ワカバノキモチ 朝暮日記 asakure.exblog.jp

趣味のことをいろいろと


by wakabanokimochi
プロフィールを見る
画像一覧
a0220528_2232548.png


★★★<5段階評価>



作品紹介(Amazonより)--------------------------
ロサンゼルス在住の叔母の突然の訃報。
甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ菊枝はそのことを長らく黙っていたのか。
娘はいまどこにいるのか。
弦矢は謎を追い始める――。
-----------------------------------------------

ミステリー仕立てだけど、私には謎解きがメインという感じはしなくて、ミステリー要素と人間ドラマの要素の塩梅が絶妙で面白かった。
主人公の弦矢が、亡くなった叔母さんを通して知り合った人々と交流していく人間模様がよかった。
残酷な事実もあるけど、強さと優しさを感じる作品だった。
a0220528_2244637.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-24 22:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)
a0220528_2252046.png


★★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。
視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。
ここはどこだ?
傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。

「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」
-----------------------------------------------

貴志さんが描く、少しずつ狂気に絡め取られて常軌を逸していく人は、すごく気持ち悪くてすごく怖い。
「幽霊なんかより生きている人間の方が怖い」ってよく言うけど、そういう人間の怖さを描くのがうまい。
a0220528_22524540.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-20 22:53 | 読書 | Trackback | Comments(0)
ジブリファンなら間違いなくときめく展示の数々です。

美術館のエントランスにはラピュタのゴリアテのような飛行船が浮かんでいて、その下にはナウシカのような町並み。
入場してすぐの雲の中のような空間にドキドキ、でっかいトトロにワクワク♪

ポスターや関連グッズの展示数がスゴイです。

ジブリの大博覧会特設サイト → https://www.tostv.jp/ghibli/



a0220528_2223611.jpg

a0220528_22232544.jpg

a0220528_22234699.jpg

a0220528_22243130.jpg

a0220528_22245115.jpg

a0220528_2225769.jpg

a0220528_22252423.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-16 22:26 | 旅・お出かけ | Trackback | Comments(0)
a0220528_2103271.jpg


07:34 長者原から入山
08:23 雨ヶ池と指山の分岐
08:51 指山取り付き
09:37 指山頂上
10:52 長者原まで下山
<ヘルスセンターで昼食後、牧ノ戸へ車で移動>
11:50 猟師岳登山道入口から入山
12:28 猟師岳頂上
12:51 オオヤマレンゲの群生地へ(花はなし)
13:45 合頭山への分岐
13:55 合頭山頂上
14:22 駐車場まで下山
<牧ノ戸登山口の駐車場へ車で移動>
14:30 入山
15:01 黒岩山頂上
15:31 牧ノ戸駐車場まで下山


まずは、百大登山部で先月行ったけど途中断念した指山へ、前回と同じルートで再チャレンジ。
指山に取り付いてからは急登だからやっぱりきつかったけど、今日は頑張れました。
前回断念したところから15分で頂上だった(笑)。
a0220528_210537.jpg
こっち側の三俣山をこの距離で見るのは新鮮。

長者原まで下山したあとはヘルスセンターで肉うどんを食べて、牧ノ戸へ車で移動します。
猟師岳登山道の入口をがわかりにくかった。
牧ノ戸登山口の駐車場からもう少し熊本方面に行ったら、左側に広めの駐車場というか休憩用ポケットがあります。
そこに車を停めて、道路を渡った反対側が登山道入口です。

駐車場側から見た登山口。
a0220528_2111843.jpg

登山口側から見た駐車場。
a0220528_2115797.jpg


猟師岳方面は初めて。
踏み跡はしっかりしていてわかりやすいです。
涌蓋山みたいな雰囲気の道です。

a0220528_2122770.jpg

猟師岳頂上から、スキー場方面のオオヤマレンゲの群生地まで下ってみます。
一輪でも花が残ってたらラッキーと思ったんだけど、さすがにもうなかった。

猟師岳に登り返して、そのまま合頭山へ。
a0220528_2125126.jpg


牧ノ戸駐車場に車で移動して、最後は黒岩山です。
黒岩山、けっこうきつかった!
取り付きまでの10分くらいはほんのり緩やかな登りで全然大丈夫なんだけど、取り付いてからが急登。
大戸越からの平治岳みたいな感じ。
最後、だいぶ息が切れた。
a0220528_2132122.jpg


というわけで、今日は小さめの山をハシゴしてみたけど、ひたすら歩いてひたすらピークハントが楽しかった♪
山によって雰囲気がガラリと変わるのも面白かったな。('-'*)


朝の三俣山と硫黄山。
a0220528_2134498.jpg


タデ原湿原に咲く、紫のノハナショウブ(野花菖蒲)と黄色のユウスゲ(夕萓)。
a0220528_21443.jpg

a0220528_2142286.jpg


森の中、朝の木漏れ日が神々しい。
a0220528_2145284.jpg


ヤマアジサイ(山紫陽花)が見頃。
a0220528_2151633.jpg


山の緑と空の青が眩しい。
a0220528_2154191.jpg


ヤマシグレ(山時雨)、ちっちゃいピンクがかわいい♪
a0220528_216275.jpg


菖蒲っぽいけど、なんだろ?咲き始め。
a0220528_2162413.jpg


もうすぐ何か咲きそうなんだけど、なんだろ?
a0220528_2165029.jpg

a0220528_217641.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-14 21:09 | 登山 | Trackback | Comments(0)
a0220528_22483351.png


★★★<5段階評価>


作品紹介(Amazonより)--------------------------
人気者だった親友の洋輔が転校してから、宏伸の毎日は冴えない感じだ。
特にやりたいこともなく、クラブ活動の写真部でも、部長からしかられてばかり。
そんなある日、祖父の古道具屋で、大砲みたいにごつい不思議なカメラに出合う。
世界一長い写真が撮れるカメラって!?
その日から、宏伸の日常がきらめき始める。
ワクワクして胸にジンとくる、青春小説の新たな傑作。
-----------------------------------------------


無気力というほどではないけど、特にやりたいことも楽しいこともない中学3年生の男子が、ワクワクすることが楽しいという感覚に目覚めていく様子がいい。

写真館のおじさんの言葉、
「一生に一度の感動になると思うよ」
を胸に試行錯誤して、今まで味わったことのない感動に出会った少年。
“初めて”のことをすると“初めて”の感動が必ずあるわけで、その初めての感動に心奪われる少年の初々しさに、おばちゃんである私は目頭が熱くなった。

私もこれからもたくさんの“初めて”を経験したい。


<過去の読書感想はこちら → 備忘録代わりの読書感想ブログ ワカバの本棚
a0220528_22504488.png

[PR]
# by wakabanokimochi | 2017-07-09 22:51 | 読書 | Trackback | Comments(0)