ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

27日、みーちゃんとつくみイルカ島に行ってきました。
そして、イルカちゃんと泳いできました。ヽ(*´∀`)ノ

すごくいいところ!
かなりのオススメスポットです。

いわゆる“水族館”とは違って、海を網で仕切った生け簀のような中をイルカやアザラシやタイやマグロが泳いでいます。
自然の中にいるからみんな伸び伸びしていて、ストレスを感じてなさそう。
土曜日なのにお客さんでごった返しているわけでもなくて、ゆった~りと時間が流れています。

予定より早く着いたのでまずはイルカショーを見ます。
ジャンプするイルカちゃん。
a0220528_13205769.jpg

ジャンプするクジラちゃん。
a0220528_13211566.jpg

イルカショーを見るとなぜか涙が出ちゃう(笑)。
なんだろね、心から癒やされて心の澱のようなものが涙と出ちゃう感じ。

イルカショーのあとはふれあいタイムが始まります。
500円で一緒に写真が撮れて、1,000円で撫でたり握手ができたりします。
私たちは1,000円コースでふれあいます。

こんなに近くにイルカちゃんが来てくれる♪
a0220528_13214258.jpg

かわいい~!(≧∇≦)
また泣いちゃいそう(笑)。

口の中まで触らせてくれる。
a0220528_1322263.jpg


インストラクターさんに言われたとおりに手を出すと握手!
a0220528_13222041.jpg

すごく頑張って私たちを楽しませてくれるイルカちゃん。
健気!

イルカちゃんと泳ぐプログラムまで時間があるので施設内を散策します。

ペンギンちゃんもいます。
a0220528_13224192.jpg


イルカちゃんとアザラシくんにエサをあげられるコーナーもあります。
魚、ちゃーだい!の顔。
a0220528_13225920.jpg

a0220528_13231553.jpg


アザラシくんは眠そうに浮かんでて、その顔が絶妙。
a0220528_13233520.jpg


展望台から見た青い空と青い海。
a0220528_13235614.jpg

a0220528_13241586.jpg

家を出たときは曇っていて、由布院辺りでは結構な雨が降っていて心配したんだけど、着いてみたらこの快晴。
日頃の行いの賜物やね(笑)。
写真には写ってないけど、うっすらと四国も見えました。

時間になったので集合場所に行って、人生初のウェットスーツを着ます。
ムッチムチのピッチピチ。
どうにか着用して、いざ、イルカちゃんの元へ。
a0220528_13243677.jpg

a0220528_13245788.jpg

ナデナデ。(ノ∀`*)
硬い、ゴムみたい、タイヤみたいな感触。
ゴシゴシ撫でられると気持ちいいんだって。

まずは背面泳ぎ。
イルカちゃんの胸ビレに掴まってお腹に乗って泳ぎます。
a0220528_13251649.jpg

a0220528_13253673.jpg

a0220528_132556100.jpg


次は背ビレに掴まります。
a0220528_1326198.jpg

a0220528_13263681.jpg

a0220528_13265438.jpg

背面よりスピードがあって波を切って進む感じ。
泳ぎ方もダイナミック。

泳いだあとはお礼のナデナデ。
a0220528_13271482.jpg


プログラムが終わって解散、ってなったら、別のイルカちゃんが「もうお仕事終わったの?」って顔で寄って来た。
a0220528_13273321.jpg

あー、たまらん、キュン死する。(´口`*)

イルカセラピーってあるけど、本当に心の中の悪いものが全部洗い流された。
代わりにほっこりしたもので満たされる。
お子ちゃまも泳げるプログラムもあるし、絶対オススメです。
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-09-30 13:35 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
<牧の戸登山口~久住山~久住分かれ~北千里浜~すがもり峠~三俣山・西峰~三俣山・本峰~三俣山・南峰~すがもり峠~大曲登山口>

26日にみーちゃんママと朝駆けしてきました。
前回の朝駆けはガスで何も見えなかったんだけど、今回は見事な朝焼けでした。

2時半過ぎにうちを出たんだけど、この時点で満天の星。
天の川まできれいに見える星空でした。
3時過ぎに登山口の駐車場では、さらに数を増やした星空。
本当に美しくてしばらく見とれました。

