ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

【映画】 オトトキ



2016年に再集結したTHE YELLOW MONKEY。
その再集結の1年間を追ったドキュメンタリー映画。

完全にファンとしての感想で、イエローモンキーに興味がない人にはどうでもいい記事です(笑)。

イエローモンキーの話をするときにいつも使う例えなんですが、私にとってイエローモンキーの再集結は死んだと思っていた大事な人がフラッと帰って来た感覚に近いんです。
エベレストに登ると言って15年前に出かけた大事な人と連絡が取れなくなり、おそらく死んだんだろうけど最初の数年はそれを受け入れられず、その人のことをやっと笑って話せるようになった15年目に突然帰って来た、そんな感じ。
だから、4人が一緒に演奏している様子(ライブでも映像でも)を見ても、時々現実とは思えない不思議な感覚に襲われることがあるんですよね。
だけど、この映画を観たら、なぜだかわからないんだけど「ああ、本当にこの人達は帰ってきたんだ」となんだかもの凄く実感できました。

再集結一発目のライブのオープニング、カウントダウンからの『プライマル。』はやっぱり何回見いても鳥肌が立つし涙が出ます。。
『プライマル。』はイエローモンキーの最後のシングルだったから、好きな曲だけど悲しさと寂しさを呼び起こす楽曲だったのに、一番最初のライブの一曲目にやってくれたおかげで復活を象徴する曲に昇華したと思います。

イエローモンキーが再集結するにあたり、その復活劇を演出するキレ者スタッフの存在を感じていたんだけど、その方も少しだけ出演されてました。
そして、その方だけじゃなく、イエローモンキーの周りにいる人はイエローモンキーのことを大好きな人ばかりだと感じました。
ビジネスの上での付き合いとかじゃなく、このバンドを愛している人たちが作り上げるライブだったりイベントだったりするから、これだけファンの心にグッとくるんだと思います。

メンバー4人が一緒にいるときの雰囲気の柔らかさにホッコリします。
解散前のSPRING TOURとか最後のドームライブの、あの重々しくてピリピリした空気を見ているから、今の4人の柔らかさには安心感しかありません。
あの頃はみんな30代後半くらいだったから、きっとそんな時期だったんでしょうね。
ながーいこと一緒にいた人との距離感に悩む、そんな時期。

じゃあ、みんな50代になって落ち着いてじじ臭いかと言えばそんなことは全然なくて、なんでしょうね、ただひたすらにカッコイイ♪

菊池兄弟のお父さんの話とか、エマが腰が痛くなっちゃったりとか、吉井さんの声が出なくなっちゃったりとか、しんどいことを抱えながらもファンの前でキラキラ・ギラギラしている様子にグッときたし、さらに彼らが愛おしくなりました。

キラキラ・ギラギラしている彼らが眩しすぎて、またちょっとだけネガティブモードになったりする面倒臭い私です(笑)。
吉井さんと同じく永遠の中二病なんでしょうがないです(笑)。

円盤化はされると思いますが、せっかくだから一度は劇場の大画面と良音での鑑賞をオススメします♪


◆作品データ → 映画.COM

a0220528_0381170.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://asakure.exblog.jp/tb/237997642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wakabanokimochi | 2017-11-19 00:40 | THE YELLOW MONKEY | Trackback | Comments(0)