ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0220528_22362511.png


★★★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
犯行時刻の記憶を失った死刑囚。
その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。
だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。
処刑までに残された時間はわずかしかない。
2人は、無実の男の命を救うことができるのか。
江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。
-----------------------------------------------

以前読んだ『ジェノサイド』も傑作だったけど、この作品も素晴らしく面白い!

過不足のない絶妙さがスゴイ。
登場人物たちの背景や心理描写や伏線など、これ以上書くとたぶん書きすぎだし、足りないと整合性が取れないし、最初の一行から最後の一行まで過不足が全くない絶妙さを感じた。
スポーツアスリートが無駄な力を入れず、無駄な動きをせず、最適な動作で最高のパフォーマンスを生み出すような美しさがある。
この人は天才だ。
a0220528_22371375.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-30 22:37 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_21114440.png


★★★<5段階評価>


神山高校古典部の少年少女たちが主人公の短編集で、シリーズ第6弾の作品。

大人からしたら青臭いとも思える学校内でのいざこざや事件だけど、彼らにとっては一大事で、そんな青臭さが懐かしくもあり羨ましくもある爽やかな青春ミステリー。
登場人物たちも私好みで、このシリーズのほかのも読みたい。
a0220528_21125063.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-29 21:13 | 読書 | Trackback | Comments(0)
<写真:ESPN F1:ドライビングに集中するセバスチャン・ベッテル>
a0220528_1433630.jpg
大波乱も大波乱、最初から最後まで混沌としたレースだった。
これほど落ち着きがないレースも珍しいんじゃないかな。
なんだかみんなが冷静さを欠いていたように思う。
その中で冷静さを失わなかった3人が表彰台に乗ったという印象。

一番問題になっているのは、ベッテルがハミルトンに故意にマシンをぶつけたこと。
レース後のいろんな人のコメントを見ても「あれはベッテルが悪い」という意見の方が多くて、実際ペナルティを受けたのもベッテルだけだし、ベッテルファンのF1素人の私が見てもあれはベッテルが悪い。(ノД`。)

レース後のハミルトンのコメントなんかめっちゃ大人で、紳士なハミルトン、野蛮なベッテル、みたいな印象が強くなっちゃったのがアレだな…。(´Д`)

ベッテルファンからしてみると、今回のことはいかにもベッテルらしいというか…。
行為そのものは良くないことだけど、子供のように怒りを爆発させたり子供のように喜んだり、喜怒哀楽が激しい人だからイラッとして後先考えずにやっちゃったんだね。
こういう子供っぽいところはいかにもベッテルらしい。
彼が変に大人になって聞き分けがよくなってもなんかイヤだし、このまま大人げない感じでいてくれたらいいと思う(笑)。
あまりやりすぎない程度にね。

今回のことでベッテルとハミルトンの関係がピリピリするのは少し残念だな。
激しいバトルをしてもレースが終わったらにこやかに話をしている、あの雰囲気が好きだったんだけど、今後はあの和やかさは醸し出せないかもね。


いろんなことが巻き起こって、一時は17番手まで順位を落としたリカルドが優勝、最後尾まで順位を落としたボッタスが2位、ルーキーのストロールが3位という、誰も予想しなかった結果も波乱だった。
しかも、最終ラップではストロールが2番手に着けていたんだけど、ゴール手前数メートルでボッタスが抜いて2位に躍り出るという驚きの展開。
まさに最後の最後まで目が離せなかった。

リカルドは本当にナイスガイ。
彼の笑顔はみんなを幸せな気持ちにさせる。
彼が表彰台にいると雰囲気が和む。


◆◆簡単にレポート。

予選はハミルトンが圧倒的に速い。
最終タイムは
トップのハミルトンが1'40.593、2番手ボッタスは+0.434、3番手ライコネンは1.1秒以上の差、4番手のベッテルは1.2秒以上の差をつけられた。


決勝、
スターティング・グリッドは
1.ハミルトン
2.ボッタス
3.ライコネン
4.ベッテル

スタート直後にボッタスがライコネンに接触。
反動で激しく壁にぶつかったライコネンはマシンを壊す。
ボッタスもダメージを受け、2周目でピットイン、タイヤとフロントウィングを交換、最後尾まで順位を落とす。