3:40、牧の戸登山口を出発。
ちょっと出発が遅かったんだよね。
少し急ぎ目で登ったけど、久住分かれの避難小屋についた頃には東の空がうっすらと明るくなり始めました。
中岳でご来光の予定だったんだけど、急きょ久住山に変更します。

明るくなるにつれて帯状になったうろこ雲が見えてきました。
a0220528_22434539.jpg

なんかすごい空。

うろこ雲と稲星山とすすき。
a0220528_2244654.jpg


振り返って見た中岳と天狗ヶ城。
a0220528_22443129.jpg


久住山山頂も間に合いそうにないので、稲星山に下りる道の辺りで一旦落ち着くことにします。
雲の色が刻々と変わっていく様に感動。
a0220528_2244579.jpg

a0220528_22451686.jpg

a0220528_22453542.jpg

a0220528_22455027.jpg

a0220528_2246854.jpg

a0220528_22462790.jpg

a0220528_22464530.jpg

a0220528_22471312.jpg

a0220528_22472914.jpg


太陽が昇りきる前の久住山。
a0220528_22474969.jpg

モルゲンロートって言うんじゃない?

とにかく風が強くてまともに立っていられないほど。
気温もかなり低くて指先が痺れてきたのでカイロをポケットに忍ばせて久住山頂まで移動します。

6:22(2時間42分経過)、久住山に到着。
a0220528_22482057.jpg


三俣山がきれい。
a0220528_22484069.jpg

雲海もすごい。

地を這う雲。
a0220528_22491100.jpg


岩の陰で軽く朝ごはんを食べてから北千里浜に下りて三俣山に向かいます。

8:09(4時間29分経過)、すがもり峠に到着。
すがもり峠から見た大船山。
a0220528_2249291.jpg


三俣山は優しい山容なのに登るとキツイ。
切れる息を整え整え登ります。

岩陰で小さな紅葉が始まっていました。
a0220528_22495326.jpg


三俣山はリンドウがたくさん咲いていました。
a0220528_22501423.jpg


8:50(5時間10分経過)、三俣山・西峰。
a0220528_22503637.jpg


9:25(5時間45分経過)、三俣山・本峰。
a0220528_2251078.jpg


本峰から見た北峰と大鍋。
a0220528_22512611.jpg

北峰へのルートはあるようだけど地図では点線で描かれているし、急勾配そう。

9:50(6時間10分経過)、三俣山・南峰。
a0220528_2252182.jpg

ここでお昼ごはんにします。
あったかくて気持ちいい。
朝の寒さが嘘のよう。

リンドウやアキノキリンソウが群生しています。
a0220528_22524497.jpg


青空とすすき。
a0220528_2253367.jpg


帰りはすがもり峠から大曲登山口に下ります。
林道から振り返って見た三俣山。
a0220528_22532761.jpg

やっぱカッコいい山だな。

12:34(8時間54分経過)、大曲の登山口に無事下山しました。

何度か朝駆けをしてきたけど今回のような絶景は初めてでした。
登るたびに景色が違う。
まさに一期一会。
これだから山登りはやめられない。



御嶽山の噴火には驚いています。
被災された方にお見舞い申し上げます。
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-09-28 22:57 | 登山 | Trackback | Comments(0)
まずはワカバの本棚を更新しました。
・首折り男のための協奏曲 / 伊坂幸太郎



百さんのお誘いで、佐賀県鳥栖市で行われた「鳥栖市民講座」に行ってきました。

80歳でエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎さんの講演会です。
a0220528_16482838.jpg

背は小さいし、喋り方も優しくて、エベレストを制覇する冒険家!みたいは迫力はないんだけど、好きなことを徹底してやる!という静かな、ゆったりとした、気負っていない気骨みたいなものを感じました。

60歳手前でプロスキーヤーを引退してからの不摂生がたたって高血圧・糖尿病・心臓疾患を患い、余命3年と宣告されたそう。
それから心機一転、健康に気を使うようになるんだけど、“病気にならないために摂生する”というような「守りの健康法」ではなく、足腰を鍛え、心臓を鍛えるためにウェイトをつけてウオーキングするといった“攻めの健康法”を実践されているとのこと。

