ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

臼杵の石仏

前から一度は行ってみたいと思っていた臼杵石仏を見てきました。

すぐ前には蓮の畑があり、蓮根を使った創作料理も食べられるというので、石仏と蓮の花と蓮根料理を目当てに出かけました。

蓮の花の見頃は7月~8月で、花が咲くのは早朝だけで朝の9時くらいにはまた閉じて蕾に戻るんだそうです。
少し寝坊してしまったので開いている花は終わりかけのものが多かったようでした。
それでもあれほど広い蓮畑は初めてだったので見応えがありました。

石仏は、作られた目的などよくわかっていないらしく、まだまだ謎に包まれていることが多いらしいです。
石に彫ったものにしては細工が細やかで、なので国宝に指定されたそうです。
穏やかなお顔でした。

蓮根料理は、見た目はオシャレで味は優しかったぁ♪

このあとは津久見のイルカ島へ。
イルカ島、夏休みオススメスポットです。

水槽ではなく生け簀に入ってるので、より野生に近い姿が見られます。
餌やりゾーンのイルカ、ショーをするイルカ、母娘のイルカなど生け簀が違えば様子も違って、ずーっと眺めていられます。
別料金がかかるけど、イルカと泳げる体験は一生の思い出になるかもです。


蓮の花。
a0220528_0175280.jpg

a0220528_0181045.jpg

a0220528_018261.jpg


大日如来像。
a0220528_0184577.jpg


蓮根を使った創作料理。
a0220528_0191012.jpg

a0220528_0192472.jpg

a0220528_0193968.jpg


餌やりゾーンのイルカちゃん。
この人、エサくれるのかな?って近づいてくる。
a0220528_020247.jpg


母娘のイルカちゃん。
泳ぎ方を教えているのか、息継ぎの仕方を教えているのか、ずーっと並んで泳いでる。
で、私たちの前で息継ぎをしてくれる。
a0220528_0202155.jpg


触ったりエサをあげたりできます。
a0220528_0204677.jpg

a0220528_0212356.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-08-08 00:22 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)


<5段階評価>


期待したほどじゃなかった~。(ノД`。)

原作がある作品のようだからストーリーにいろいろ言うのはお門違いかもしれないけど、まずストーリーがのっぺりしていた。
メアリはかわいいのにペーターがカッコよくなかった(声がせっかく神木くんなのに)。
声が合ってないキャラクターがたくさんいて、違和感が強かった。


a0220528_22384989.jpg

a0220528_2239726.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-08-03 22:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)
a0220528_2324716.png


★★★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
小惑星衝突後の世界。
恐怖や暴力が蔓延し、他人を信じることも難しい。
罪だけ増え続けていた。
そこに彼は降り立つ。
価値観を破壊し、悩める者を救済する。
数々の奇跡、圧倒的な力。
誰もが知りたがった。
後世、神とよばれた男の人生は、どんなものだったのか――。
-----------------------------------------------

東山さんの作品は初めて読んだけど、描写力がすごくて度肝を抜かれた。
情景の描かれ方がとても鮮明で、まるで映像作品を観ているかのようだった。
今までたくさんを本を読んできて、映像作品のような本もいくつかあったけど、この作品はその中でもトップにくる。
読後の余韻が映画を観終わったあとのようだった。

装丁のイメージに引っ張られているところはあると思うけど、『バッファロー'66』の頃のヴィンセント・ギャロを思い起こさせる、


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚

a0220528_23242735.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-29 23:24 | 読書 | Trackback | Comments(0)

【映画】 銀魂



★★★★★<5段階評価>


実写化が発表されたときから絶対観たいと思っていた銀魂、やっと観てきました♪

銀魂の原作に関する私のスペックは、ジャンプ連載当初は読んでいた、単行本も何冊か読んだことがある、アニメはほとんど観たことがない、登場人物たち(特に万事屋メンバー)の基本情報はなんとなくわかる、という程度。
そのくらいの浅さでも、めっちゃ面白かった!!

銀さんを旬くんがやるって発表されたときから「絶対カッコよくて粋な銀さんになるに違いない!」と思っていたけど、予想通り粋でカッコよくてギャグも満載な銀さんでした♪
シリアスな場面の銀さん、しびれるくらいカッコよかったぁ。(〃▽〃)

福田監督の作品、特にヨシヒコシリーズが好きな人なら、原作をよく知らなくても十分に楽しめると思います。
パクリぎりぎりのパロディやアドリブ感満載の脱力系ギャグなど、お金をかけてヨシヒコっぽいことした、豪華キャストが集まって思いっきり悪ふざけして楽しんでいる映画です。
原作の知識が浅くて見逃してる小ネタとかいっぱいあるんだろうからそれがもったいないけど、それでもいっぱい笑いました。

もう何回かは映画館で観たいです。


◆作品データ → (映画.COM)


a0220528_22464090.jpg

a0220528_22465511.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-27 22:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)
a0220528_2232548.png


★★★<5段階評価>



作品紹介(Amazonより)--------------------------
ロサンゼルス在住の叔母の突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか。
娘はいまどこにいるのか。
弦矢は謎を追い始める――。
-----------------------------------------------

ミステリー仕立てだけど、私には謎解きがメインという感じはしなくて、ミステリー要素と人間ドラマの要素の塩梅が絶妙で面白かった。
主人公の弦矢が、亡くなった叔母さんを通して知り合った人々と交流していく人間模様がよかった。
残酷な事実もあるけど、強さと優しさを感じる作品だった。
a0220528_2244637.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-24 22:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)