ハミルトンはファステストを連発。
6周目の時点で、トップのハミルトンと2番手のベッテルの差は3秒以上。

12周目、
4番手のフェルスタッペンのマシンが止まって、リタイヤ。

クビアトのマシンも止まって、リタイヤ。
この撤去のためにセーフティカー(SC)が入る。

このタイミングでほとんどのマシンがタイヤ交換に入る。

順位の整理、
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ストロール
4.ペレス
5.ライコネン
6.マッサ
7.オコン
8.ヒュルケンベルグ
9.マグヌッセン
10.リカルド

16周目、
マシンの撤去が終わり、SCがはけてリスタート。
あちこちで接触。
マシンの部品がコース上に散乱したので、17周目にまたSCが入る。

SC先導で走っていた19周目、
ハミルトンのすぐ後ろを走っていたベッテルは、ハミルトンが減速したことで追突してしまう。
そのハミルトンの減速をブレーキテストだと思ったベッテルは、ハミルトンの横に並んで抗議のジェスチャーをした上でマシンをぶつける。
後のデータの検証などで、ハミルトンはブレーキテストなどしてはなく、前の周と同じような走りをしていたとのこと。
つまり、ベッテルの勘違い。
この危険行為により、ベッテルに10秒ペナルティが課せられる。

20周目、リスタート。
またもや団子状態。
オコンがペレスと接触、ライコネンはそのデブリを拾ってパンク、ベッテルもパーツが飛ぶ。

もう一回SC。
全然レースにならない(笑)。

運営も埒が明かないと思ったのか、22周目で一旦赤旗中断。
23分後、SC先導でレース再開。

リタイヤだと思っていたライコネンとペレスは、赤旗のわずか23分間でなんとか修理してレースに加わる。

またファステストを連発するハミルトンだけど、29周目で、ヘッドレストの不具合というなかなかないトラブルに見舞われる。
カパカパ浮いているので何かのはずみで飛んでも危ないし、外れればドライバーの首が守れなくなるので大変危険。
32周目、ハミルトン、仕方なくピットイン、9番手でコース復帰。

33周目、ベッテルが10秒ペナルティの消化のためにピットイン、ギリギリ、ハミルトンの前でコース復帰。

ベッテルとハミルトンはジワジワと順位を上げていく。

ボッタスもジワジワと順位を上げる。

48周目、
1.リカルド
2.ストロール
3.ボッタス
4.ベッテル
5.ハミルトン

ベッテルはファステストを出しながらボッタスを追いかける。

50周目、残り2周、
ボッタスとベッテルの差、2.46
ベッテルとハミルトンの差、0.9

ファイナルラップの最終コーナーを抜けた最後のストレート、
リカルドがチェッカー・フラッグを受けたあと、3番手のボッタスがストロールをかわして2位でゴール。
最後の最後で見事なオーバーテイク。

結果、優勝・リカルド、2位・ボッタス、3位・ストロール。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


次回はオーストリアGP 予選:7/8(土)、決勝:7/9(日)


<写真:ESPN F1:記者会見で笑顔を見せるダニエル・リカルドとランス・ストロール>
a0220528_1436344.jpg

a0220528_14361520.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-28 14:40 | F1 | Trackback | Comments(0)

ちょっとの贅沢

a0220528_2033760.jpg

佐賀の美味しいパフェを食べてきました♪

果物屋さんが作るパフェで、厳選した果物を使っているらしいので美味しい。(〃▽〃)
パフェに乗ったバニラアイスも美味しい♪

焼肉も食べて、岩盤浴と温泉でのんびりもして、贅沢な一日でした。ヽ(*´∀`)ノ


フルーツガーデン 新SUN → http://www.shinsun.co.jp/

佐賀ぽかぽか温泉 → http://www.pokaon-s.com/
a0220528_20332799.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-24 20:34 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
a0220528_21535074.png


★★★<5段階評価>


ニュージランドの名峰・アスパイアリングで山岳ガイドをしている森尾は、ツアー登山のガイド中に予期せぬ落石事故と嵐に遭遇してしまう。
ガイド仲間と客の数人が死傷する危機的状況のなか、森尾は自身の命を危険に晒しながらもメンバーの半数を生還させる。
地元ニュージランドでは英雄と讃えられた森尾だったが、日本に帰国後、保険金詐欺と未必の殺人の容疑で逮捕されてしまう。


