ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<仙酔峡~火口東展望所~中岳~月見小屋~天狗の舞台~高岳~仙酔峡尾根~仙酔峡>

みーちゃんママと阿蘇の中岳・高岳に登ってきました。
雨ばかりの毎日で休みと天気が合わずに、実に1ヶ月以上ぶりの山!
山不足でどうにかなる寸前でした。

天気にも恵まれて、暑くもなく寒くもなく絶好の山日和。
ガンガン煙を上げている活火山だから、生まれたての地球のようにゴツゴツと荒々しい。
くじゅうとは違った景色を堪能しました。

みーちゃんママと5時に久住町の三愛レストランで待ち合わせ。
6時には仙酔峡のロープウェイ乗り場に到着。
a0220528_13331025.jpg

いい天気になりそうだ。

以前は火口東展望所までロープウェイで行けたらしいけど、今は運休中です。
再開する気配はなし。

コンビニで買ったパンを食べて、準備を整えて、
06:05、出発。
a0220528_13335270.jpg

目指す高岳と、その横に根子岳?
カッコイイ山だな。

整備された歩きやすい道。
そこそこの勾配だけど喋りながら歩いてもそれほど息は上がらないくらいの坂。

周りは溶岩がいびつな形に固まった岩だらけ。
a0220528_13341826.jpg

いびつな岩とロープウェイの支柱。
a0220528_13343894.jpg


07:09(1時間04分経過)、ロープウェイ駅が見えてきた。
a0220528_13344783.jpg

荒涼とした風景の中の廃墟。
ちょっと恐ろしげ。

07:29(1時間24分経過)、火口東展望所に到着。
a0220528_13352121.jpg

火口内部は見えねぇ…。

反対側の展望所、草千里とかを通って行く、いわゆる阿蘇山の展望所からだと、火口の中に溜まった水色の池みたいなのが見えるからそれを期待したのに、こちら側からは角度が悪くて見えません。

でも、ゴオオオオという地球のうなり声のような音がすごい。
a0220528_13352957.jpg

草1本生えてない大地に静かな迫力を感じる。

目指す中岳山頂は奥の山。
a0220528_13362859.jpg

そこに続く尾根もやっぱり不毛地帯。

遠目に見るよりは歩きやすいけど、風にあおられたりしたら滑落の危険も皆無ではない。
a0220528_13362540.jpg

油断せずに歩かなきゃ。

08:13(2時間08分経過)、中岳に到着。
a0220528_13371615.jpg

空が秋だ。

くじゅう連山が見える。
a0220528_13372345.jpg


反対側には雲海。
a0220528_13384292.jpg


高岳の方に進むと、高岳と月見小屋への分岐が。
高岳まではここから約10分ほどで、それでは物足りないので月見小屋の方へ迂回することにします。

10分ほどで月見小屋に到着。
a0220528_1338025.jpg

ドアのついた立派な避難小屋。

ここから先が藪こぎで大変でした。
背丈ほどある藪の中を、草露に濡れながら進みます。

09:18(3時間13分経過)、天狗の舞台と思われる場所に到着。
a0220528_13384872.jpg

が、ちょうどガスで何も見えず。
とんがって見えるのは根子岳?鷲ケ峰?

09:50(3時間45分経過)、高岳山頂に到着。
a0220528_13383892.jpg

みーちゃんママが作ってくれたおにぎりと玉子焼きでランチ。
うますぎ!(〃▽〃)
そして、ママが一度やってみたかったらしい山スウィーツのプリン。
a0220528_1339635.jpg

美味しいわぁ♪

ピンクのススキみたいな草がかわいい。
a0220528_13405335.jpg

相変わらず、ピントがうまく合わせられない…。

10:25(4時間20分経過)、下山開始します。
バカ尾根と言われる仙酔峡尾根はダラダラと長い急坂。
急も急、ほぼ崖。
ゴツゴツとした溶岩と浮石で歩きにくい。
つまづいたら滑落死必至の緊張する道。
慎重に下ります。
横には根子岳?
a0220528_1340532.jpg

このギザギザ具合は根子岳よね?
思ったより近いな。

根子岳は崩落がひどくて登山はかなり危険らしい。
こうして見ると険しさがうかがい知れる。

地図の参考タイムでは1時間10分のところを約2時間かけて下りました。
足場が悪くて思うように歩けない。
必死すぎて写真を撮る余裕もなし。

12:40(6時間35分経過)、無事に登山口まで戻ってきました。
沢の水がキレイ。
a0220528_13404334.jpg


6時間半のほどよい山行は、1ヶ月ぶりの私にはいいリハビリになりました。
今度は逆コースで登りたい。
バカ尾根の崖のような急登はかなり登り甲斐があると思うのです。
下るより登る方が絶対楽しいはず。
うちから2時間くらいで登山口まで来れるし、近いうちにもう1回来たいと思います。

帰り道、やまなみハイウェイで見つけたカワラナデシコ。
a0220528_1341410.jpg

a0220528_13412795.jpg


それとヒゴダイ。
a0220528_13415765.jpg

a0220528_13425572.jpg

[PR]
by wakabanokimochi | 2014-08-28 13:49 | 登山 | Trackback | Comments(0)

イルカと馬

まず、ワカバの本棚を更新☆
・死にぞこないの青 / 乙一
・憤死 / 綿矢りさ


ジメジメジメジメ、雨ばかり。
梅雨が明けてからの方が雨が多い。
おかげで読書の時間はたくさんあるけど、山には全然行けてない。
屋久島から帰ってからは一度も行ってないので完全に山不足。
悶々するわぁ、はぁ…。(ノД`。)

そのせいもあるのかないのか、ここ数日、動物と触れ合って癒されたい願望がハンパない。

ああ、癒されたい…。

そんなモヤモヤする気分でいたら、ふと気づいた。
今年もすっかり後半戦に突入してるなぁ。

そして、ふと思いついた。

イルカと一緒に泳ぎたいなぁ。
あと、乗馬がしたい。

よし、下半期の目標はこのふたつに決定。

「イルカと一緒に泳ぎたい」っていうのは、私だけじゃなくて誰もが一度は思うことじゃないの?

バラエティ番組なんかで芸能人がイルカと泳いでいるのを、ヨダレを垂らしながら見ていたけど、よく考えたらそんなにハードルの高い望みでもないよね。

「そのうち、いつか」と言ってるだけじゃ、その「いつか」は永遠に訪れない。

調べたら、大分県津久見市に『つくみイルカ島』という施設があって、ここでイルカと一緒に泳げるらしい。
盆が明けて天気になったらさっそく行ってみよう♪

あと乗馬。
係りのお兄さんが引いてくれる馬になら何度も乗ったことがあるけど、もうちょっと本格的に乗りたい。
これも調べたら、湯布院の乗馬クラブ・クレイン湯布院で、1時間半のお気軽乗馬教室を行っているらしい。
しかも格安で。
これも、秋が深まる前までには行こうと思う。

「ミヤマキリシマが見たいなぁ」とふと思いついて山登りをしてみたら、ライフワークと言えるほどドップリはまってしまった。
自分でも気づかなかった自分の一面を知ることができた。

新しいことをやってみたら、また違う自分を発見できるかも。

人生、思っているほど長くない。
うかうかしてられない。( 艸`*)

ひとりで行ってもいいんだけど、ちょっと寂しいね。
つきあってくれるヒマな人がいないかなぁ♪
[PR]
by wakabanokimochi | 2014-08-09 21:18 | 雑記 | Trackback | Comments(0)