ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧

念願の祖母山! <北谷登山口~風穴~祖母山頂~九合目小屋~国観峠~茶屋場~北谷登山口>

山登りを始めてもうすぐ1年。
今年の目標に掲げていた祖母山についに行ってきました。
くじゅうはソロでもいいけど祖母山は一人では行かない方がいいと言われていたので、山友達が少ない私は行く機会がなかなかなかったのです。
登山歴10年以上・槍ヶ岳登頂経験もあるみーちゃんのお母さん(以下、みーちゃんママ)を口説いて、ついに念願叶いました。
同じ行くなら曙ツツジが見たいけど時期が遅いかなぁと思っていたけど、ラッキーなことに頂上付近にはまだ花が残っていました。

九重町役場の近くで朝3:40に待ち合わせ。
竹田市を通って北谷登山口を目指します。
竹田市の町の中で少し迷い、熊本県と宮崎県の県境でまた少し迷って、7:00くらいに登山口に到着しました。

どこの山もそうだけど、ちょっと奥まった登山口ってわかりにくくて困りませんか?
ナビに「○○登山口」って入れても登録されてないことが多くて道案内してくれないし。
北谷登山口の場合は「高千穂町立五ヶ所小学校」を目指して行くとわかりやすいと思います。
その小学校の所に登山口への案内板が立っています。

案内板に従って進むと、途中から舗装されていない砂利道になります。
この砂利道が険しいという話だったけど、普通の車高の車だったら問題なく通れます。
ただ、雨だったらもっと道が荒れるのかなという印象。
雪なら四駆じゃないと厳しいのかな。

7:15、風穴コースで山登り開始。
新緑の林の中を歩く気持ちのいい登山道。
a0220528_131280.jpg

途中、沢を渡ったり、はしごを上ったり、ロープをつたってよじ登ったり。
急坂とかはないのに冒険家気分に浸れるアスレチックな道。
楽しい♪

春だからなのかな、荒れていると思われる箇所は所々に見られました。
木の根の段差とか岩の段差とか、足場がなくなっていて「そんなに足、上がんないよ!」ってよじ登らなきゃいけないような場所ね。
手を使う山登りでした。

8:19(1時間4分経過)、風穴に到着。
a0220528_133389.jpg

はしごを降りて穴の中を覗いてみたけど真っ暗で何も見えず。

風穴からちょっと歩くと、花の残った曙ツツジが見られるようになってきました。
a0220528_135737.jpg


人の背丈よりも高く伸びた熊笹の間を歩きます。
a0220528_141793.jpg


樹齢が気になるでっかい木。
a0220528_143452.jpg


9:05(1時間50分経過)、視界が開けてきました。
かなり上まで来たみたい。
a0220528_145231.jpg

この辺りまで来ると曙ツツジがまだたくさん咲いていてすごくカワイイ♪
a0220528_151553.jpg

a0220528_153681.jpg

a0220528_155474.jpg

下界でよく見るツツジより花は大きいけど、花びらは薄くて繊細な感じ。
a0220528_161126.jpg


シャクナゲも咲いていました。
a0220528_16311.jpg


花を愛でながら写真を撮りながらのんびり歩いていると、山頂らしきものが見えてきた。
a0220528_165195.jpg


9:58(2時間43分経過)、祖母山頂に到着!
a0220528_171298.jpg

やった!ついに来た!

もっと険しい山なのかと思っていたけどそんなこと全然なかった。
それほどしんどいとも感じなかった。
泣きそうになるような急登もないし、足がすくむような怖い箇所もないし、ただただ楽しいだけでした。
大船山の方がよっぽどしんどくて辛い(笑)。

黒金山尾根コース(かな?)方面。
a0220528_173320.jpg


傾山はこっちの方かしら?
a0220528_175125.jpg


霞んでいて眺望はよくありませんでした。
くじゅう連山も全く見えなかった。
だけど、目標だった祖母山頂に立っているだけで感慨はひとしおです。

感動を噛み締めながら、ほかの登山者の方とお話しながらお昼ご飯。
みーちゃんママが作ってくれた玉子焼きが旨い。( 艸`*)

10:53(3時間38分経過)、九合目山小屋に立ち寄って、国観峠方面から北谷登山口へ下ります。

小屋のご主人と少しお話しました。
小さな小屋に見えたけど40人くらい泊まれるんだって。
小屋の下にはテント場もあるみたい。

こちらのコースは風穴コースと違って、なだらかな坂道がずっと続く穏やかな道。
景色も見えなければ曙ツツジもないので面白みはないかな。
だから、行きは風穴コース、疲れが出始める帰りは国観峠経由コースというのはベストなチョイスだったかもしれない。

12:19(5時間4分経過)、三県境を通過します。
a0220528_181848.jpg

大分県、熊本県、宮崎県の境。

千間平と思われる場所でコーヒー休憩をして、
13:55(6時間40分経過)、無事に北谷登山口に戻りました。
あー、楽しかった♪

ほかのコースも行ってみたいし、傾山縦走もいつかはチャレンジしてみたい。
新たな目標が見つかったいい山行でした。('-'*)
[PR]
トラックバックURL : http://asakure.exblog.jp/tb/19810019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wakabanokimochi | 2014-05-19 01:12 | 登山 | Trackback | Comments(0)