人間、やらない理由・できない理由はいくつでも挙げられるけど、目標を決めてそこを目指して“やる”努力をするのが大事なんだと。
印象的なのは、それは決して義務ではなくて、その努力そのものを楽しんでらっしゃる。
だから、とても80歳を過ぎているとは思えないほど若々しい。

65歳の時に「70歳でエベレストに登る」と目標を掲げ、5年のスパンで訓練を開始する。
だけど最初は、近所の標高500メートルの山でさえ登り切れないほど体力が落ちていたんだって。
それでも地道に訓練を続けて見事登頂。
その後、75歳で再登頂。
そして昨年、80歳で世界最高齢でエベレストの頂に立つ。
そのときの映像も流れたんだけど、とにかく楽しそう。
エベレストは無理だけど、この人のように生きたいと心から思いました。

驚くことに、三浦さんのお父さんは99歳でモンブランの氷河をスキー滑降したんだって。
恐るべし三浦一家。

人生1度きり、やりたいときにやりたいことをやる、そんな思いを強くした講演会でした。


さて、その後。
百さんの家で打ち上げのBBQです(笑)。
メンバーは、先日行った中岳朝駆けの面々。

肉と焼きナス。
a0220528_16494460.jpg

そしてカンパイ!
a0220528_1650170.jpg

味付きカルビ。
a0220528_16501752.jpg

ウインナーとシイタケも。
a0220528_16503347.jpg

松ぼっくりは天然の着火剤なんだって。
a0220528_16505045.jpg

木材をくべて焚き火。
a0220528_1651817.jpg

メインディッシュは実は肉ではなく、秋の味覚サンマ!
a0220528_16512496.jpg

いい感じに焼けてきた。
a0220528_16513936.jpg

大根おろしとカボスを添えて。
a0220528_16515622.jpg

焚き火を囲んで食します。
うんま~い!!
a0220528_16521749.jpg

ビールを飲んじゃったからもう帰れません。(´口`*)
大さんが持ってきた三岳を頂いて、ゴトウさんが持ってきた魔王も頂いちゃいました♪
a0220528_16523430.jpg


結局、鳥栖駅近くのビジネスに宿泊。
好きなときに好きなことをやる、を即実践(笑)。
いや~、楽しかった!
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-09-22 16:54 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
<牧の戸登山口~中岳~久住分れ~星生山~扇ヶ鼻分岐~牧の戸登山口>

百さん・大さんとそのお友達、それからみーちゃんママの7人で朝駆けで中岳に行ってきました。
こんな大人数での山登りは初めてだし、はじめましての人たちだからちょっと緊張したけど、みんな気さくですぐに馴染みました。
“山登り”という共通項があれば打ち解けられるね。

2時に牧の戸登山口に集合。
雲は多いけどチラチラお月様も見えるし、なんとか天気がもってくれればと思いながら準備万端で出発しようとしたらまさかの雨。
慌ててレインウェアを着用。

2:30、気を取り直して出発。
一人で自分の息遣いと足音だけを聞きながら歩く孤独な朝駆けもいいけど、大人数でワイワイ言いながら登るのも楽しい♪

今回は休憩を多めに取りながら登りました。

雨は降ったりやんだり。
風もそれほどなく寒くはありませんでした。
でも、扇ヶ鼻分岐の手前くらいからずいぶんガスってきました。
ご来光を諦めたくはないけど難しいかなぁ。
朝駆けが初めての人もいるから朝日を見せてあげたいのに。

