ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
a0220528_21472813.jpg

夜行バスを使った弾丸スケジュールでライブに行ってきました♪

今回はファンクラブ限定のライブだったのでセットリストはマニアックだし、メンバーはリラックスしててイチャイチャ・キャッキャしてたし、ゲスい下ネタや愛ある米子disりしたり、と楽しさ満載♪
ちょうど2時間ぐらいとちょっとだけ短めだったけど、お茶目な部分と超絶カッコイイところを同時に見られた濃縮ライブでした。

吉井さん、くるくるパーマネントで素敵だった…。( 艸`*)
座席が10列目だったので、メンバーの表情まではっきり見えて、幸せな時間だったなぁ…。('-'*)

コアなとこでは『不愉快な6番街へ』と『Song For Night Snails』をやってくれた!
「歌いにくいキーをメンバーが変えてくれた」って。
それと、『O.K.』のアコースティックバージョンがめちゃめちゃカッコよかった!
一番レアだったのは、エマとアニーがモンキーの前にいたバンド、キラーメイの『Fuckin' with a Virgin』をやったことでしょう。
これもアコースティックだったけど、すごくよかった♪

カッコよかったぁ、素敵だったぁ、踊ったぁ♪(〃▽〃)


<セットリスト>
01.不愉快な6番街へ
02.SUCK OF LIFE
03.赤裸々GO!GO!GO!
04.LOVERS ON BACKSTREET
05.See-Saw Girl
06.NAI
07.O.K
08.Song For Night Snails
09.Fuckin' with a Virgin
10.Neurotic Celebration
11.イエ・イエ・コスメティック・ラヴ
12.パール
13.バラ色の日々
14.太陽が燃えている
15.ALRIGHT
--アンコール--
16.Ziggy Stardust
17.DRASTIC HOLIDAY



早朝5:50に米子駅に着いてライブ開場は16:30。
時間はたっぷりあるので夕方まで観光しました。
仕事終わりでそのままバスに乗ったので、とりあえずお風呂に入りたい。
皆生温泉に早朝から入れるところがあったので路線バスで行きました。
海沿いにある温泉なのでほんのりしょっぱいお湯でした。
海を見ながら入れる展望風呂もあり、朝から最高♪
a0220528_2148054.jpg


そのあとは境港の水木しげるロードへ。
寂れた港町だけど、逆にそれがノスタルジー。
a0220528_21485064.jpg

a0220528_214925100.jpg

あちこちに妖怪。
a0220528_21495741.jpg

a0220528_21502064.jpg

a0220528_21504472.jpg

猫娘電車は中も猫娘。
a0220528_21511328.jpg

a0220528_21514081.jpg

a0220528_21515967.jpg

a0220528_21522054.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-10-10 21:58 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(2)
9月の終わりに突如、ファンクラブサイトに出現した謎のカウントダウンと『九州スペシャル』のロゴ。
何事かとワクワクしていたら、12月28日にヤフオクドームでメカラウロコ開催決定とのこと!
ドームライブがそんなに急に決まるの!?ヾ(* ̄▽ ̄)ノ
嬉しすぎて震えます♪
チケット、当たりますように!

11月はドキュメンタリー映画が公開です♪

そして、明後日(10/9)のファンイベント・DRASTIC HOLIDAYの米子公演!
明日、鳥取に向けて出発します♪
10ヶ月ぶりにイエローモンキーに会える!('-'*)
楽しみです♪

a0220528_23312453.jpg

a0220528_23313742.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-10-07 23:32 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(0)
a0220528_0171091.png


★★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
小さい頃、私は「永遠」という言葉にめっぽう弱い子供だった――。
10歳から18歳まで。
ナイーブでしたたかで、どこにでもいる普通の少女、紀子の成長をめぐる、きらきらした物語。
-----------------------------------------------

森さんは私よりちょっと年上だけどほぼ同年代。
だからか、この主人公の少女が抱く思春期特有の感情がわかりすぎるくらいわかって、なんだか、自分の思春期を見せられているような錯覚に陥りました。
彼女と私の身に起きる出来事は当然ながら全然違うものなんだけど、彼女の思いや取り巻く空気感や、そういったものがすごく似ていて、ノスタルジーがすごいです。


