ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

【読書】 悲嘆の門(上・下) / 宮部みゆき

a0220528_20203683.png

★★★<5段階評価>

猟奇的な殺人事件が立て続けに発生。
サイバーパトロールをする民間会社でアルバイト中の大学生・幸太郎は、インターネット上に溢れる膨大な情報の中から犯人に繋がるネタを必死に探す。
そんな最中、幸太郎の周辺でも不穏な出来事が頻発し、元刑事・都築と出会う。

ファンタジー作品、『英雄の書』の続編。
続編というほど前作を引きずってはなく、『英雄の書』の世界観を引き継いだ別の物語。
『英雄の書』はがっつりファンタジーで、そしてそれが何かの二番煎じのように感じてしまって楽しめなかったけど、この作品は事件を解決するサスペンスの部分が充実していたので入り込めた。
サスペンスとファンタジーがちょうどよく融合していると思う。

人が発する“言葉”は知らず知らずのうちのその人の本質を形成する。
それは“業”のようなもの。-----
そんなことがテーマになった作品。


<これまでの読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
[PR]
トラックバックURL : http://asakure.exblog.jp/tb/21600953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wakabanokimochi | 2015-08-31 20:23 | 読書 | Trackback | Comments(0)