ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

a0220528_23232647.jpg


映画データ(映画.COM)

★★★★<5段階評価>


前から少し気になっていた作品だけど、瑛太目当てで借りてみた。
そしたらまたもや松田龍平との共演だった。
この2人がかもし出す雰囲気はいい。

悪くない人が理不尽に死ぬ映画は嫌い。

フランス映画は好きじゃないけど、フランス映画みたいな邦画は好き。

少し悲しいんだけど悲しいだけじゃなくて、ちょっとあったかくなる、そんな作品。
好き。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-25 23:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)

【映画】 人間失格

a0220528_23611.jpg


映画データ(映画.COM)

★<5段階評価>


高校生の頃にこの小説を読んだときは、内容の陰湿さと太宰の狂気に恍惚として、大好きな小説のひとつになったけど、映像で見せられると興ざめしてしまう。

映画向けの小説とそうじゃないのがあって、この作品は断然後者。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-25 23:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)
3泊4日の滋賀県滞在を終え、京都へ。

a0220528_121874.jpg


出発前から「るるぶ京都」を読み込んで、どこに行くかどのルートで行くか綿密なシミュレーションを重ねていました。

京都は見所満載で手当たり次第にあちこち行きたいけど1日じゃ厳しい。
悩んだ結果、王道の観光をすることにしました。

京都はバスの路線が充実していて移動はバスが便利。
京都駅前のバスターミナルで「市バス1日乗り放題500円」というカードが売られていて、これを使えばかなりお得です。


まずは清水寺。

バス停を降りて清水寺までは徒歩10分くらい。
だけどその道のりは坂道でけっこうきつい。
土産物屋さんが並んでいるから気が紛れるけど。

ちょっとだけゼイゼイしながら坂を上り終えたら、清水寺の入り口の門が姿を現します。

a0220528_12404036.jpg


さすが京都を代表する観光地。
たくさんの人たちでごった返していました。

ここから階段を上っていくと清水の舞台。

a0220528_12443373.jpg


1000年以上も前の建物にあんなに人が立って大丈夫なのかしらと余計な心配をしてしまった(笑)。

清水寺といえば音羽の滝。

a0220528_1314414.jpg


願いが叶うと言われている音羽の滝に、その水を飲むための行列ができていました。
私も並んだけどね(笑)。
湧き水だろうに、ちょっとぬるかった(笑)。

「幸せになりますように」と願をかけて飲んだけど、清水の神様と幸せの価値観が同じでありますように(笑)。

そのほかにも、弁慶の鉄の下駄と杖とか縁結びの神様とか胎内めぐりとか、見所はたくさんあります。
ゆっくり見るなら1時間以上は必要です。


次に行ったのは、京都霊山護国神社。
ここには坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓があります。
龍馬のお墓参りがどうしてもしたかった。