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_018429.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-10-06 00:19 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_23482864.jpg



08:40 石鎚山ロープウェイで成就社へ
09:33 成就社から入山
10:45 試しの鎖(私は巻道)
11:30 一の鎖
12:15 二の鎖
12:43 三の鎖(私は巻道)
13:11 石鎚山・弥山山頂
<昼食>
13:40 天狗岳アタック開始
14:20 天狗岳山頂
14:43 石鎚山・弥山山頂まで戻る
<山頂山荘に宿泊>

07:10 下山開始
09:18 成就社に到着
10:21 ロープウェイで駐車場まで下山


今年の遠征は愛媛県の石鎚山。
西日本最高峰で、日本七霊山でもある山岳信仰の山です。
山登りを始めた当初から一度は行ってみたいと思っていた山のひとつでした♪

石鎚山と言えば鎖場です。
登山道の途中に鎖を伝って登る場所が4ヶ所あります。
厳しい修行のための鎖場なのですが、これを登るのがこの山の醍醐味であり楽しみでもあります。

◆鎖場の感想◆
「石鎚山登山を考えているけど、私はあの鎖場を登れるかしら?」と不安で、いろんな人のブログやSNSや動画などで情報収拾している方もいると思いますので、まずは鎖場の感想を。
鎖場を登らずに迂回する巻道もあるけど、せっかく石鎚山に登るななら鎖場を行ってみたいと思いますものね。

槍ヶ岳の穂先のハシゴはあまり怖くなく、むしろ楽しく登りました。
比べると、私は石鎚山の鎖場の方が怖かったです。

試しの鎖は10メートルくらい登ったところでギブアップし、引き返して巻道を行きました。
鎖は太くてしっかりしているし、足掛かり・手掛かりも十分にあって頑張れば登れそうな感じがするんですが、登り始めると手掛かり・足掛かりが少ない箇所が出てきて往生します。
この試しの鎖は登ったら向こう側に降りる下りもあるので、岩登りや高所に自信がない人は厳しいと思います。

一の鎖は比較的登りやすいです。
というか、私くらいの素人は一の鎖しか登れないかもです。
高さが33メートルと一番低いし、手掛かり・足掛かりもしっかりあって怖さは感じませんでした。
むしろ楽しかった♪

二の鎖は、一の鎖が大丈夫だったのでチャレンジしてしまいましたが、途中でにっちもさっちもいかなくなって立ち往生してしまいました。
ちょうど中間地点あたりで手掛かり・足掛かりが少なくなり、腕力で鎖を頼って登らなければならない箇所が出てきます。
高さもあり軽くパニックになりかけましたが、私の下にいた男性が手の位置と足の位置を指示してくれたのでなんとか切り抜けることができました。

二の鎖が死ぬほど怖かったので三の鎖は登っていません。
一緒に行った百大の話では、三の鎖が一番怖いようです。

何人かのパーティーで登る場合、ベテランさんが先行してそうじゃない人が後からついていくという形を取ると思うんですが、私の経験では反対の方がいいと思います。
私みたいに登っている途中で手掛かり・足掛かりを見つけられなくなったときに、後ろからベテランさんに指示を出してもらうととても登りやすいのです。
それに、焦っている本人は手掛かり・足掛かりを見つけられなくても、後ろから見たら冷静に指示が出せるものです。
ベテランさんが先に行ってしまうと取り残された人は動けなくなって、それでさらにパニックになって事故になりかねません。
登る順番も重要だと思いました。


◆全体の感想◆
さてさて、山登り全体の感想ですが、鎖場以外は厳しい場所もほとんどない登りやすい山でした。
階段で整備されているので逆にちょっとしんどいのですが、鎖場さえ行かなければ登山経験が少なくても大丈夫な山だと感じました。

