ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

a0220528_22245751.png

★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)------------
妻あり子なし、39歳、開業医。
趣味、ヴィンテージ・スニーカー。
連続レイプ犯。
暗い衝動をえぐる邪心小説。
----------------------------------


主人公の男がとんだゲス野郎で、全く共感できないどころか神経を逆撫でするイヤな奴。
この男の持つ毒、この男のクリニックに蔓延する人間関係による毒、被害女性やその周辺の毒。
毒まみれでけっして気持ちのいい作品ではないけど、なんだろう、グイグイ物語に引き込まれていく。

私は桐野さんの作品を読むのは2冊めだけど、前回読んだものと同様、これもバスっと唐突に終わる。
桐野さん作品の特徴なのかな?
なんだかモヤモヤする終わり方だけど嫌いじゃない。


<これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_22264733.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-30 22:27 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_14373478.png

★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)------------
「全方向土下座外交」で生き延びた弱小勢力もついに運の尽きが。起死回生はあるのか(見えすぎた物見)。
落城必至。強大な水軍に狙われた城に籠もる鯨取りの親方が仕掛けた血煙巻き上がる大反撃とは(鯨のくる城)。
まずは奴に城を取らせる。そして俺は国を取る。奇謀の士が仕組んだ驚愕の策とは(城を噛ませた男)。
のるか、そるか。
極限状態で「それぞれの戦い」に挑む人間の姿を熱く描いた渾身作。
----------------------------------


戦国時代のあまり有名ではない人物を主人公にした短編集。
武力的には弱い者たちが、戦略・謀略だけで強い者達に相対する話。

面白いのは面白かったんだけど、短編集なのが残念だった。
短い中に話を収めるためか解説のような部分が多いと感じてしまい、物語に入り込むことができなかった。


<これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_1439840.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-27 14:39 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ランチとお買い物♪

大雨でまたもや近所で崖崩れ。
そのせいでまたもや断水。
次の日には復旧したけど、地震のせいで地盤が緩くなっているので油断は禁物です。
友達が飲料水の差し入れをしてくれてとても助かりました。
ありがたい。(。-人-。)

雨が小康状態になったので、福岡のみ~ちゃんちにお泊りで遊びに行きました。
先日、私が誕生日だったのでみ~ちゃんにランチを御馳走に♪

“キャナリィ・ロウ”というイタリアン・ビュッフェのお店で、佇まいがまずカワイイし料理も絶品でした。
ビュッフェ、大好き(笑)。
また行きたい!
次はディナータイムに行きたいです。

そのあとは、ホームセンターやユニクロや100円ショップでお買い物。
私が絶賛ハマり中のお菓子作りの小道具を、誕生日プレゼントとして買ってもらいました。
どんどんお菓子を作るぞ。ヾ(* ̄▽ ̄)ノ


※キャナリィ・ロウのかわいい店構えと宝石みたいなドルチェ
a0220528_2301546.jpg

a0220528_2303337.jpg
<写真:ぐるなびより>
ぐるなび キャナリィ・ロウのページ → http://r.gnavi.co.jp/nzw67wn80000/
a0220528_2323666.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-25 23:04 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
a0220528_1193758.png

★★★★★<5段階評価>


フロイト、ユングと並ぶ三大心理学者の一人、アルフレッド・アドラーの考え方を解説してくれている本。
“哲人”と“青年”の対話形式なっているのでとてもわかりやすい。

『嫌われる勇気』では、自分に自信がない劣等感の塊のような青年が哲人の書斎を訪れるところから始まる。
悩める青年に対して哲人は、アドラーの思想をとくとくと話して聞かせる。
アドラーの考え方に反発し反論していた青年だったが、最後には自信を取り戻し晴れやかに書斎を出て行く。

『幸せになる勇気』では、その3年後に青年がまた書斎を訪れるところから始まる。
最初の対話のあとに青年は、アドラー思想を信念とした教師になる。
だが、アドラーの考え方を実践しているにも関わらず生徒たちは荒れ、学級崩壊を起こすほどになっていた。
アドラー思想に失望し憤慨した青年は、その怒りを哲人にぶつけるために書斎を訪れたのだった。


