム。2番手で復帰。

この間、アロンソがハミルトンの前に出た。
ハミルトンも抜き返そうとするがかわせない。

ベッテルがすぐにバトンをかわして再びトップに出た。
無理なバトルをしないバトンの様子を見て、右京さんは1ストップじゃないかって。

上位陣がほぼタイヤ交換を終えたところで順位の整理。
1.ベッテル
2.バトン(タイヤ交換はまだ。おそらく1ストップ)
3.アロンソ
4.ハミルトン
5.グロージャン(タイヤ交換はまだ。おそらく1ストップ)
6.ロズベルグ
7.ウェバー
10.マッサ
12.ライコネン(タイヤ交換はまだ。おそらく1ストップ)

ライコネンがあがってこないなぁ。

18周目、バトンがタイヤ交換、8番手復帰。
残り26周、右京さん曰く、いけなくはないけど厳しいかもって。

23周目、グロージャンがタイヤ交換、12番手で復帰。

9番手まで順位を上げたライコネンが前のマッサをかわそうと懸命に頑張る。
が、コーナーでは迫れるんだけどストレートでは引き離されてしまう。
ストレートスピードが伸びないロータスのマシン。
ライコネン、苦しいね。

26周目、ストレートでは抜けないライコネン、ピットレーン手前のコーナーでマッサをかわそうと仕掛けるが大きくコースアウトしてしまう。
そのままピットイン。
タイヤ交換かと思われたが、なんと、まさかのリタイヤ!
マシンを降りてしまう。
どうやらブレーキのトラブルが限界だったらしい。
27戦連続入賞の記録がストップしてしまった!
ベッテルみたいな派手さはないけど、その分地道にポイントを稼いでランキング3位の位置にいるだけに、ここでのノーポイントは痛い!

27周目、ハミルトンがタイヤ交換、5番手復帰。
マッサもタイヤ交換、9番手復帰。

28周目、11番手争いのマルドナード、グティエレス、スーティル、ディ・レスタ、ヒュルケンベルグの5台が団子状態で激しくバトル。
危ないなぁ、と思っていた矢先、マルドナードとディ・レスタが接触!
接触を免れたグティエレスとスーティルは、接触寸前のバトルをまだ続けてる。
若いドライバーの無謀な走りにハラハラするわ。
ディ・レスタはマシンが完全に壊れてリタイヤ。
マルドナードはフロントウイングの交換でレース続行。

29周目、アロンソがタイヤ交換、3番手復帰。

30周目、ウェバーがタイヤ交換、6番手復帰。

31周目、ベッテルがタイヤ交換、トップで復帰。

これで、上位陣のピットストップは終わった。
順位の整理。
1.ベッテル
2.アロンソ
3.バトン
4.ハミルトン
5.ロズベルグ
6.ウェバー
7.グロージャン
8.マッサ

ここでアロンソが1:51.417でファステスト。

32周目でウェバーが1:51.397でファステストを更新したかと思えば、33周目でベッテルが1:50.885というダントツの速さでタイムを塗り替えていく。
ベッテルと2番手のアロンソの差は+7.111。
残り13周あまりだけど、こうなるとベッテルの優勝パターンかな。
ただ、雨でも降ればまだわからないけどね。

35周目、1ストップだと思われていたバトンがタイヤ交換、6番手で復帰。
やっぱりタイヤがもたなかったかぁ。
ポイント圏内にいたのにねぇ。
これでハミルトンが3番手に浮上。

43周目、アロンソとハミルトンが1分52秒台で走る中、ベッテルだけ51秒台。

ファイナルラップ、雨も降らず大きな波乱もないまま、ベッテル独走状態でチェッカー。
結果、優勝・ベッテル、2位・アロンソ、3位・ハミルトン。

ハミルトンは予選では驚くほど速いのに、決勝ではイマイチだね。
逆にベッテルは勝負勘がいいんだろうね。
タイムトライアルより、相手のいる戦いの方が燃えるんだね。

これで、ポイントランキングも変動した。
トップのベッテルは2位のアロンソと46ポイントも差を開けたし、3位だったライコネンが4位に落ちて、代わりにハミルトンが3位に上がった。
でも、まだ8戦もあるからどうなるかわからない。
面白いね。

ポイントランキングはこちら →TN ポイントランキング
[PR]
by wakabanokimochi | 2013-08-27 23:16 | F1 | Trackback | Comments(2)

ベルギーGP

サッカーだ、世界陸上だ、と連日賑やかだけれども、どうもスポーツ観戦って楽しめなくて話題に乗り遅れています。
で、周りで誰も観ていないF1だけはほぼ欠かさず観ています。

F1の夏休みも終わり、先週末ベルギーGPが開催されました。
久しぶりのレースにワクワクドキドキ。

スタートグリッドは、ベッテル、ハミルトン、ウェバーという順当な感じ。
小林可夢偉は12番グリッドといつもの感じ。
と思っていたらその後ろにバトンがいる。
調子悪かったんだねぇ、バトン。

スタート直後の第一コーナーで団子状態、いきなりのクラッシュ。
このスタートが一番緊張して(私が運転してるわけじゃないんだけど)一番興奮する。
波乱の幕開けだわよ、と思っていたら12周目でハミルトンが小林可夢偉に接触、自爆クラッシュ。
最近のハミルトンはいいとこないなぁ。
いい男なのになぁ。
でも、まだポイントランキング5位だから、まだまだ逆転の可能性はあるよ、頑張れ。
ベッテルを超えなきゃだけど。

顔で言ったら、マクラーレンがダントツ1位016.gif
ハミルトンとバトンだよ~☆
ふたりともいい男♪
マシンもマクラーレンがカッコイイ☆

ハミルトンのクラッシュでセーフティーカー導入。
久しぶりのセーフティーカー。
この間に、接触されてマシンが壊れた可夢偉くんはピットインしたけど、タイミングがまずくてポイント圏外に。
それまでは、いつものように抜きまくって6位(だったっけ?)まで上がってたのにもったいなかったなぁ。

なんだか、久しぶりのF1だったのに見所があまりなかったレースのように感じた。
私の見方が悪かったのかもしれないんだけど。

でも、そうだ、後半のアロンソのオーバーテイクぶりとバトンの勢いはかっこよかった☆
[PR]
by wakabanokimochi | 2011-09-06 23:18 | F1 | Trackback | Comments(0)