清水寺から徒歩10分くらいかな。

産寧坂とか二年坂を通って小道を進んでいくとあります。
清水寺から離れていてしかも土産物屋もほとんどないから人はまばら。
「龍馬伝」の頃は賑わってたんでしょうが。

心臓破りの坂を上り、さらに階段を上がっていくと坂本龍馬と中岡慎太郎のお墓が並んでいます。

a0220528_13525215.jpg


お墓の横では二人の銅像が京都の街を見下ろしていました。

お墓という死の印を目の当たりにすると、その人の生を強く感じます。
人もいなくて静かだったので、静かに手を合わせてきました。


次に向かったのは二条城。
ここも龍馬とゆかりがあって、徳川慶喜が大政奉還を宣言した場所。
有名な「大政奉還図」の広間があるお城です。

a0220528_1444719.jpg


キュッキュと鳴るうぐいす張りの廊下を歩きながら、この場所で歴史の大改革の宣言がなされたと思うとゾワゾワと鳥肌が立ちました。


次は金閣寺。

門を抜けてちょっと歩くと目の前にいきなり金色の建物が。

a0220528_14132234.jpg


ホントに金ぴかで驚いた(笑)。
修学旅行で清水寺にも二条城にも行ったけど、金閣寺には来なかったんだよなぁ。
だから、ガイドブックで見たままの金ぴかさに感動。

ここは、遠巻きに金閣寺をぐるっと見て終わり。
あっという間に1周しちゃいました。


最後は、金閣寺から徒歩15分の所にある龍安寺。
ここは、15個の石がある石庭が有名なお寺。
どの場所から見ても14個しか石が見えないという庭。

a0220528_14252276.jpg


東洋では十五夜(満月)にあたる15という数字を「完全」を表すものとしてとらえる思想があり、15に1つ足りない14は「不完全さ」を表すとされている。
また、日本には、日光東照宮の陽明門にみられるように、「物事は完成した時点から崩壊が始まる」という思想があり、建造物をわざと不完全なままにしておくことがある。

<wikipediaより引用>

なんだそうで、枯山水のシンプルな庭に込められた思想に日本人の感受性の豊かさを感じます。
繊細な民族の日本人でよかった。

庭全体を模したミニチュアがありました。

a0220528_1435162.jpg


確かに全体が見渡せるミニチュアでは15個の石があるのに、実際の庭ではホントに14個しか見えない。
すごい。
よくできてる。

雪が積もったらさらにきれいなんだって。


これで予定の観光は終わり。
この時点で夕方4時。
計画より30分早かった。
プラン通りに進んで大満足。
だけど、歩きに歩いて足はガタガタ。
1日で2万歩以上歩きました。

頑張ればもう1ヶ所くらい行けるかなって思ったけど、足は痛いし、京都駅に戻ってお土産選びをすることにしました。

京都駅の地下にたくさんのお土産物屋さんがあって、誰に何を買って帰るか迷いまくり。
でもこのお土産選びも旅の醍醐味。
売り子さんの口調がはんなりしてて、キュンとしました。
特におじさんの柔らかな「おおきに」やられました(笑)。

この日は駅近くのビジネスホテルに泊まって、次の日の新幹線で帰途につきました。
台風4号の影響で運休とかならないか心配だったけど無事に帰ることができました。


4泊5日の滋賀・京都の旅でリフレッシュしました。
もう一度ゆっくり振り返って、リフレッシュ以上の何かを感じたいと思います。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-22 15:04 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
滋賀県にいる弟が家を建てたので新築祝いに行ってきました016.gif

玖珠町の豊後森駅から急行に乗り博多へ。
そこから新幹線に乗り換えて京都、京都から湖西線に乗り換えて滋賀県今津へ。
列車なんか普段乗らないから新鮮で楽しい♪
駅弁なんか食べながらビールなんか飲んじゃって眠くなったら寝て、およそ7時間の列車の旅。
7時間といってもそんなに苦にならなかったよ。

滋賀県と言えば琵琶湖!

a0220528_0215398.jpg


弟の家から直線距離で200メートルのところに琵琶湖が広がっています。
釣りをする予定で釣具を宅急便で送ろうと思っていたんだけど、釣竿を梱包するのがとにかく大変でギブアップ。
釣りは諦めました。
琵琶湖のほとりを散歩しただけ。

琵琶湖ぐらいの広さになると波があるの。
寄せては返す波打ち際の波。
吹く風の匂いは池とか川とかのそれなのに波があるっていうのがなんだか不思議な感じでした。
天気が悪くてどんよりしてるけど、空が青い日は琵琶湖も青いんだって。

あちこちに釣り人がいました。
次は私も絶対釣りしよっと。



2日目は弟たちと琵琶湖博物館に行きました。

琵琶湖博物館

琵琶湖の歴史を紹介するブースや琵琶湖で見つかった化石を展示しているブース、メインは琵琶湖に住む生物だけの水族館。
けっこうちゃんとした本格的な水族館で、甥っ子たちとワイワイ言って楽しみました053.gif