山での遭難という自然の脅威との戦いと、冤罪を晴らすための司法との戦い。
二種類の緊迫感が交互に描かれているので、相乗効果で深みが増して読み応えがある。

遭難のシーンは終盤でちょっとまどろっこしくも感じるけど、山好きなら臨場感を楽しめると思う。
a0220528_2154294.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-20 21:55 | 読書 | Trackback | Comments(0)

夏の始まりはキャンプ♪

百大登山部で山登り&キャンプ♪

まずは長者原から指山へ。
指山は初めて。
森の感じがいい雰囲気♪
好きなタイプの登山道でした。(〃▽〃)

が、出発が遅くなったのでタイムオーバーで山頂までは行けず(笑)。
近いうちにリベンジします。

下ってきてお昼を食べてから温泉、そのあとキャンプ場へ♪

キャンプサイトは広くて静かで、すごくいいところでした。
料金も良心的で。

百さんも大さんも遊び人(健全な方の)だからアウトドアグッズが充実してて、とても快適でまったりした時間を過ごすことができました。(*´∀`)

次の日は黒川温泉でお風呂に入って、小国で豆腐料理を食べて、初夏を満喫できました♪


ランタンの灯りが柔らかい。
a0220528_21143526.jpg


ガスランタンもかわいい♪
a0220528_21145347.jpg

a0220528_2115653.jpg


百さんお手製のダンボール燻製器で燻製中。
a0220528_21152172.jpg


焚き火の準備も完了。
a0220528_21153522.jpg


お肉は霜降りの豊後牛。
a0220528_21155031.jpg


焚き火を囲んで夜が更けるまでまったりと。
a0220528_2116489.jpg

a0220528_21162166.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-18 21:17 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)

【F1】 2017 カナダGP

ベッテル、今回は表彰台に上がれなかった。( ノД`)
今シーズン初めてのベッテルがいない表彰式だった。
とはいえ、スタート直後から苦しい戦いを強いられながらも4位入賞はさすが!
最後の追い上げは痺れました。(〃▽〃)
暴れるじゃじゃ馬を押さえつけるような走り!カッコよかった!(≧∇≦)
チャンピオンシップでもまだハミルトンをリードしているし、次のレースを楽しみにします♪

リカルドは、今回は実力で勝ち取った3位だからものすごく嬉しそうで、見ているこちらもホッコリした。
ただ、シューズでシャンパンを飲むのは気持ち悪くて正視できない(笑)。


◆◆では、長いレポート、始まります。

予選はハミルトンが圧倒的に速かった。
ベッテルも頑張ったんだけどミスが出てトップタイムには及ばなかった。
ハミルトンは完璧な走りだった。
これで65回目のポールポジションを獲得したハミルトンは、アイルトン・セナの記録に並んだということで、セナの家族からセナが実際にレースで被ったヘルメットを贈呈された。
感激のあまり言葉を詰まらせるハミルトンを見て、こちらもグッときた。

では、決勝。

スターティング・グリッド
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ボッタス
4.ライコネン
5.フェルスタッペン
6.リカルド
7.マッサ
8.ペレス
9.オコン
10.ヒュルケンベルグ
11.クビアト
12.アロンソ
13.サインツ
14.グロージャン
15.パーマー
16.バーンドーン
17.ストロール
18.マグヌッセン
19.エリクソン
ピットレーン・スタート:ウェーレイン

スタートは波乱!
ハミルトンは好スタートだったけど、ベッテルはたぶん少し出遅れた!
その隙をついて5番手のフェルスタッペンが一気に上がってきて、ベッテルを抜くときにベッテルのマシンのフロントウイングに接触して前に行きやがった!(;゚Д゚)
ベッテルは4番手まで順位を落とす。

3コーナーではバランスを崩したサインツがマッサに激しく衝突して2台ともリタイヤ。
リプレイ映像を見ると、サインツに幅寄せされたグロージャンが行き場を失くしてサインツの後ろに接触、その勢いでバランスを崩したサインツがマッサに衝突、という流れのよう。
この事故でセーフティカー(SC)導入。