西千里浜までくるとガスで真っ白で、どの辺りを歩いているのか見当もつかないほど。

5:00ちょっと前(約2時間30分経過)、久住分れの避難小屋に到着。

少しずつ明るくなる中、ひたすらに中岳を目指します。

5:46(3時間16分経過)、中岳に到着。
a0220528_14312784.jpg

ガーン…。
薄々予想はしていたけど、やっぱり真っ白で何も見えない…。
奇跡も諦めてなかったんだけどなぁ。

風もあるし、雨が降ってきそうなので一旦池ノ小屋まで下りて朝ごはんにします。

みんなで思い思いに朝ごはん。
a0220528_14315079.jpg


一瞬だけガスが晴れた!
a0220528_1432856.jpg


7:15頃(約4時間45分経過)、出発。

ガスに煙る御池も幻想的。
a0220528_14322640.jpg


久住分れでトイレ休憩をして、星生山に向かいます。

最初の登りはちょっとしんどい。

果敢にも星生崎の岩の上に行く大さん。
a0220528_14324795.jpg

見てるこっちが恐怖で倒れそうになる。 ((((;゚Д゚))))
気をつけてよ~!
ガスってるから高度を感じないかもしれないけど、すっごく高いんだからね。

星生山縦走は岩場が怖いけど、冒険気分は楽しい♪

9:06(6時間36分経過)、星生山に到着。
a0220528_1433932.jpg

やっぱり真っ白。
硫黄山や三俣山や大船山、ここから見える格別な風景も見せてあげたかったなぁ。

行きは真っ暗で見えなかったけど、花もいろいろ咲いていました。

アキノキリンソウ。
a0220528_14333050.jpg

たくさん咲いていました。
今が見頃。

ワレモコウもたくさん。
a0220528_14335198.jpg


これ、何の葉っぱだっけ?
a0220528_14341089.jpg

紅葉し始めていました。

フクオウソウ。
a0220528_14343069.jpg

雨に濡れて下を向いているけど、雄しべがシュッシュ!ってしてて面白い。

ホクチアザミ。
a0220528_14345196.jpg

草がちょうど邪魔ね(笑)。
普通のアザミは葉っぱもトゲトゲしててなんか攻撃的な印象であまり好きじゃないんだけど、これは優しくて好き。

たぶんカワミドリ。
a0220528_14351164.jpg


少し晴れてきて姿を見せてくれた星生山。
a0220528_14353175.jpg


雨粒のついた線香花火みたいな草。
a0220528_14355264.jpg


イヨフウロ。
a0220528_14361695.jpg

コンクリ道の端っこに咲いていました。

11:28(約9時間経過)、牧の戸登山口に戻ってきました。

写真を撮りながらおしゃべりしながらののんびり山行。
ご来光が見れなかったのは非常に残念だけど、またおいでってことだね。
自然はこっちの思惑通りにはならないね。

前から気になっていた炭酸泉の温泉に入って帰りました。
すごいシュワシュワで気持ちよかった。(〃▽〃)
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-09-17 14:40 | 登山 | Trackback | Comments(0)
<八丁原登山口~一目山~ミソコブシ山~涌蓋越~涌蓋山 (ピストン)>

晴れ間が続くようになった!
すっかり秋の気配だけど、それはそれでまたいい♪

どこの山に行こっかなぁ、中岳は15日に行くし、大船山は紅葉してからの方がいいし、この前行った高岳を逆から行く、馬鹿尾根から登るコースが気になるから行ってみようかなぁ。
と思っていたら、涌蓋山に昨日登ったというみーちゃんママからすごく勧められたので涌蓋山に行ってきました。

牧草地を歩くのんびりしたコースで、秋の花がたくさん咲いていて気持ちよかった!
涌蓋越への登りと涌蓋山山頂までのラストがちょっとだけきつかったけど、全体的にはのんびりハイク。
過酷な山に登りたい気分だったからちょっと物足りなかったけど、今しか見られない花がたくさん見られたので結果オーライ♪