NHK Eテレ『100分de名著』の今年2月分がこのアドラーの回で、この本の著者である岸見さんが解説してくれていた。
私は、アドラーという心理学者をこの番組で初めて知ったのだけれど、私がこの40数年間生きてきて経験や感覚で身につけた考え方・思想・渡世術が、アドラー思想にとても似ているものだったので、共感と納得のしまくりで鳥肌が立った。
その番組のあとに気になってこの2冊を読んでみたのだけど、やはり共感と納得しかなかった。

“全ての問題はシンプルである”とアドラーは言うけど、私も心からその通りだと思う。
悩んでいる人自身が問題をこねくり回してややこしくしているだけで、冷静に考えれば問題の核はシンプルだし、その核が見極められれば対策方法は絞られてくる。

とても論理的で合理的で単純明快な思考経路なので、この考え方で生きることができればものすごく楽だし、現に私は、対人関係で悩んだり揉めたりということが、“主観的に見て”ほとんどない。
この“主観的に見て”というのが大事なわけだけど。

理解するのも実践するのも難しいと言われているらしいアドラー心理学だけど、自分の心の有り様や考え方の方向性をほんの少し変えることができれば、抱えている問題や苦しさは劇的に変化すると思う。

学校や職場や家庭でトラブルを抱えて苦しい人にはぜひ読んでほしい本です。


<これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_11111628.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-23 11:13 | 読書 | Trackback | Comments(2)

2016 F1 ヨーロッパGP

初開催のヨーロッパGP、アゼルバイジャンでのレース。

予選。
Q1、
フリー走行で8位だったバトン。
予選でもいいタイムで走っていたけど、イエローフラッグやトラフィックのせいでスムーズに走れず敗退。

Q2、
ハミルトンがミスを連発で、解説の右京さんいわく「とっちらかってるなぁ」って。
それでも2番手順位で通過、トップはロズベルグ、ベッテルは6番手。

Q3、
1回目はベッテル1番手、ライコネン2番手、ロズベルグ7番手、ハミルトン8番手。
2回目の走行に賭けていたハミルトン、15コーナーでミス。
次の走行でもウォールに接触してマシンを壊し、ハミルトンのアタックは終了。
これで赤旗中断。
予選が再開されて、トップタイムのロズベルグ以外は最後のアタックに出る。
ペレス2番手、リカルドとベッテルが同タイムを出し、ルール上先にタイムを出したリカルドが3番手、ベッテル4番手。
ペレスはギアボックスの交換によるペナルティで5グリッド降格が決まっている。


決勝。
このサーキットで行われたGP2は大荒れだったようだし前日の予選も波乱があったので、決勝も荒れるレースになるんじゃないだろうかという前評判だったが、大きなトラブルはない淡々としたレースだった。
なので、感想もあっさりめで。

スターティンググリッドは、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ベッテル
4.ライコネン
5.マッサ
6.クビアト
7.ペレス
8.ボッタス
9.フェルスタッペン
10.ハミルトン
11.グロージャン
12.ヒュルケンベルグ
13.アロンソ
14.グティエレス
15.ナッセ
16.ハリアント
17.ウェーレイン
18.サインツ
19.バトン
20.エリクソン
21.パーマー
ピットスタート.マグヌッセン

スタートはほぼスムーズ。
後方では何台かが絡んだ接触があったよう。

1周終えての順位、
1.ロズベルグ
2.リカルド
3.ベッテル
4.ライコネン
5.ペレス
6.マッサ
7.クビアト
8.フェルスタッペン
9.ボッタス
10.ハミルトン

ペレスが2つ、フェルスタッペンが1つ順位を上げた。

7・8周目あたりでタイヤ交換ラッシュ。
リカルドやライコネンがピットインするなか、ベッテルは入らず。

ハミルトンがグイグイ順位を上げて11周目のころには4番手に。
ただマシンにトラブルを抱えているらしく、このあと思うようにタイムが伸びない。

21周目、ベッテルがタイヤ交換。
22周目、ロズベルグがタイヤ交換。

レッドブルもイマイチ調子が上がらない。
川井さんいわく「ダウンフォースを削りすぎなんじゃないか」とのこと。
今回のレースに向けて、レッドブルはガラッとセッティングを変えたようだけどそれが裏目に出た形に。

