ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:禁煙外来( 3 )

【禁煙チャレンジ 14日目】2013年11月28日

2回目の受診でした。
「頑張れてますか?」と尋ねられたので「はい。」と答え、「副作用はどうですか?」と訊かれたので「全部出てます。」と答えました。
副作用がどうしても辛かったら相談してくださいと言われ、診察終了。
新たに2週間分の薬をもらいました。

ネットで調べたら、このチャンピックスの副作用で苦しんでる人は多い。
錠剤を半分に割って1日4回に分けて服用している人や、どうしても気分が悪いときには服用をやめたりとか、みんなそれぞれ工夫しながらやってるみたい。

薬を飲む前にしっかり食事を取って、多目の水で服用すると、吐き気や胸の圧迫感を抑えられるような気がします。
胃薬を併用するとさらにいいみたい。
今まで朝ごはんを食べてなかったけど、チャンピックスを飲むために朝ごはんを食べるようになった。
どんどん健康的な生活になる(笑)。

便秘は、ヨーグルトやヤクルトで整腸するように気をつけてます。

それでもキツイときや副作用を出したくないとき(山登りするときとか)は、もうチャンピックスを飲まないようにしています。
1回飲まないくらいじゃタバコを吸いたくはならない。


所要時間 10分
診察料・薬代 (3割負担) 3,090円 <累計:9,480円>



【禁煙チャレンジ 28日目】2013年12月12日

3回目の受診日だけど、仕事が休めなかったので薬だけもらいに行きました。
受診って言ったって特に何するわけでもないしね。

この頃から、薬に慣れたのか副作用があまり出なくなってきた。
ちゃんと食後に飲むとか気をつけてる効果もあるだろうけど、不眠や夢もなくなってきた。
そうなると、タバコを吸いたい感情が1日に何回か沸くようになってきてしまった。
お守り代わりに常備しているタバコをたまーに吸っちゃったり。
それでも、1日に1本とか2本とかだけど。
で、吸っても全然おいしくないんだけど。

「絶対吸っちゃダメ!」とか神経質になりすぎるとしんどくなるし、このくらいのユルさでいいんじゃないかと思ったりして(笑)。


所要時間 3分
診察料・薬代 (3割負担) 3,090円 <累計:12,570円>

[PR]
by wakabanokimochi | 2013-12-20 19:30 | 禁煙外来 | Trackback | Comments(0)
【禁煙チャレンジ8日目】 2013年11月22日

禁煙外来で処方してもらったチャンピックスを飲み始めて8日目、今日から本格的な禁煙の開始です。

この1週間は薬の量が少ない準備期間で、薬とタバコを併用しながら徐々に慣らしていくという感じでした。
ひとまず、起き抜けのタバコと布団に入る直前のタバコをやめることから始め、生活の中でタバコが吸いたくなっても「今その1本が必要か?」と自分に問いかけて極力吸わないというやり方をしてみました。
これで、1日20本吸っていたのが半分の10本になり、1週間目には6・7本まで減りました。

そして、8日目。
1本も吸っちゃいけないことになってるんだけど、食後とかにどうしても欲しくなってついつい吸ってしまいます。
ところが、薬のせいか全然タバコがおいしくない。
煙くてちょっと不快なくらい。
「あれっ、今までなんでこんなおいしくないもの吸ってたかな??」って思っちゃうくらい。
とはいえ、ついつい火をつけちゃって、結局3本くらい吸ったかな。

タバコを手元に置いとかなきゃいいじゃん、って思うでしょ。
手元になかったらなんか怖いの(笑)。
吸いたい衝動に駆られておかしくなったらどうしようとか思っちゃって(笑)。

9日目も同じような感じで3・4本吸ったかな。
だけど、吸ったときにおいしくないどころか少し吐き気を感じるようになってきた。
薬自体にニコチンに似た成分が入っているのにタバコでさらにニコチンを摂っちゃって、過剰摂取による中毒症状かしら。

10日目、この日も同じようにタバコに火をつけちゃったんだけど、えずくくらいの吐き気を感じてしまってすぐに消した。
よく考えたら朝からずっと軽い吐き気というか、胃に辺りに気持ち悪さを感じていたんだよな。
結局、2本くらいに火をつけたけど、気持ち悪くてあまり吸えなかった。

11日目、「タバコ吸っちゃおうかな~」と考えると昨日の吐き気を思い出して気持ち悪くなって、結果、初めて1本も吸わなかった。
で、この日も朝から軽い吐き気を感じてたんだけど、どうやら薬の副作用のよう。
チャンピックスを飲んで3~4時間の間吐き気を感じるみたい。
少し頭も痛くて、例えるなら乗り物酔いをしたときの感じに似てるかな。

14日目、これで最初の2週間が終了。
チャンピックスの主な副作用である、

・吐き気
・頭痛
・上腹部痛
・便秘
・お腹のはり
・普段と違う夢を見る
・不眠

このすべてが見事に出てツライ(笑)。
吐き気・頭痛は先述した通り。

上腹部痛の説明は難しいんだけど、猫背でずーっとパソコンとかしてたら胸の辺りが凝らない?
内臓というより筋肉とか皮膚に近い部分が痛いというか、違和感がある。
ずっとじゃないんだけどね。

元々便秘なのにさらに便秘。
お腹もはって苦しい。

一度寝たら目覚ましも聞こえないくらい爆睡してたのに、今はなかなか寝付けない上に朝までうっすら意識がある気がする。
今まで夢なんてめったに見なかったのに、眠りが浅いせいで毎日見るし。
ナタを持った男に追いかけられて背中を切り付けられたり。

