ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

09:33 茶ケ床駐車場を出発
10:22 広谷湿原の先の滝(たぶん滝不動)
10:45 青龍窟
12:51 貫山
14:22 茶ケ床駐車場に帰還


季刊誌『のぼろ』に特集されてて気になっていた平尾台に、百大登山部で行ってきました。
広大な開けた草原とカルスト台地の不思議な地形が面白い!
幸いなことに久しぶりの快晴に恵まれたので、その景色を堪能してきました。
とはいえ、平尾台はエリアが広いので一度に全部は楽しめません。
何度も通っていろんなルートを歩きたくなる場所です。

帰りに千仏鍾乳洞に寄りました。
ここも面白い!
途中までは観光気分で歩けるけど、入口から900メートル地点で電灯のあるエリアが終わり、その先はライト持参の人しか進めません。
しかも腰まで水に浸からないと進めないほど天井が低い。
冒険家気分を味わえて超絶楽しいです♪

平尾台を歩いている時は熱中症になるんじゃないかという暑さで、鍾乳洞では手先がしびれるほど寒くなって、体調がぶっ壊れそうな一日でした。(*´∀`)


草原の平尾台(pic:大)
a0220528_00161718.jpg

滝(たぶん滝不動)
a0220528_00171107.jpg
a0220528_00180136.jpg


青龍窟(pic:百)
a0220528_00183065.jpg
青龍窟を探検
a0220528_00191538.jpg

広谷台から街を見下ろす
a0220528_00194199.jpg

石灰岩がまるでニョキニョキと生えているよう
a0220528_00210864.jpg
石灰岩をアップで見ると結晶みたい
a0220528_00222811.jpg

ノヒメユリ(野姫百合)
a0220528_00225760.jpg

クズ (葛)
a0220528_00232292.jpg

キンミズヒキ(金水引)
a0220528_00234326.jpg

キキョウ(桔梗)
a0220528_00240486.jpg

名前わからず
a0220528_00245053.jpg
a0220528_00252246.png


[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-21 00:27 | 登山 | Trackback | Comments(0)
もしかして、次回、政次(高橋一生)は死にますか?
史実では政次は死にますか?(ノД`。)

何も知らない状態でドラマを楽しむためにあえて史実を調べてはないので、次回の放送を観るのが怖いです。
前回の放送で、死亡フラグが何本も立ちました。
直虎も政次もなつも、みんなが幸せそうな顔をしている回だったけど、その全てがわかりやすくフラグだったので不安が募ります。
あれだけベタなフラグを何本も立てといて、実は裏を返して政次は死なないパターンだったりしたらいいのに。(´Д`)


a0220528_23334498.jpg
a0220528_21335784.png


[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-17 23:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

弟家族がお盆帰省

滋賀の弟家族が帰省したので、あちこちおでかけしました。

弟の長男・高3の甥っ子は、親戚と観光地におでかけとか面倒くさいお年頃だろうに、文句も言わずに付き合ってくれる優しい男子です。
中3の次男は自由、小2の三男はみんなの天使です。(〃▽〃)

イワシの大群が気になるけどちょっと怖い三男。
a0220528_21254910.jpg
大きな亀の甲羅をこわごわ撫でる三男。
a0220528_21283388.jpg
アシカがいきなり足元に来てびっくり♪
a0220528_21294033.jpg
九重・夢大吊橋へ。
けっこう揺れる!
a0220528_21311252.jpg
ボーリングも。
a0220528_21324553.jpg
a0220528_21335784.png


[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-16 21:35 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)

ほぼ毎週泣かされるけど、前回は頭痛がするほど大号泣の神回だった。

政次の「井伊と直虎を守るためなら己は鬼になるのもいとわない」という、強い想い、そして直虎への想いが今まで以上に強烈に描かれていて泣かされた。
子供の頃からずーっと自分の想いを抑えてきた政次。
いつか報われますように。

次回はまた大きく話が動きそうだけど、直虎の家臣たち、之の字や六左や傑山さんたちに悲しいことが起きませんように!(。-人-。)
井伊家が今後どういう展開になるのかよく知らないので、最後までハラハラしそうです。

周りに大河ドラマを観ている人がいないので、「今週の政次もステキだったね~♪( 艸`*)」とか「龍雲丸の笑顔もよかったね~♪(*´∀`)」とか「之の字や六左に癒やされたね~♪(〃▽〃)」とか語り合えないのが非常に寂しい!
脚本の素晴らしさとこのキュンキュンを誰かと共有したいわぁ…。

a0220528_00323016.jpg
a0220528_00325745.png


[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-13 00:34 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
a0220528_22311710.png

★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
「忘れても忘れても、ふたりの世界は失われない」

新しい記憶を留めておけないこよみと、彼女の存在が全てだった行助の物語。
『羊と鋼の森』と対をなす、著者の原点にして本屋大賞受賞第一作。
-----------------------------------------------

使い古された感のあるストーリーだけど、ふんわりとした優しさを感じる物語。

a0220528_22343387.png


[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-10 22:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)

臼杵の石仏

前から一度は行ってみたいと思っていた臼杵石仏を見てきました。

すぐ前には蓮の畑があり、蓮根を使った創作料理も食べられるというので、石仏と蓮の花と蓮根料理を目当てに出かけました。

蓮の花の見頃は7月~8月で、花が咲くのは早朝だけで朝の9時くらいにはまた閉じて蕾に戻るんだそうです。
少し寝坊してしまったので開いている花は終わりかけのものが多かったようでした。
それでもあれほど広い蓮畑は初めてだったので見応えがありました。

石仏は、作られた目的などよくわかっていないらしく、まだまだ謎に包まれていることが多いらしいです。
石に彫ったものにしては細工が細やかで、なので国宝に指定されたそうです。
穏やかなお顔でした。

蓮根料理は、見た目はオシャレで味は優しかったぁ♪

このあとは津久見のイルカ島へ。
イルカ島、夏休みオススメスポットです。

水槽ではなく生け簀に入ってるので、より野生に近い姿が見られます。
餌やりゾーンのイルカ、ショーをするイルカ、母娘のイルカなど生け簀が違えば様子も違って、ずーっと眺めていられます。
別料金がかかるけど、イルカと泳げる体験は一生の思い出になるかもです。


蓮の花。
a0220528_0175280.jpg

a0220528_0181045.jpg

a0220528_018261.jpg


大日如来像。
a0220528_0184577.jpg


蓮根を使った創作料理。
a0220528_0191012.jpg

a0220528_0192472.jpg

a0220528_0193968.jpg


餌やりゾーンのイルカちゃん。
この人、エサくれるのかな?って近づいてくる。
a0220528_020247.jpg


母娘のイルカちゃん。
泳ぎ方を教えているのか、息継ぎの仕方を教えているのか、ずーっと並んで泳いでる。
で、私たちの前で息継ぎをしてくれる。
a0220528_0202155.jpg


触ったりエサをあげたりできます。
a0220528_0204677.jpg

a0220528_0212356.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-08 00:22 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)


<5段階評価>


期待したほどじゃなかった~。(ノД`。)

原作がある作品のようだからストーリーにいろいろ言うのはお門違いかもしれないけど、まずストーリーがのっぺりしていた。
メアリはかわいいのにペーターがカッコよくなかった(声がせっかく神木くんなのに)。
声が合ってないキャラクターがたくさんいて、違和感が強かった。


a0220528_22384989.jpg

a0220528_2239726.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-08-03 22:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)