7:04、八丁原の登山口を出発。
雲は多めだけどまずまずの天気。
まずは一目山を越えて行きます。
a0220528_041214.jpg


草原の中をテクテク歩いて気持ちいい。
a0220528_0412342.jpg

風も爽やか。

7:30(26分経過)、一目山山頂。
a0220528_0415041.jpg

向こうの方に由布岳が見える。

目指すは一番奥の山。
a0220528_042119.jpg

下って登って、あと二山越えていくのね。

花がたくさんで撮影が忙しくてなかなか前に進まない。
ワレモコウが咲いていました。
a0220528_0423231.jpg

華やかではないけど深い赤色の具合や佇まいが好き。

シモツケソウ。
a0220528_0425022.jpg

もう終わりかけかな。
花火みたいで好き。

たぶんママコナ。
a0220528_04366.jpg

小さな花だけど足元にいっぱい咲いててカワイイ。

ツリガネニンジン。
a0220528_0432995.jpg

これもたくさん咲いていました。
釣鐘型の花ってなんか好き。

ホソバノヤマハハコ。
a0220528_0434710.jpg

ちっちゃい!
花びらが幾重にもなってて派手じゃないけど目を引く。

8:45(1時間41分経過)、ミソコブシ山山頂。
a0220528_044756.jpg

座ってちょっと休憩。

ミソコブシ山から見たくじゅう連山。
a0220528_0443048.jpg


ここから涌蓋山への道が草に覆われてわかりにくいけど、よく見たら踏み跡があるのですぐに見つけられます。

ミソコブシ山から下ってきた。
振り返って見る。
a0220528_0445090.jpg


涌蓋山が近づいてきた。
a0220528_0451074.jpg


この草原地帯を抜けたら林道に出て、少し行くと涌蓋山への登山口があります。

オニユリ。
a0220528_0453322.jpg

ちょっと毒々しい。

イヨフウロかな?
a0220528_0455469.jpg


少し登りがきつくなってきた。
もうすぐ涌蓋越。
三俣山の最初の登りみたいな、あんな道。
フウフウと息を切らして、
10:02(2時間58分経過)、涌蓋越に到着。
a0220528_0461556.jpg

涌蓋山がすぐそこになった。
少し下って、あの尾根を登ります。

サワヒヨドリ。
a0220528_0463681.jpg


シモツケソウに似てるけどちょっと違うみたい。
なんだろ?
a0220528_0465879.jpg


10:26(3時間22分経過)、涌蓋山山頂。
a0220528_0472272.jpg

広い山頂にはマツムシソウが群生していました。
a0220528_047415.jpg

a0220528_048243.jpg


くじゅう連山がきれいだ。
a0220528_0482755.jpg

久住山、中岳、扇ヶ鼻、三俣山、大船山、北大船山、平治岳、全部見えるな、すごいな。

阿蘇方面。
a0220528_0485549.jpg


ご飯を食べたら眠くなったのでちょっと横になります。
ハチのはばたき、鳥のさえずり、風がすすきを撫でる音。
太陽の光は暑いけど風が心地よくて、20分くらい爆睡してしまいました。(〃▽〃)

11:00過ぎ(約4時間経過)、下山を開始します。

これもカワイイ。
a0220528_049222.jpg

ピンクと紫のコントラストがキレイ。
名前を調べたけどわからん。

すすき越しに見たくじゅう。
a0220528_0494332.jpg


開く前のすすきはほんのりピンク色。
a0220528_050316.jpg


九電の風車がよく見える。
a0220528_0502631.jpg

グワン、グワン、グワンって静かに回る音が聞こえる。

これも名前がわかんないなぁ。
a0220528_0505026.jpg


13:36(6時間32分経過)、最後は一目山を経由せずに巻き道の林道を通って無事下山しました。
本当にま~ったりしたトレッキングでした。
花がなければちょっと退屈かもしれないけど、ガッツリ登山の気分ではないときには最適な山です。
時間がゆったり流れるとはまさにこのことだなって思えました。
お弁当を持ってピクニックなんて、サイコーかも♪

地図を見ると、牧の戸峠から合頭山~猟師山~スキー場を横切って~一目山~ミソコブシ山~涌蓋山~地蔵原というロング縦走もできそうなんだよねぇ。( 艸`*)
地図の参考タイムで7時間半だから休憩時間を考慮したら8時間とか9時間とか。
車が2台ないと無理だけど。
地蔵原に下りずにピストンだと13時間くらいか。
険しい山じゃないからやれるかな。
厳しいかなぁ。
12時間の縦走はもう経験済だからいけるか(笑)。
まぁ、要検討だな♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-09-11 00:59 | 登山 | Trackback | Comments(0)