このあと、サインツやウェーレインやアロンソがマシントラブルでリタイヤするも、クラッシュなどのアクシデントはなく、淡々とレースが進む。
ヒリヒリするようなオーバーテイクショウもなく、ロズベルグがダントツのトップなのでベッテルが勝負を仕掛けるような場面もなく、素人の私にはちょっと面白みの欠けるレースだった。

優勝・ロズベルグ、2位・ベッテル、3位・ペレス。

ライコネンは4位、ハミルトンは5位。

前回のカナダで9ポイント差まで縮まったロズベルグとハミルトンのポイント差が、今回でまた24ポイント差まで開いた。
ロズベルグには嬉しい優勝、ハミルトンは痛い。

レースとは関係ないけど、ロズベルグの声ってセクシーだなぁ(笑)。
お顔はタイプではないけど、声はすごくいい。( 艸`*)

次回はオーストリアGP、7/2(土)予選、7/3(日)決勝。

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング

<写真:ESPN F1:ペースを上げて前を追うセバスチャン・ベッテル>
a0220528_0191485.jpg

<写真:ESPN F1:表彰台でポーズを取るトップ3ドライバー>
a0220528_0194094.jpg

a0220528_0195779.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-21 00:21 | F1 | Trackback | Comments(0)
6/18(土)、貴重な梅雨の晴れ間、百さんと朝駆けで天狗ヶ城へ。
雲があったおかげで、それはそれは美しい幻想的な朝焼けを見ることができました。

ミヤマキリシマは、近くで見ると色が変わっていたり枯れ始めているけど、遠目ではまだまだキレイなピンクの絨毯でした。

それと、空気がやたらと澄んでいて、由布岳や阿蘇五岳がすっごく近くて、日頃は霞んでいるような遠くの山々までくっきりと見えました。
濃くなった山の緑が鮮やかでキレイだったぁ。(〃▽〃)

買ったばかりのミラーレス一眼でたくさん撮影したけど、練習不足で失敗もたくさん。(ノД`。)
まだまだ勉強が必要です。

今回は写真メインで。


04:17、夜明け前の真紅の空と由布岳。
a0220528_2152254.jpg

04:59、もうすぐ日の出。
a0220528_21533623.jpg

05:01、ご来光。
a0220528_2153566.jpg

雲が幻想的。
a0220528_21541591.jpg

御池の岩の上でくつろぐ百さんと天狗ヶ城。
a0220528_21543866.jpg

星生崎を見上げる百さん。
a0220528_2155270.jpg

西千里から見た星生山。ミヤマキリシマのピンクが張り付いていてキレイ。
a0220528_21552560.jpg

振り返ると久住山と星生崎。この景色が好き。
a0220528_21554946.jpg

ベニバナニシキウツギ(紅花二色空木)の赤紫色がキレイ。
a0220528_21561132.jpg

色が薄いけど、これもベニバナニシキウツギなのかな?
a0220528_21563122.jpg

コケモモ(苔桃)はちっちゃくてカワイイ。ピントがイマイチ…。
a0220528_21565522.jpg

a0220528_21571365.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-19 21:58 | 登山 | Trackback | Comments(0)

2016 F1 カナダGP

面白い白熱したレースだった!

スターティンググリッド、
1.ハミルトン
2.ロズベルグ
3.ベッテル
4.リカルド
5.フェルスタッペン
6.ライコネン
7.ボッタス
8.マッサ
9.ヒュルケンベルグ
10.アロンソ
11.ペレス
12.バトン
13.グティエレス
14.グロージャン
15.クビアト
16.パーマー
17.ウェーレイン
18.ナッセ
19.ハリアント
20.サインツ
21.エリクソン
22.マグヌッセン

ほんの少しだけど雨が降っている。
道路が濡れるほどではないけど。
風が若干強め。

シグナルが消えてスタート!
トップのハミルトンがわずかに出遅れた!
その隙をついて、外側からベッテルがトップに飛び出す!
うまい!鳥肌が立った!ベッテル、カッコイイ!
ハミルトンは動揺したのか隣を走っていたロズベルグに接触し、ロズベルグはコース外に押し出される形に。
これで、ハミルトンは2番手、ロズベルグは大きく順位を落として10番手に。

1周終わっての順位、
1.ベッテル
2.ハミルトン
3.フェルスタッペン
4.リカルド
5.ライコネン
6.ボッタス
7.マッサ
8.アロンソ
9.ヒュルケンベルグ
10.ロズベルグ