帰りに彦根城に寄る予定だったんだけど土砂降りの雨で断念。



3日目は私の誕生日だったので、サプライズでケーキを用意してくれていました。

a0220528_0394310.jpg


ケーキに釘付けの天使ちゃん016.gif
いつもはカメラ目線をくれるのに、呼んでももうムリ(笑)。

新築祝いに行ったのに逆にお祝いされちゃいました。
ちょっと泣きそうに(笑)。
我慢したけどね037.gif


滋賀3日間は甥っ子たちとまったりだけど賑やかに過ごしました。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-22 00:49 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
玖珠町の豊後森駅前で幼馴染が店を再オープンしまして、私もほぼ毎日手伝いにいっています。

本当は6年前に始めたしたんですが、店主体調不良で3年ほど休んでまして、今月再オープンしたわけです。

人口の少ない玖珠町、しかも森駅前の商店街は閑散としてまして、営業的には厳しい感じもするんですが、幸い高校生なんかも来てくれまして、いまのところ売り上げゼロの日はなし。

これから上り調子になっていけばいいなぁ037.gif
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 01:13 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
a0220528_113923.jpg




映画データ(映画.com)

★★★★<5段階評価>



何かの映画を借りたときに映画紹介されてて、瑛太と松田龍平が出演なら観たくなっちゃうでしょ。

フランス映画みたいな叙情的な作品。
余韻が気持ちいいいい映画。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 01:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
a0220528_0583478.jpg



映画データ(映画.com)

★★★★<5段階評価>



三谷幸喜作品の中で一番好きかも。
奇想天外なのに違和感がない感じ。
全然ないわけじゃないけどね。
でも気にならない。
例えば、『ザ・マジックアワー』はコントをつなぎ合わせたみたいで騒がしいというか、途中でげんなりしたんだな。
笑わせよう笑わせようとしてるというか。
今回の作品は無理なく面白かった。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 00:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

【映画】 アポロ13

a0220528_055769.jpg



映画データ(映画.COM)

★★★★<5段階評価>



宇宙つながりで借りてみた。

はやぶさのときも思ったんだけど、例えば宇宙でトラブルが起きたとき、地上のスタッフがその問題点を追究して解決策を探し、その方法を宇宙にいるクルーに伝えて、宇宙船のような狭くて限られた物資しかない空間で解決していく、けっこうアナログな感じで。
科学の最先端なのにそのアナログ感がすごいなと思う。
結局最後に頼れるのは人の頭脳と技術なんだなぁ。
そういう危機にきちんと対応できるように、選抜試験や訓練があんな感じなんだなぁ。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 00:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

【映画】 宇宙兄弟

a0220528_050483.jpg



映画データ(映画.COM)

★★<5段階評価>



久しぶりに映画館に行ってきた。
宇宙兄弟はコミックの大ファンで、映画化が決まったときから観たかった作品。
まだ連載が続いてる作品の映画化にはあまり肯定的ではないんだけど。

感想は、案の定物足りなかった…。

コミックの方では物語の山場がもう何度もあって、ムッタ(小栗旬)が宇宙飛行士の選抜試験を受ける編、その後ヒューストンで研修を受ける編、ヒビト(岡田将生)が月に行く編。
そのひとつひとつに感動の見所があるからじっくり堪能したいのにあっさりとしか描かれてなくて。
2時間そこらの映画で全部を網羅するのが無理だっていうのははなからわかっているんだけど、わかってて映画を観にいったくせにやっぱり物足りなかった。
映画で描かれているシーンには結構重要だって思っていたキャラクターが出てなかったのも残念。

やっぱり大好きなコミックが映画化されたっていうのは観ちゃいけないね。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 00:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)
a0220528_0415548.jpg



映画データ(映画.COM)

★★★<5段階評価>


ダメな偉い人が頑張る、みたいな話、好き。
身分が低い者がその偉い人を対等な立場でサポートする、みたいな話も好き。
だから、この映画、好き。

王様の吃音を治そうとする先生が、ちょっと変わり者で、彼の異端な感じに好感が持てる。
[PR]
by wakabanokimochi | 2012-06-14 00:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)