ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
a0220528_04191.png


★★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
出張先は火山に、ジャングル、無人島……!?

耳に飛び込む巨大蛾、襲い来るウツボと闘い、吸血カラスを発見したのに、なぜか意気消沈し、
空飛ぶカタツムリに想いをはせ、増え続けるネズミ退治に悪戦苦闘する――。
アウトドア理系「鳥類学者」の知られざる毎日は、今日も命がけ!
-----------------------------------------------

『NHKラジオ・夏休み子ども科学電話相談』の鳥類担当でもある川上先生の著書。
おやじギャグやオタクギャグがふんだんに散りばめられていて、とにかく面白い。
鳥の生態というよりは、鳥類学者の生態や苦労がよくわかる。
a0220528_045981.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-23 00:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_033782.png


★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。
建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。
一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に“アノニム”と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。
「本物のポロック、見てみたくないか?」という言葉に誘われ、英才はある取引に応じるが…!?
ポロックと英才、ふたつの才能の出会いが“世界を変える”一枚の絵を生み出した。
痛快華麗なアート・エンタテインメント開幕!!
-----------------------------------------------

美術品などにはとんと疎いけど、この謎の集団が漫画ちっくでカッコイイ。
展開はありきたりな気がしないでもないけど、最後まで面白く読んだ。


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_0543.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-20 00:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)
前回の直虎、【36】「井伊家最後の日」はほぼ泣きっぱなしだったし、最後にはキュンキュンしたし、感情がジェットスターでした♪
龍雲丸(柳楽優弥)の告白、「誰かにそばにいて欲しい」ではなく「誰かのそばにいたい」っていうがシビレました。

というわけで、特設ページの感想を追加更新したので、興味のある方はぜひご一読ください♪


【おんな城主 直虎】の私的感想 特設ページ→ http://asakure.exblog.jp/fp/naotora

※9/15 【5】【6】【36】を追加更新しました

a0220528_01519.jpg

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-16 00:02 | 雑記 | Trackback | Comments(0)


★★<5段階評価>


主人公の女の子の顔がもろタイプだったので絶対観ようと決めていた作品でした。
ヒロイン・なずなは可愛かった♪
特に目の表情がいい!

ストーリーや物語の方向性は私の好みではなかったので、90分を少し長く感じてしまいました。
私はハマらなかったかな。

ストーリーとかはただの好みの問題なので、ただ私には合わなかったっていうだけのことなんですが、何ヶ所か感じた作画崩壊とアニメーションの雑さ(カクカクするところがある。わざと?)と、動きと声がずれていると感じるシーンがあったのがとても気になりました。
これって、映画の良し悪しうんぬんの前に、作品として売り物としてのクオリティに達してないってことになりませんかね?
全体的にはすごくキレイな映像です。
中学生の夏!という雰囲気だし、海の描写や夜の描写もすごくキレイだし。
全体的にキレイな分、違和感がある部分を脳が感じ取ってしまう感じです。
アニメとか全然詳しくない私ですらそうなんですから、アニメ好きさんはなおさらかもです。


a0220528_2347081.jpg

a0220528_23471570.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-14 23:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)
a0220528_21444474.png


★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
著者ダニエルは、数学と語学の天才青年です。
それは、ダニエルが映画『レインマン』の主人公と同じサヴァン症候群で、数字は彼にとって言葉と同じものだから。
複雑な長い数式も、さまざまな色や形や手ざわりの数字が広がる美しい風景に感じられ、一瞬にして答えが見えるのです。
ダニエルは、人とのコミュニケーションにハンディをもつアスペルガー症候群でもあります。
けれども、家族や仲間の愛情に包まれ、一歩ずつ自立していきます。
本書は、そんなダニエルがみずからの「頭と心の中」を描いた、驚きに満ち、そして心打たれる手記です。
-----------------------------------------------

サヴァン症候群や共感覚の話はとても興味深い。
私にもなにか共感覚のようなものがないかと、ネットの怪しげな診断とかしてみるのだけど、ないなぁ…。


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_21461751.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-09-12 21:46 | 読書 | Trackback | Comments(0)