スタートでハミルトンを大きく引き離したように見えたベッテルだけど、2周目に入る頃にはハミルトンが真後ろまで迫って来ている。
最終シケインでミスったか?と思われていたけど、のちにベッテルはコメントで「カモメのせい」だって。
(詳しくはこちら → TN トップニュース 『ベッテル「負けたのはカモメのカップルのせいだ」ハミルトン「僕の指示通り!」』)

5周目くらいにはベッテルとハミルトンの差は1秒以内まで縮まってきた。
連続でファステストを出すハミルトン。

7周目、
ロズベルグが前のヒュルケンベルグをせつくように追いかけるが、焦りが出たか、最終シケインでミス。
またヒュルケンベルグの背中が遠のく。

11周目、
バトンのエンジンが白煙と火の粉を吹いてストップ、リタイヤ。
バーチャル・セーフティーカー導入。

このタイミングでベッテルとライコネンが続けてタイヤ交換。
スーパーソフトタイヤを装着したので2ストップ作戦。
ソフトタイヤの装着が義務なのでもう1回は必ずピットインしなきゃいけない。
ベッテル、4番手でコース復帰。

順位の整理。
1.ハミルトン
2.フェルスタッペン
3.リカルド
4.ベッテル
5.ボッタス
6.マッサ
7.ロズベルグ
8.ヒュルケンベルグ
9.アロンソ
10.ペレス

17周目、
ベッテル、DRSゾーンで前のリカルドに仕掛けるが抜けそうで抜けない。
リカルドのブロックがうまい。

18周目、
ベッテル、最初のDRSゾーンの手前でリカルドをかわした!
リカルドも粘ったけどな。
ベッテル、その勢いのままシケイン手前でフェルスタッペンをパス!
カッコイイ!
ベッテルのマシンの動きって、なんかカッコイイんだよな~!(≧∇≦)
私が好きだからそう見えるだけかな(笑)?

21周目、
フェルスタッペンがタイヤ交換、8番手でコース復帰。

22周目、
リカルド、ロズベルグ、ヒュルケンベルグがタイヤ交換。

そういえばさっき、フェルスタッペンへのチームラジオで、ペースのいいリカルドを前に出せって指示が出てたのにフェルスタッペンは従ってないな。

23周目、トップのハミルトンと2番手のベッテルの差は約6秒。

24周目、ハミルトンがタイヤ交換。
ソフトタイヤを装着したからおそらく1ストップ。

順位の整理。
1.ベッテル
2.ハミルトン
3.フェルスタッペン
4.ライコネン
5.リカルド
6.ボッタス
7.ロズベルグ
8.パーマー
9.マッサ
10ヒュルケンベルグ

ベッテルはもう1回ピットストップするから、実質はハミルトンがトップ。

29周目あたり、
4番手争いが熾烈。
リカルドとボッタスが前のライコネンを攻めまくる。

ライコネンがチームラジオで「Take it easy」って言われて、それに対して「後ろに2台もいるのに無理!(川井さん訳)」って答えてて、川井さんは爆笑してた。

32周目、
ロスベルグがボッタスの真後ろに来て4番手争いに加わった。
ライコネン、苦しそう。

ベッテルとハミルトンの差がジワジワだけど縮まってきている。

34周目、
ライコネンがタイヤ交換、8番手復帰。

37周目、
マッサがリタイヤ、マシントラブル?

ベッテルがタイヤ交換、2番手復帰。

順位の整理。
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.フェルスタッペン
4.ボッタス
5.リカルド
6.ロズベルグ
7.ライコネン
8.ヒュルケンベルグ
9.サインツ
10.ペレス

さあ、ここからがベッテルの勝負どころ!

39周目、
ロズベルグがリカルドをかわす。
リカルドはそのままタイヤ交換に入る。

ハミルトンとベッテルの差は6.7秒くらい。

ロズベルグ、ボッタスの真後ろまでつけるもストレートで引き離されてしまう。
何かマシントラブルを抱えている模様。

50周目、
ハミルトンとベッテルの差は5秒以内まで縮まった。
ペース的にはベッテルの方がいいけど、ハミルトンはタイヤと燃料の温存のために本気を出してないだけかも。
なんとかベッテルに頑張ってほしい!
やきもきする!