ここまで、スタート直後の出来事。

1.ハミルトン
2.フェルスタッペン
3.ボッタス
4.ベッテル
5.リカルド
6.ライコネン
7.ペレス
8.オコン
9.ヒュルケンベルグ
10.クビアト

4周目、
SCがはけてリスタート。

フェルスタッペンがハミルトンを追い立てる。
その後ろのボッタスはフェルスタッペンを狙う。
一瞬、フェルスタッペンに並んだボッタスだったけど抜けず。

ベッテルは懸命に走るけど、フロントウィングが壊れているせいで思うように走れないよう。

ライコネンが外に膨らんでバランスを崩す。
その隙にペレスが前に出る。

6周目、
ベッテルがピットイン!
フロントウィングを替えないと走れないとの判断のよう。
タイヤも交換。
今回は1ストップのようだから、こんなに早くタイヤ交換してしまうと後半が苦しくなりそう。
18番手まで順位を落とした。

10周目、
ベッテルがチームラジオで「フロントウィングのパーツを落としたかも」って。
マジか!?

11周目、
フェルスタッペンが止まった!
エンジントラブル?
これでバーチャルセーフティカー(VSC)。

14周目、リスタート。

順位の整理、
1.ハミルトン
2.ボッタス
3.リカルド
4.ペレス
5.ライコネン
6.オコン
7.クビアト
8.アロンソ
9.バーンドーン
10.マグヌッセン
15.ベッテル

18周目、
ライコネンがタイヤ交換、7番手復帰。

19周目、
リカルドがタイヤ交換、6番手復帰。

20周目、
ベッテルはジワジワと順位を上げてきて現在10番手。

24周目、
ボッタスがタイヤ交換、3番手復帰。

32周目、
ハミルトンがタイヤ交換、余裕のトップで復帰。

33周目、
オコンがタイヤ交換、6番手復帰。

トップ10は、アロンソ以外タイヤ交換が済んだ。
順位の整理、
1.ハミルトン
2.ボッタス
3.リカルド
4.ペレス
5.ライコネン
6.オコン
7.ベッテル
8.アロンソ
9.ヒュルケンベルグ
10.クビアト

42周目、
ベッテルのチームラジオでのやりとり、「プランB(2ストップ)にしようか?」。
川井さんや浜島さんの分析によると、今のレースの状況だと2ストップでも順位は失わないとのこと。
だったら2ストップにする価値はあるとのこと。

ライコネンが先に動いた!
タイヤ交換、ウルトラソフト、7番手復帰。

43周目、
アロンソがタイヤ交換、11番手復帰。

この周、ライコネンがファステスト。

さっきのラジオから特に動きのないベッテル、ピットインしないのか?

50周目、
ベッテルがタイヤ交換、7番手復帰。
さあ!どこまで上がれるか!?

51周目、
ベッテルがファステスト。

61周目、
ライコネンがバランスを崩してコースアウト、その隙にベッテルが前に出た。
4番手のペレス、5番手のオコンのフォース・インディア勢を追いかけるベッテル。

62周目、
ベッテルは前のオコンに3秒まで迫ってきた。

64周目、
ベッテル、オコンまで1秒以内、DRS圏内に捉えた!

66周目、
ベッテルがオコンに仕掛ける!
暴れるマシンを抑えつけるように必死に制御しながら執念のオーバーテイク!
押し出されるような形でコースアウトしたオコン、前に出るベッテル!

今度はオコンに追われながら、ペレスを射程圏内に狙うベッテル、その差は1.147。

69周目、
ペレスをあっさりとかわし、ベッテルは4番手に!

この周、アロンソのマシンがエンジントラブルか何かでストップ。
客席に入ってファンサービスをするアロンソ。
ちょっとヤケになっているようにも見える。

トップのハミルトンは今回はほとんどカメラに映ることなく、そのままチェッカー・フラッグ。

優勝・ハミルトン、2位・ボッタス、3位・リカルド。


ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


次回はアゼルバイジャンGP 予選:6/24(土)、決勝:6/25(日)


<写真:ESPN F1:集中力を高めるセバスチャン・ベッテル(予選)>
a0220528_21515651.jpg

<写真:ESPN F1>
a0220528_21523376.jpg

a0220528_21524439.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-13 21:57 | F1 | Trackback | Comments(0)
a0220528_2136519.png