これが3ヶ月も続くと思うと辛いなぁ。
だけど、タバコは一切吸ってないし、吸いたくてしょうがないのを我慢してるって感じでもない。
目の前で吸われても全然平気だし、イライラもしない。
なんだかんだで禁煙できそうな気がする。
もうちょっと薬のお世話になるけど、薬なくてもやめられるんじゃないかなぁ。
副作用がツライわぁ002.gif
[PR]
by wakabanokimochi | 2013-11-29 23:39 | 禁煙外来 | Trackback | Comments(0)
まずはワカバ棚を更新しました。
三浦しをんさん、カズオ・イシグロさんの作品。


さて、禁煙外来に行ってきました。

「タバコやめたいな~。でもやめられるかな~。体には悪いしお金はかかるし、いいことないのにな~。」とタバコを吸いながら考えることは、喫煙者なら一度ならずあるでしょう。
私も、吸う場所は探さなきゃいけなし、気ぃ遣うし、洋服はタバコ臭いし、変な咳は出るしで、禁煙したいと思いながらもなかなかできずにいました。
だけど屋久島が全面禁煙になったことを受けて、こりゃ、やばいと思い立ったわけです。

「何かをしたい」「どこかに行きたい」「もうちょっと痩せたい」
そう思っても、思っているだけでは何もできないし、どこにも行けないし、痩せることもできません。
思うなら動かねば!
何事も行動あるのみ!
イモトが前歯を抜いてまでマナスルに登ったのを見て、なんか触発された(笑)。

意志が弱く自分に甘い性格の私には禁煙は至難の業です。
そこで、“ 病院 ”と“ お医者さん ”という権威の象徴と、「病院で処方してもらった薬なんだから」というプラシーボ効果が私には必要なんじゃないかと思い、禁煙外来での禁煙を決めました。

禁煙外来に興味がありながらも二の足を踏んでいる方のためと、自分自身の観察日記のために、禁煙の過程をレポートしていこうと思います。



【初めての禁煙外来・初診】 2013年11月14日

受付で禁煙外来の受診であることを告げて、保険証を出して、普通に待合室で待ちます。

名前を呼ばれて診察室に入ります。
優しそうなじいちゃん先生でした。
まず問診です。
これは、保険適用になるかどうかを確認するための問診だと思われます。

保険適用になるためには4つの条件が必要です。

1.1日の喫煙本数と喫煙年数をかけたら200になる。
2.1ヶ月以内に禁煙を開始する意志がある。
3.文書で同意している。
4.ニコチン依存症の診断テストで合格する。

まず、1日の喫煙本数と喫煙年数を訊かれます。
私の場合は、1日20本×20年=400で余裕のクリア(笑)。

いつから禁煙を始めますかと訊かれるので「今日からでも」と答えました。

ニコチン依存症の診断テストを受けます。
アンケートみたいなものです。

・自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
・禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
・禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。

このような設問が10問あり、それに「はい」か「いいえ」で答えます。
普通の喫煙者だったらほぼ全部「はい」で、合格間違いなしです(笑)。

次に同意書を書きます。
私は、「健康のために禁煙します」と書きました。
あと日付と署名をして完了。

この後は、健康診断です。
採血をして血液検査。
採尿、胸のレントゲン撮影、心電図計測、肺の中の一酸化炭素量を測るために機械に息を吹き込む検査。

検査が終わったら、そのデータを見て先生からお話が。
すべての検査で異常なしということ。
ただ、血液検査の結果が明日しか出ないので、薬の処方は明日ということです。
肝機能が低下していると飲めない薬なので、血液検査の結果が出てからということだそうです。

所要時間 1.5時間(待合室の時間は含めない)
診察料・薬代 (3割負担) 3,710円


 

【診察2日目】 2013年11月15日

血液検査の結果も問題なく、薬が処方されるようです。
薬の飲み方の説明を先生から受けます。

ニコチンに似た成分の薬を飲むことでタバコによるニコチン摂取を抑えるというのと、薬が脳に作用して、タバコを吸っても快楽物質が出ないようにするらしい。
それによって、タバコが欲しくない体になるとのこと。
だけど、最終的には本人の “ やめる意志 ” が大事だって。

薬なので副作用もあるらしい。
主な症状は、
・吐き気
・頭痛
・上腹部痛
・便秘
・お腹のはり
・普段と違う夢を見る
・不眠

飲んで副作用が気になるようだったら相談してください、とのことでした。

で、薬をもらってきました。
チャンピックス
a0220528_21401674.jpg

最初の3日は0.5gを1日1錠、4日目から7日目までは0.5gを1日2錠ずつ飲みます。
この1週間は慣らし期間なので喫煙しながらでもOK。
私は徐々に本数を減らそうと思います。

8日目からは1gを1日2錠ずつ、ここから完全に禁煙です。

全12週、約3ヶ月のプログラムです。
薬は2週間分もらったので、薬がなくなる前に受診してくださいと言われました。

ちなみに、今回もし禁煙に失敗したら、1年間は同じ診療を受けられないそうです。

約1時間前に最初の1錠を飲みました。
ついに禁煙プログラムスタート!
で、今1本タバコを吸ってみたけどあんまり美味しくないかも!?
プラシーボ効果が発揮されてる(笑)?

所要時間 15分
診察料・薬代 (3割負担) 2,680円 <累計:6,390円>

[PR]
by wakabanokimochi | 2013-11-15 21:46 | 禁煙外来 | Trackback | Comments(0)