52周目、
ロズベルグがリアタイヤパンクでタイヤ交換、7番手でコース復帰。
このレースはとことんついてないな。

55周目、
ロズベルグ、シケインでリカルドをかわし6番手に。
マシントラブルが解消した?

57周目、
ベッテル、ハミルトンに4.5秒ほどに迫ったけど、シケインでミスって5.9秒に。

58周目、
ロズベルグがライコネンを執拗に追いかけて、バックストレートでかわした。

ベッテルが最終シケインでまたもやミス。
うーん、厳しいか!

順位の整理。
1.ハミルトン
2.ベッテル
3.ボッタス
4.フェルスタッペン
5.ロズベルグ
6.ライコネン
7.リカルド
8.ヒュルケン
9.サインツ
10.ペレス

63周目、
フェルスタッペンに迫ってきたロズベルグ。

64周目、
ロズベルグ、バックストレートでフェルスタッペンに仕掛ける!が抜けず!
ホームストレートでもう一度仕掛けて、サイドバイサイド!
抑えるフェルスタッペン!
フェルスタッペンはこういうプレッシャーに強いな。
反対にロズベルグには焦りが見える。

70周目、最終周回、
ロズベルグ、DRSを使ってシケイン手前でフェルスタッペンに並ぶ!抜けそう!
と思った瞬間、何か(白線?)に乗って横滑りするロズベルグのマシン!
事故にはならなかったけど4位の座からは遠のいた。

そしてそのままチェッカー・フラッグ。
優勝・ハミルトン、2位・ベッテル、3位・ボッタス。

表彰式の前、バックヤードでハミルトンとベッテルが仲良く雑談しているシーンが映っていたけど、さっきまで時速300キロで生きるか死ぬかみたいな戦いをしていたとは思えない穏やかさ。

ベッテルが2位でも悔しそうじゃないのは、「この負けは、メルセデスのマシンが馬鹿みたいに速いせいであって、自分が実力不足なわけではない。同じスペックのマシンに乗れば勝てる。」って思ってるんじゃないのかな、って雑談の様子を見ていてなんとなく思った。
こういう穏やかな顔のベッテルを見てると、歳を重ねてますますイイ男になったなぁと思う。
で、ときどき見せるヤンチャ君ぶりがまたカワイイ♪(〃▽〃)

こういう雑談風景とかチームラジオのやりとりとかインタビューシーンとか、英語での会話のシーンに出くわすたびにもっと英語を勉強してればよかったと思う。(ノД`。)

それにしても、川井さんも今宮さんも言ってたけど、ベッテルの2ストップは作戦ミスだよなぁ。
のちにフェラーリから公式に「作戦ミスだった」ってコメントがあったけど、1ストップでいったら勝てたかも?
メルセデス相手では厳しかった?
でも、確実にフェラーリのマシンはメルセデスと戦えるくらいに速くなったと思う。

次回のベッテルの走りも楽しみ!

次回はヨーロッパGP、6/18(土)予選、6/19(日)決勝。

ポイントランキングはこちら → TN ポイントランキング


<写真:ESPN F1:スタート後に先頭に踊り出たセバスチャン・ベッテル>
a0220528_2334989.jpg

<写真:ESPN F1:互いの健闘を称え、ハグを交わすルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテル>
a0220528_2342052.jpg

a0220528_234331.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-14 23:22 | F1 | Trackback | Comments(0)

雨なのでインドアです

マイブームのお菓子作り第三弾はアップルパイ♪
a0220528_21355175.jpg

冷凍パイシートを使ってだけど、中身のリンゴのコンポートはもちろん手作り。
見た目は上手でしょ!
味もなかなかでしたよ♪( 艸`*)


◆◆◆◆◆◆


ずっと、欲しいな欲しいなぁ~!と思っていたミラーレス一眼を買っちゃいました♪
a0220528_21361443.jpg

友達のみ~ちゃんが買ったので、私も真似して同じもの。
これで山登りがさらに楽しくなるぞ。ヽ(*´∀`)ノ

ちなみに上のアップルパイの写真は、このカメラが届く前だったのでコンデジでの撮影です。
a0220528_2136363.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-12 21:38 | 雑記 | Trackback | Comments(2)
a0220528_22545027.png