まだまだ早いと思っていた紅葉が予想に反して始まっていて、おまけに天気も良くて、素晴らしい景色を堪能しました。
山小屋泊だったので夕焼けも日の出も見られて、大満足の石鎚山でした♪


成就社の境内から神門を抜けて登山道に入ります。
a0220528_2349944.jpg


八丁の鳥居。山頂までお参りに行けない人(お年寄りなど)はここでお参りするそうです。
a0220528_23494347.jpg


森のおっきな木。
a0220528_2350714.jpg


階段ばかりで、歩きやすいけど結構キツイ。
a0220528_23503489.jpg


試しの鎖。私は10メートルくらいで断念しましたが、百さんはスイスイ登って行きます。
a0220528_23505932.jpg


夜明峠から山頂の社が見えた!
紅葉もキレイなんだけど写真ではわかりにくい。
a0220528_23512864.jpg


二の鎖手前の鳥居。
a0220528_23515090.jpg


二の鎖を行きます。下から見ると行けそうなんだけど、怖くて途中でプチパニックになりました…。
a0220528_23524695.jpg

とにかく必死で登ります。(pic:百)
a0220528_23532964.jpg


石鎚山(弥山)山頂♪
a0220528_23534766.jpg


お昼を食べたらあの天狗岳の先を目指します。
だいぶ切り立っているけど行けるかしら…。
a0220528_23541454.jpg


行ってみたらわりと大丈夫だったけど、(pic:百)
a0220528_23543532.jpg

こういう岩場は高度感があってちょっと怖い。(pic:大)
a0220528_23545811.jpg


天狗岳で記念撮影♪
a0220528_2355163.jpg


石鎚山の社。
a0220528_23554435.jpg


夕日と山々の峰。
a0220528_2356981.jpg

夕焼けに染まる天狗岳。
a0220528_23564012.jpg

夕焼けと海と街の灯り。
a0220528_2357322.jpg


翌朝。社の前で日の出を待ちます。
a0220528_2357275.jpg

日の出直前。
a0220528_23575444.jpg

ご来光。
a0220528_23582575.jpg

a0220528_23584527.jpg


朝もやの中の山々。
a0220528_23592057.jpg


白装束の修験者さんも登って来られて、朝の神事が行われます。
a0220528_23594754.jpg


昨日登れなかった三の鎖を上から覗いて見ました。登らなくて正解…。オーバーハングしてて下が見えん…。
a0220528_001853.jpg

下からも見てみます。紅葉はキレイ♪
a0220528_004295.jpg


帰り道で天狗岳を振り返ります。切り立った岩と紅葉。
a0220528_01950.jpg


紅葉。
a0220528_02178.jpg

a0220528_022394.jpg

a0220528_024797.jpg


出会った植物たち。
a0220528_0333100.jpg

a0220528_035517.jpg

a0220528_041637.jpg

a0220528_05239.jpg

a0220528_054487.jpg

a0220528_061384.jpg

a0220528_06382.jpg


無事に駐車場がある麓まで帰ってきました。レトロ感漂う看板。
a0220528_07296.jpg


帰りに寄った道後温泉。
a0220528_072270.jpg

a0220528_074331.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-10-03 00:17 | 登山 | Trackback | Comments(2)
a0220528_23402668.png


★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。
みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。
別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。
クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。
ベストセラー『君の膵臓をたべたい』の著者が贈る、眩しくて時に切ない、共感度 1の青春小説!
-----------------------------------------------

中高生はものすごく共感するんじゃないかな。

今の学校生活、空気を読んだりクラスメートの顔色を確認しながら過ごすことが必須なんじゃないかと思うんだけど、そのせいで気を遣い過ぎたり消極的過ぎたり、逆に元気キャラで疲れたり。
そんな風に過ごすのはクラスで浮いたりいじめられたりしないための対策でもあるけど、仲のいい友達を思いやってのことだったりもする。

これは、仲の良い5人の少年少女たちが、お互いを大切に思っているからこそ時には傷ついたり悩んだりする優しい物語です。
a0220528_23413237.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-25 23:42 | 読書 | Trackback | Comments(0)