★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
女房が出て行った。
二人の子供を残して。
預金通帳の残金は二万円。
作詞家の「俺」の子育ての日々が始まる。
詞を書き、酒を飲み、女と遊び…そんな十六ビートの生活はしばしお休み。
弁当を作り、子供の送り迎えをし、猫の「ポン太」に人生相談をする、ゆったりとしたワルツの暮らし。
だが、いつまで続くものやら。
「神田川」の作詞家が哀切と可笑しみを込めて描く、愛おしさ満点の傑作家族小説。
-----------------------------------------------

女にだらしない作詞家が主人公なんだけど、喜多條さんの自叙伝なのかなぁ。

主人公の男の現在と過去が交錯する形で描かれている。
男の波乱万丈な人生と、いい加減なんだけどどこか憎めないキャラクターと、飼い猫のポン太の存在が相まって、愉快なんだけどちょっと切ない、絶妙なテイストの物語。
a0220528_21373080.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-11 21:38 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_223391.jpg


06:40 長者原から入山
09:00 坊がつる着
09:40 坊がつる発
11:30 平治岳
14:30 大戸越
16:00 坊がつる
18:00 長者原まで下山


河さんに誘われて平治岳までミヤマキリシマを見に行きました。

満開!真っ盛り!超見頃でした♪
去年もすごくきれいだったけど、今年の方がさらにきれいです。
もふもふに咲き乱れていました。(〃▽〃)

河さんのお友達にもお会いして、ミヤマキリシマを鑑賞しながらのんびりまったり過ごしました。
7時前に入山して下山が18時だから、かなりゆっくりした山行でした♪


久住連山とミヤマキリシマ
a0220528_224115.jpg


ピンクの絨毯が美しい♪
a0220528_2241814.jpg


ミヤマキリシマの向こうには高塚山と天狗岩。
a0220528_2243450.jpg


ミヤちゃんも里帰り♪
a0220528_2245322.jpg


坊がつるから平治岳を見上げるミヤちゃん。
ここからも山頂のピンクがよく見える。
a0220528_225932.jpg


白いミヤマキリシマを発見!
a0220528_2252399.jpg


入山すぐの森の中。
朝方まで雨が残っていたので少しガスってて幻想的です。
a0220528_226145.jpg


霧に煙る雨ヶ池。
a0220528_2261979.jpg


途中で見つけた変な花?葉っぱ?
a0220528_2263599.jpg


下山途中の木漏れ日。
a0220528_2265236.jpg


道標の役割があるケルン。
森の中にあるケルンは、可愛らしいお地蔵さんのようで好きなのです。
a0220528_227136.jpg

a0220528_2272954.jpg

a0220528_2274299.jpg

a0220528_2275829.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-09 22:12 | 登山 | Trackback | Comments(0)

【映画】 メッセージ



★★★★★<5段階評価>


ある日、宇宙からの飛行体と思われる巨大物体が世界12の場所に突然現れる。
言語学者のルイーズは軍の要請を受け、科学者(数学者?)のイアンと共に謎の知的生命体との意志の疎通を図ることを試みる。
彼らが地球に来た目的とは何なのか…。


私の大好物なタイプの作品。
宇宙人飛来もののSF映画でありながらハリウッドお得意のドカン・バキュンはほとんどなく、むしろ哲学めいたヒューマンドラマの趣きがあり、どこか東洋的な思想も感じさせる静かさがありながら、でもやっぱりものすごくSFという映画だった。

科学と哲学って両極端なものだと思いがちだけど実は表裏一体で、科学を突き詰めると哲学めいてくるし、哲学も突き詰めると科学的に見えるし、両者の境目って実は曖昧なんじゃないかと思うことがあるんだけど、そういう感覚を味わえる。

「あなたの人生の物語」というSF小説が原作で、小説の方ではフェルマーの原理(光は光学的距離が最短になる経路、すなわち進むのにかかる時間が最小になる経路を通る、という原理)がキーワードになったり、科学的な専門用語などが多用されているらしいんだけど、映画の方ではそういう難しさはほとんどない。

ただ、時間の概念とか、サピア=ウォーフの仮説(言語はその話者の世界観の形成に差異的に関与することを提唱する仮説)とか、そういうものがキーワードにはなってくる。

2回、3回と観ることで面白さが増す作品だと思う。


◆作品データ → 映画.COM

a0220528_16103279.jpg

a0220528_1610434.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2017-06-02 16:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)