★★★<5段階評価>

イタリアのスラム街に母親と二人で暮らすマイコは、幼いときからいろいろな国を転々とする生活をしてきた。
超秘密主義の母親から他人との交流を禁じられているので友達は一人もいない。
その母親は、時々マイコを残して長期でどこかへ出かけ、毎回、整形手術で別人のような顔になって帰ってくる。
マイコは成長するにつれ、母親には重大な秘密があるのではないかと疑うようになる。


友達のいないマイコが、勝手に親近感を覚えた七海という人物に手紙をしたためるという、独白形式で物語は進んでいく。
マイコの体験、マイコの心情、マイコの感想のみで構成されているので、マイコの知らないこと、知り得ないことは描かれない。
物語の中で何か事件が起きたとき、主人公の視点と事件の当事者の視点の両方から書かれることが多いので、主人公が知り得ないことでも読者は知ってたりするものだけど、この作品はマイコ以外の視点での描写は一切ない。
だから、少しずつ母親やマイコの出生の秘密などが明らかになりながらも、わからないことはわからないままスパッと唐突に終わる。
マイコが選んだ道が正しいのか正しくないのか、そんなことにも一切言及しない。

マイコの過酷で危うげな生き方にハラハラしながら、物語に引き込まれた。


<これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_22554034.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-11 22:57 | 読書 | Trackback | Comments(0)

Perfumeと道後温泉

a0220528_14131462.jpg

Perfumeのライブツアー『COSMIC EXPLORER』の徳島公演に行ってきました♪
Perfume好きの友達から「付き合って」と誘われて、私自身は熱狂的なファンというわけではないけど気になるアーティストではあったので参加してみました。

演出がとにかくカッコイイ!
サイバーでSFチックで、異空間感がスゴイ!

それと、Perfumeの3人がカワイイ!
席が、端の方だったけど最前列だったので顔の表情まではっきりわかるほど3人の姿がよく見えました。
顔がちっちゃくて足も体も細くて、バービー人形みたいでした。
かわいかったぁ~♪(ノ∀`*)
それほど華奢に見えるのにパフォーマンスは力強くて、でも繊細で、カッコよかった!素晴らしかった!

アメトークの“Perfumeスゴイぞ芸人”でチラッと紹介されていた、半透明のスクリーンにプロジェクションマッピングを投影するあのパフォーマンスもやってくれて、それがホントにすごかった!

またぜひ行きたいです♪(≧∇≦)
a0220528_14141942.jpg


次の日は道後温泉に寄ってきました。
a0220528_14144085.jpg

a0220528_14145184.jpg
和洋折衷の建物がすごくステキ。
中の作りや働いている方の雰囲気とかも含めて「千と千尋」みたいでした。
温泉の泉質もよくて、お湯が柔らかくてしっとりしてて温度も好みで、気持ちよかったぁ。
近所のおばちゃん・おばあちゃんもたくさん入ってて、皮膚は皺くちゃでも肌のキメが細かくてツヤツヤしてる素肌美人ばかりで驚いた。
あまりの肌の綺麗さに目が釘付けになってたら、「何か御用ですか?」って顔で見られて気まずくなりました(笑)。


初めてのPerfume、初めての四国。
大満喫の旅でした♪(〃▽〃)


朝5:35のフェリーで四国に渡ります。
a0220528_14151830.jpg
天気が悪かったので海が荒れていてまっすぐ歩けないほどの揺れ。
三半規管が強いので逆に楽しかった。ヽ(*´∀`)ノ

石鎚山サービスエリアで休憩。
a0220528_14153118.jpg
来年は石鎚山登山で来たいな。

徳島ラーメン。
a0220528_14154540.jpg
「いのたに」という有名店らしく超満員。
ダシがきいていて見た目ほど濃厚じゃなくて美味しかった♪

次の日は香川に立ち寄ってさぬきうどん!
a0220528_1416952.jpg
こしがしっかりして旨い。
揚げがめっちゃ美味しい!

道後温泉の近くの伊佐爾波神社。
a0220528_14162744.jpg

a0220528_14163925.jpg
この石段に惹かれてお参りしてきました。
おみくじは大吉♪
a0220528_14165559.png

[PR]
by wakabanokimochi | 2016-06-07 14:21 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)